アート イラスト

可愛すぎる!漫画調に描かれたディズニープリンセス達

なんてこった、何でこんなにカワイイ生き物になっちゃったんだろうか!? これは、パキスタンのアーティスト、マリヤム(Maryam)さんに描かれたディズニープリンセス達のイラストです。ディズニーのタッチとは全く異なる、漫画っぽい、それでいてカワイイイラストになっちゃいましたー! こんなん、恋しないほうがおかしいよ!かわいいよ! そんなディズニープリンセス達をご紹介!

アート イラスト

どこかで歪んだ人生を歩んでしまったディズニープリンセス達のイラスト

なんということだ、いったいプリンセスに何があったのか…!? 様々な作品が公開されるDeviantArtのユーザーであるジェフリー・トーマス(Jeffrey Thomas:jeftoon01)さん。彼はDeviantArt内で「Twisted Princess」というディズニープリンセス達を使ったシリーズを公開しています。 このシリーズは、ディズニープリンセス達が、何とも言えない変貌を遂げているイラストです。例えば、あの「不思議の国のアリス」のアリスが、かなりダークな雰囲気になっていたりします…。

アート

ワイヤーで等身大のボディをかたどるRichard Stainthorpのアート作品

イギリス人アーティストRichard Stainthorpさんのワイヤーアート作品をご紹介します。Richard Stainthorpさんは、等身大の人間の「ボディ」を作っちゃう人です(一部等身大ではない)。複雑に折り込まれたワイヤーにより、人の形を模した作品たち。他にも「Angels」といて、羽の生えた人間達もワイヤーで作り上げちゃいます。 複雑ながら、「肉体」をイメージできるワイヤーアート。何だか不思議な魅力があります。

アート

【ムシ注意】世界的な有名絵画と昆虫をまぜたデジタルート作品

写真家でありデザイナーのAntonia Korchevaさん、がBehanceで公開してるデジタルアートがキモスゴイ。 ルネ・マグリットの「人の子」(The Son of Man)やエドヴァルド・ムンクの「叫び」(he Scream)などの有名絵画と、「ムシ」の顔を組み合わせたとんでもデジタルアートです。 いやはや、良く知られている絵画だけあって、これだけ変化があるととても奇妙な物です。 ※ムシが苦手な人は注意してください

アート

とっても迫力のあるポケモンファンアート:CHOBI-PHO

デジタルアーティストのCHOBI-PHO(Toni Hoang Nguyen)さんが描いたポケモンファンアートが、とっても迫力のある塗りかたをされている。上記写真は、ポケットモンスターのリザードンを描いた物の一部です。この全体像を是非見て欲しい。CHOBI-PHO(Toni Hoang Nguyen)さんの塗りに魅了されてほしい。

ガジェット

カラフルボディが気に入った、連続再生6~8時間mBluetooth 5.0、完全ワイヤレスイヤホン:Senzer Q20

投稿日:8月12日 更新日:

とにかくこのデザインが気に入りました。

いや、それ以外も色々と魅力的な機能もあるんですけどね。

連続再生時間が6~8時間可能な、Senzerの完全ワイヤレスBluetoothイヤホン「Senzer Q20」をご紹介します。

白いボディをでカラフルなボタン周りが結構オシャレだなと思ったBluetoothイヤホンです。女性に似合いそうな綺麗なBluetoothイヤホンですよ。

今時のBluetoothイヤホンらしく、Bluetooth 5.0を搭載していて高音質コーデックであるAACを採用しているBluetoothイヤホンです。



完全ワイヤレスイヤホンで、まさかの6~8時間と超時間再生が可能なイヤホン。

色々と完全ワイヤレスイヤホンを試させていただきましたが、今のところコイツが長時間つかえて気に入っています。

オシャレボディ、長時間対応な完全ワイヤレスイヤホンSenzer Q20

コチラが今回紹介する「Senzer Q20」です。

現状、日本のAmazonに出ているカラーは「Blooming」「Fantasy」の2種類があり、コチラの白いボディなのは「Blooming」です。

言葉の意味としては「花の咲いた 花盛りの」といった感じなので、確かにそんなステキな場面を想像しそうなカラーをしています。

ちなみに、ショップページには残り3種類のカラーの存在を匂わせるイメージ映像があり、おそらくその内、全部で5種類のカラー展開をするかも知れない。

形状については、後で書くけど、AppleのAirPods(iPhoneに最初から入っているヤツ)を思わせるもので、遮音性は無い。でもあの形状が好きな人なら合うだろう。

Senzer Q20の仕様

  • 製品名:Senzer Q20
  • Bluetoothバージョン 5.0
  • イヤホンバッテリー容量 60mAh
  • バッテリーケース容量 750mAh
  • 対応プロファイル HSP、HFP、A2DP、AVRCP
  • 周波数帯域 20Hz〜20000Hz

特筆すべきはどこだろう…この仕様からはあまりないかな。ただ、公称で6~8時間連続再生(使ってみた感じそれぐらいある)なうえに、充電バッテリーケースの容量が750mAhもある。つまり、ケースに入れることを考えると更に長く利用できちゃう。

ケース込みの時間は計ってないけど、公称だと1回の満充電でだいたい32時間の利用ができちゃう。

(いや、そんな長いこと使わないけどさ…)

つまり、そういうことだ、長いこと利用できるのだ。コレはあんまり完全ワイヤレスイヤホンでは無いと思う。

ちなみに、なんでこんな再生時間が長いかというと、Q20ワイヤレスイヤホンは世界最小消費電力のBT5デュアルモードオーディオSoC(RTL8763B)のチップを利用しているからだとか。

その名前を見てもピンとこないけど、とにかくそう言うモノを使ってるから長く使えるんだぜって事です。

音質について

SenzerQ20 243A6879

「完全ワイヤレスのBluetoothイヤホンに音質求めるんですか?」って思いますが、一応書いておきます。

音については普通です。

AAC対応なので、「それなり」には出ている感じです。

ただ、「フラット」な音ではなく、低音が少し強いかなと感じました。あまり好みでは無い。でも低音は決して強すぎない。

写真で見ていくSenzer Q20

バッテリーケース。容量が多い分、ケースもちょっと大きい。タブレットケースぐらい有ります。もちろん、ポケットには余裕で入る大きさ。

SenzerQ20 243A6881

パカッと開けると本体が出現。

蓋の部分にマグネットが入っているらしく、開くとき、閉じるときにちょっとした快感がある。(この感覚を分かってくれる人が入ることを願う)

SenzerQ20 243A6893

ペアリングについてだけど、ケースから取り出した時点で、イヤホン同士がかってにペアリングされて、ペアリングモードにはいる。

そうなったら、デバイスでペアリングさせてあげればもうBluetoothイヤホンとして繋がる。超絶簡単仕様だ。

SenzerQ20 243A6896

先にも書いたようにAirPodsと同様の形状をしている。これ、人によっては耳に入らないらしいね。

ボクの耳にはイイカンジにフィットするので、特に問題は無い。むしろ聞きやすい。

ただ、遮音性は無い。かといって、集中できないのかというとそうでもない。ぶっちゃけ、好みの問題だ。

SenzerQ20 243A6899

左右のイヤホンそれぞれにボタンがあって、それには「マルチファンクション」な機能がある。例えば「電話を受けとる」「電話を切る」「音量の操作」「曲順の操作」とかです。

毎回書いてて思うんだけど、「これ、僕は使わないよな…」です。いや、ほんのたまに、マジでちょっとしたときなんですが、超絶たまにしか使わない機能。だってデバイス本体触っちゃうから〜。

でも、機能が無いよりはマシだ。

唯一の弱点はペアリングか?

SenzerQ20 243A6898ということで、超時間再生可能なオシャレボディの完全ワイヤレスイヤホンSenzer Q20の紹介だった。音質は普通だけど、音にこだわらず、「超時間の利用を求める」ひとなら有りだと思われ。

コイツに難癖を付けたいと思う。

今回、いくつかのデバイス(スマホ、タブレット、PC)に接続してみたんだけど、どうも複数のBluetoothデバイスが繋がっている端末だと接続で喧嘩するみたい。

iMacではトラックマウスパッドを利用していて、そいつがあるからか、ほんのたまに、接続が切れて再接続される…という事に見舞われる。条件が謎ですがiMacだけそうなっちゅう。

スマホやタブレットは問題なく利用可能。イイカンジに音を聞けますよ。

値段は正直そんなに安くないけど、機能面的には有りです。














-ガジェット
-, , ,

Copyright© キセノンテンター , 2019 All Rights Reserved.