アート イラスト

すげー!立体的コップのリアルイラストが作られていく様子!

絵を三次元的に描くことに憧れを持っていたのですが、それを更にリアルさを増すと、まるでそこに有るかのように見えてしまうのですね。 アーティストであるPortraitmaler Pabstさんによって描かれていく立体的なコップ。かなりリアルに描かれており、本当にそこに有るかのように見えます。Portraitmaler Pabstさんがそれらを描いていく過程をご覧になれます。

アート

ある角度から見ると作品が見えるようになるMichael Murphyのアート

Michael Murphyさんのアート作品。とある角度になって初めてその姿を現すアートとなっています。空間につるされた大小様々な黒いたま、とある一定の角度で、人の「目」が現れる空間を大きく使ったアートです。 Michael MurphyさんがYouTubeで公開されているいくつかのアート作品をご紹介します。その中には、バンクーバーで行われたTED開場に建設された物もあります。

アート

ファンによって作られたMGSの3Dポリゴン!

ファンの力ってすごいなーって思います! 3Dモデルを公開できるWEBサービスSketchfabにメタルギアソリッドの3Dモデルが投稿されていた! その3D内には、デフォルメされたメタルギアソリッドのキャラクターたちが存在していて、キャラクターごとにしっかりと特徴を生かされています。 今回ファンによって公開された3Dモデルは、PlayStationで販売された「METAL GEAR SOLID」の3Dモデルで、メタルギア「REX」やゲームの舞台となっている「シャドー・モセス島」がしっかりと再現されております ...

アート 映画

大学生リア充風になったディズニーやドリームワークスのキャラクター達

Tumblr内でいろいろと投稿しているPunziellaで、まるで大学生リア充になったディズニー&ドリームワークスキャラクター達の様子が公開されています。 主に、ディズニーはPixar系の映画『塔の上のラプンツェル』や『アナと雪の女王』等の主要キャラクター、たとえば「ラプンツェル」や「メリダ」や「アナ雪姉妹」などが、リア充っぷりを公開されています。 もともとリア充な気もしますが、現実世界にいたら、キットこんな雰囲気だったのでしょうね。

アニメ アート 映画

有名俳優達をコミック風にデザインするアーティスト、トニースタークやドクターストレンジ等

フェイスデザイナーXi Dingさんによる、有名俳優のキャラクターをコミック風に変えちゃうアートをご紹介。「アイアンマン」のトニースタークや、ドクターストレンジなど、主にMarvel(マーベル)系のキャラクターを良い感じにトゥーンしてくれる。 とにかくできあがったモノが良い感じ!! どこかディズニーっぽいのも良い感じ。 もちろん、マーベル以外の作品もあるんだけど、それらすべて、特徴をよく捉えている。

クラウドファンディング

『碧志摩メグ』ラッピングバスが東京で運行開始

投稿日:

2018年初め当たりに日本のクラウドファンディングCAMPFIREにて出資を募っていた東京で『碧志摩メグ』をラッピングしたバスを走らせるキャンペーンをご存じだろうか。

『碧志摩メグ』といえば、一度は三重県志摩市の公認キャラクターになったものの、色々あっていまでは「志摩市としては非公式」だけど三重県伊勢市魔全土をPRしてくれるありがたいキャラクターです。様々なグッズ展開やクラウドファンディングなどの挑戦をたくさんしています。

そんな碧志摩メグを東京でバスとして走らせちゃう企画なんです。

あの伊勢志摩海女萌えキャラクター『碧志摩メグ』東京でラッピングバスを走らせたい! - CAMPFIRE (キャンプファイヤー)
あの伊勢志摩海女萌えキャラクター『碧志摩メグ』東京でラッピングバスを走らせたい! - CAMPFIRE (キャンプファイヤー)

伊勢志摩海女萌えキャラクター『碧志摩メグ』の東京でラッピングバスを走らせたい!!!碧志摩メグが誕生して色んな困難があっても ずっーと応援してくれている..........関東地方のみんなにメグの元気な ...

続きを見る

その企画は400万円という目標金額ながら2018年5月に目標達成をし、年をまたいで2019年1月、ついに「ラッピングバス」として正式に東京の地を走ることになったのです。

そんな「碧志摩メグ」ラッピングバスをご紹介します。

碧志摩メグのラッピングバス、東京を走る

https://twitter.com/aoshimamegu/status/1089790303983128576

そしてこちらがそのラッピングバスです。

東京都立川駅北口からこのバスが走ってしまう…!

コチラが実際に運行される碧志摩メグのラッピングバスです。しっかりと「伊勢志摩」という文字が載せられているので三重県鳥羽市産まれのボク的にはニンマリです。「三重県へ!遊びに来てほしいんやに!」と方言でのセリフもイイカンジですね。

※画像の利用許可を得ています

ところで「立川市」といえば

今回「碧志摩メグ」のラッピングバスを走らせてくれる立川市…といえばアレですよね。

アニメの聖地ですよね。

立川×アニメ|立川観光協会
立川×アニメ|立川観光協会

続きを見る

上記は立川観光協会のHPなのですが、その中にも「立川×アニメ」が紹介されています。

例えば、立川市の風景が数多く登場する『とある魔術の禁書目録(インデックス)』シリーズや『荒川アンダー ザ ブリッジ』の中村光さんによる『聖☆おにいさん』、『魔法少女まどか☆マギカ』など有名処の作品が立川市を舞台に行われていたのです。

つまりは、今回の伊勢志摩の海女さん型萌えキャラクターである『碧志摩メグ』をラッピングバスとして走らせる舞台にはぴったりの場所ってことなのです。

碧志摩メグはこれからも活動する

2014aoshishima maribon NO2

一度は色々あって躓いてしまったものの、今では県外にも、ましてや海外にも名前が知れ渡っている「碧志摩メグ」というキャラクター。

これからも三重県を色々とPRしていって欲しいなと思います。

碧志摩メグについて詳しくはコチラ








-クラウドファンディング
-, ,

Copyright© キセノンテンター , 2019 All Rights Reserved.