アート

自然で幾何学的な彫刻のアート作品 JaeHyo Lee

韓国人アーティストJaeHyo Leeさんによる彫刻アート作品をご紹介します。木という自然な素材をっ組み合わせて、その自然を保ちつつも、ドコか幾何学的なデザインに魅せる木の彫刻。それは家具のようなものからアレば、とても印象的なオブジェのようなものまで有ります。 JaeHyo Leeさんのインタビュー動画が有りました。そこではコチラのアート作品が制作されていく様子が伺えます。木を組み合わせて、そして焦がしてまた削る。かなり労力を費やしている作品に思えます。

アート 写真

感動した!ミニチュアアーティスト田中智によるミニチュア作品!

良ーく目を凝らしてこの豚汁を見てください。何かがおかしい! そう、これは「豚汁」のミニチュア作品なのです。このミニチュアアートは、大阪に住むミニチュアアーティスト田中智(たかなとも)さんに夜作品。この「豚汁」がミニチュア作品だなんて信じられますか? 田中智さんは、これまでもドールハウスや身近な雑貨、食べ物、家具などをミニチュアで製作しテイル人です。それもどれもこれもかなり細かいミニチュア作品ばかり。 Twitterで田中智さんが公開したこちらの豚汁は、具材もぎっしりで、汁も良い感じで・・・それがまさかのミ ...

おもしろ動画 アート

ディズニーが仕掛けたいたずらがとってもステキないたずらだった!

ディズニーずるいわー、こんなことやっちゃうなんて…。ディズニーが仕掛けたいたずら動画がとってもステキだったのでご紹介します。とあるニューヨークのショッピングモールに現れた3人の作業服を着た男性。何やらテキパキと作業を終え、そこに現れたのは光る壁。その光の壁あたりを歩くと、そこに現れた「影」とは…。 ディズニーが仕掛けた仕掛けは、ディズニーのキャラクターたちが現れる仕掛けでした。しかも一緒に動いてくれる!そして最後に…。

アート

回転すると大きさが変わるテーブル:Capstan Table

何度も動画なので見てきたのですが、この回転させると大きくなるテーブルの名前がやっとわかりました。「The Fletcher Capstan Table」というテーブルは、特殊な構造になっていて、テーブルが開いていく様子がかなり素敵なのです。 テーブルを回転させると、テーブルが割れ、テーブルの下から別のパーツが現れます。そしてそのパーツが上昇していき、テーブルの上板のパーツと合致して大きなテーブルへと変わっていくのです。

iPhone アート

様々な映画にみる構図、結構決まっているみたい:Composition Cam

様々な構図がわかるアプリ「Composition Cam」のInstagramアカウントでは、アプリの特性にちなんで、「映画の中にある構図」を色々と知ることができます。様々な映画の中には構図のパターンが有り、どういった映画の構図がアルカをわかりやすく紹介しています。 「あの有名な映画にも構図が使われているなんて」を思わず感心できる映画の構図集です。 「Composition Cam」のアプリ自体は、正直たいしたことないのですが、様々な映画の中の構図に隠された「グリッド」や「サークル」を知っておくだけでも映 ...

クラウドファンディング

アンティークな外見に最新技術!!キーが光るタイプライター風キーボード:Rymek Mechanical Keyboard

投稿日:

素晴らしいキーボードがクラウドファンディングIndiegogoに出る。

今回紹介するキーボード「Rymek Mechanical Keyboard」は、外見はアンティークなタイプライター風で、その容姿なのにキーがそれぞれLEDで光る。タブレットを入れるための溝がアリ、Bluetooth接続でキーボードと繋げる。

このレトロスタイルのデザインはやっぱり魅力的だ。メカニカル系のキーボード好きならきっと気に入るはずだろう。

Rymek Mechanical Keyboardの情報をちらほら

レトロデザインで今風なBluetoothキーボード

32838635 809712042555138 4692376372176224256 o

今回紹介するRymek Mechanical Keyboardは、タイプライター風の外見のキーボードでソレを好きな人を狙ってのクラウドファンディングだ。iPadやその他タブレットを設置して、キーをタイプする目的とか。

タブレットなどに接続するには、Bluetoothや有線接続、そのどちらもイケるみたい。

33058904 810655685794107 5386954201202950144 o31935440 803345313191811 8340575374979104768 o

なんといっても特徴は、この光るLEDバックライトではないだろうか。よく光るキーボードを観るけど、ソレが更にタイプライター風なら寄り物欲をそそってくれる。

見た目がメチャクチャカッコイイRymek Mechanical Keyboard

33041342 810647859128223 6281475440896901120 o

32703920 808791265980549 5671410765685325824 o32539515 808270389365970 4730179437365035008 o
31969779 805005109692498 647552189153148928 n
32148918 804995476360128 847350507235180544 n31913629 803339063192436 127065379091513344 o

31345289 799662723560070 2641610345390538752 o

30715637 794934724032870 4525436168816295936 n

30704680 794947270698282 7536029959219838976 n

タイプライターというライターには憧れのレトロスタイル。メカニカルなキーボードってどこか憧れがある。Rymek Mechanical Keyboardは、いくつかのギミックがアリ、タイプライターのキャリッジ部分で、音量やバックライトの輝度コントロールも兼ねている。

デザインだけじゃ無くて、ちゃんと動くのは良いよね。

あと、カラーバリエーションは二つあるっぽいね。

Indiegogoの開始は6月

実はまだ、Rymek Mechanical KeyboardのIndiegogoは開始されていない。開始は2018年の6月とのこと。すでに注目されているキーボードで、おそらく開始直後にゴール金額に達すると考えている。

気になった人は、Rymek Mechanical Keyboardのサイトにて、ニュースレターを受け取ると良いだろう。いち早く、このキーボードの情報を得ることになるのだから。














-クラウドファンディング
-, , , ,

Copyright© キセノンテンター , 2019 All Rights Reserved.