アニメ アート イラスト

アニメキャラが暴れ、アニメーターのパソコンが破壊されまくるAlan Beckerのスゴイムービー!

アニメアイディアがピカ一なAlan Beckerによるアニメをご紹介します。 彼の作るアニメは、「すごい」「なんじゃこりゃ」を思わせる作品です。 パソコンの中で生きていたアニメキャラ(棒人間)が、フレームの枠を超えて、暴れまわる!それに気づいたアニメーターが、それらを削除しようとするも、仲間を殺されたアニメキャラは怒り、パソコンの中を破壊しまくっちゃう! Alan Beckerさんの4作目の動画なのですが、その脅威のアイディア、生きたアニメにきっと驚くでしょう。それでは13分ちょっとありますが、惹きこまれ ...

アート フィギュア

LEGOで作られた『機械生物』に一目ぼれした!!めっちゃメカめかしい生き物達だ!!!

完全に一目ぼれだ!!LEGOで作られた「機械生物」がかなりメカメカしくて気に入った! アクションフィギュア・ドール用のミニチュア・ルーズパーツを販売しているToyForce (トイフォース)さんのTwitterアカウント@uran120で公開されている"LEGO 機械生物図鑑"がものすごく好みな形状をしている。様々な生き物をLEGOで再現しているシリーズなのだが、その「メカっぽく」表現されているのがめちゃくちゃ「ぐっと」きちゃう。 なにこれ、めっちゃ好きなんだけど、個人(@kissaten)的に気に入っち ...

アニメ アート 映画

有名俳優達をコミック風にデザインするアーティスト、トニースタークやドクターストレンジ等

フェイスデザイナーXi Dingさんによる、有名俳優のキャラクターをコミック風に変えちゃうアートをご紹介。「アイアンマン」のトニースタークや、ドクターストレンジなど、主にMarvel(マーベル)系のキャラクターを良い感じにトゥーンしてくれる。 とにかくできあがったモノが良い感じ!! どこかディズニーっぽいのも良い感じ。 もちろん、マーベル以外の作品もあるんだけど、それらすべて、特徴をよく捉えている。

iPhone アート

様々な映画にみる構図、結構決まっているみたい:Composition Cam

様々な構図がわかるアプリ「Composition Cam」のInstagramアカウントでは、アプリの特性にちなんで、「映画の中にある構図」を色々と知ることができます。様々な映画の中には構図のパターンが有り、どういった映画の構図がアルカをわかりやすく紹介しています。 「あの有名な映画にも構図が使われているなんて」を思わず感心できる映画の構図集です。 「Composition Cam」のアプリ自体は、正直たいしたことないのですが、様々な映画の中の構図に隠された「グリッド」や「サークル」を知っておくだけでも映 ...

アート イラスト

すげー!立体的コップのリアルイラストが作られていく様子!

絵を三次元的に描くことに憧れを持っていたのですが、それを更にリアルさを増すと、まるでそこに有るかのように見えてしまうのですね。 アーティストであるPortraitmaler Pabstさんによって描かれていく立体的なコップ。かなりリアルに描かれており、本当にそこに有るかのように見えます。Portraitmaler Pabstさんがそれらを描いていく過程をご覧になれます。

LEGO

ウッドワーカーをLEGOで再現したストップモーション:Lego In Real Life

投稿日:

いやー、LEGO(レゴ)ってやっぱりスゴイ!! 夢が広がるなー!!

LEGOの可能性を信じて色々なモノをLEGOで表現しちゃうYouTubeチャンネル「BrickBrosProductions」によるストップモーション映像をご紹介します。「BrickBrosProductions」の作り上げるストップモーションは、日常に有るちょっとした風景をLEGOに置き換え、色々表現しちゃうクリエイティブなシリーズがスゴイ。いやー、マジでスゴイ。名前覚えて置いた欲しい。

そんな「BrickBrosProductions」の映像より、個人的に見て欲しい「Lego In Real Life」を今回セレクトしました。

日常をレゴに置き換えるとこうなるよ!! そして、ぬるぬると動くLEGOのストップモーションを楽しもう!

LEGOのストップモーション


コチラが今回紹介したい「BrickBrosProductions」の映像。「Lego In Real Life 3」です。名前の通り、「Lego In Real Life」シリーズの3作目。

「Lego In Real Life」は、名前から想像できる通り、日常のちょっとしたシーンをLEGOを交えて表現しちゃうシリーズなのだ。とにかく全部スゴイから記事最後にあるリンクから全部の映像を見て欲しいと個人的には思う。



「Lego In Real Life 3」では、「色々な機材や道具を使い木工作品を作る」シーンをLEGOに置き換えて表現しちゃうモノさ。家屋する木材やいくつかの道具をLEGOに置き換えて映像を作り上げちゃう。

あたかも木材を加工するかのように見せる手法だ。いやー、これは脱帽です。

Lego In Real Life 3 0 14 screenshot 1000x562

木工作業の最初の設計シーン。設計図を作る段階から「Lego In Real Life」は始まる。主人公が使う鉛筆までレゴで再現。

Lego In Real Life 3 0 40 screenshot 1000x562

木材の寸法をとるシーンでは、加工する木材や道具としてメジャーもレゴで表現されている。

Lego In Real Life 3 0 49 screenshot 1000x562

ディスクカッターを使って木材を切るしーん。しっかりとLEGOが切断されているのに驚けるはずだ。

Lego In Real Life 3 0 59 screenshot 1000x562

更に言えばその後の、ノコギリを使って木材(LEGO)を切断するシーンもスゴイ。

Lego In Real Life 3 1 10 screenshot 1000x562

ヤスリがけもLEGOで再現。ちゃんとつるつるパーツを使って削られている感を出しているのが細かい!

Lego In Real Life 3 1 25 screenshot 1000x562

ドリルを使って穴を開けるシーン。LEGOの穴あきパーツでソレを表現している。

Lego In Real Life 3 1 31 screenshot 1000x562

ノミで木材(LEGO)の形を整えていくシーン。よく見たら、ノミ自体がLEGOだ。

Lego In Real Life 3 2 9 screenshot 1000x562

塗装するシーンでは、筆やインク部分がレゴで表現されている。細かい!!

Lego In Real Life 3 2 22 screenshot 1000x562

木材にだんだんと色が塗られていくシーン。LEGOなのに塗られているのでなんだかふしぎな雰囲気になる。

Lego In Real Life 3 2 40 screenshot 1000x562

ってことであとは目のLEGOパーツをいれて完成するのだ。(ガチョウ?アヒル?よく分からない)



「BrickBrosProductionsの」作り出すストップモーションは、ご覧の通り結構ヌルヌル動く作品が多い。ストップモーションの写真をバシバシと舞う数を多めに撮っていけば、こういう感じにぬるぬる動けるんだけど、それはつまり…一つの映像を作るのにメチャクチャ大変なのだ。

以前に個人的にストップモーション映像を作ったときがあって、かなり発狂するような作業量だったからね…。

いったい、この3分近い長さの映像を作るのに、どれぐらいの枚数、写真を撮ったのだろうか…ものすごいえげつない苦労が映像からは伝わってくる。とにかくスゲえ。



今回の映像、ヒットした人は、是非とも「BrickBrosProductions」のYouTubeチャネルを見に行って欲しい。きっと気に入るだろう!!














-LEGO
-, ,

Copyright© キセノンテンター , 2019 All Rights Reserved.