まるで「水のような炎」を表したアート作品

まるで「水のような炎」を表したアート作品

遥か昔、北京原人のいた頃から使っていたとされる「炎」。今では人間の科学がとても進歩し、「マッチ」や「ライター」、「着火マン」なんかで人間は簡単に火をおこすことが出来ます。

そんな「炎」を「水のような炎」に仕上げたアート作品をご紹介します。

今回ご紹介するアート作品を手がけたのは、ブラジルのリオ・デ・ジャネイロを拠点に活動をする、デザインスタジオPlatinum(プラチナ)によるものです。Platinumでは、主に3Dグラフィック、写真、イラスト等を手がけているデザインスタジオです。

「水のような炎」はとても神秘的で、ステキナアート作品です。

液体になった炎

platinum-03-tt-width-500-height-500-crop-1-bgcolor-000000-force-1

マッチに付けられた『炎』が、まるで液体のようになっている。何だろう過去の不思議な感覚は…。

12883775561

こちらはガスコンロの炎を液体チックにしたものです。こんな液体を噴出できる機械があったら使ってみたいです。

12883774121

トップ画像にもなっているライターの「炎」。水で表された炎は、火と一緒の安心感を与えてくれそう。

1288377335

そして、ロウソクにともった炎。ロウは熱で溶けることが一般的ですが、この「水のような炎」にも熱があるのでしょうか?不思議な雰囲気になります。

奇妙な感覚に陥る

一般的な常識として、火と水は相反する関係にあると思われます。水をかければ火が消えていく。水は熱くなく、火は熱い。そんな関係にある炎が、液体になると、自分の常識ではない動きをするので不思議です。

ちなみに、デザインスタジオPlatinumでは、これらの作品以外にも奇妙なアート作品も公開されています。色々なデザインの種類があるので、デザインに興味がある人は是非ご覧下さい。

この記事に関連する記事一覧

この記事のタグ

キセノンテンターの最新情報をゲット

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です