アート イラスト

まさにバッドエンド!ディズニーキャラの悪役がもしも勝ってしまったら…。

とても見ていて胸を痛めてしまいます。いくつかのディズニー映画に登場する悪役(ヴィラン)が「もしも映画内で勝ってしまったら?」をイラスト化した、DeviantArtユーザーのjustin-mctwispさんの作品をご紹介します。 正直、イラストを拝見した時に「胸くそ悪い」と思ってしまうほど、映画に詰まっている愛をぶち壊すほどの内容です。まさに「バッドエンド」な結果になってしまった、ディズニーキャラクター達をご覧下さい。

LEGO アート

LEGOで作ったターンテーブルがしっかりとレコードを鳴らしている

LEGOって何でも出来ちゃうんですね!韓国人のLEGO愛好家であるHayarobiさんが、LEGOをつかったターンテーブル「The Planet」を作り上げました! タダ回転するだけでなく、しっかりと音まで鳴らせてしまうらしいです。カートリッジにはオーディオテクニカのものが使われているから、しっかりと鳴らせてくれるというものです。 いやー、LEGOって何でも出来る物だと思ってましたが、ターンテーブルまで作っちゃうとはすごいですね!それでは、HayarobiさんのLEGOターンテーブル「The Planet ...

アート

自室をバンクシー美術館に出来ちゃうウォールステッカー

イギリスのロンドンを中心に活動する覆面アーティスト「バンクシー」(Banksy)。彼の作品は、社会風刺的グラフィティアートなストリートアート作品を世界各地でゲリラ的に行っちゃう。有名美術館に自身の作品を勝手に置いちゃうなどのパフォーマンスで、「芸術テロリスト」なんて呼ばれ方もしている。 そんなバンクシーの作品にはどこか魅力的なとこが有り、ソレの価値を思う人もいるようです。2007年2月に行われたサザビーズ主催のオークションでは、バンクシーの作品計6点が総額37万2千ポンド(日本円で約8500万円以上)で落 ...

アート

細かい切り絵に惚れちゃうな。Suzy Taylorの切り絵アート

ネットを散策していたら、素敵な切り絵氏を見つけました。こちらのドクロの切り絵を作ったのはスージー・テイラー(Suzy Taylor)さん。Facebookページ(Folk Art Papercuts名で活動)やEtsyでこれらの作品を見ることが出来ます。 切り絵ってどこからがプロなのかわかりませんが、全ての切り絵を行う人を尊敬しています。良くこんな細かいことできちゃうなーと。ということで、スージーさんの作品をいくつかご紹介します。主にFacebookからのご紹介です。

アート

Processingで作成した美しいGIFアニメーション

Processingを使って作られた美しいGIFアニメーションを公開しているdave whyteさんの作品をご紹介します。規則正しく動くアニメーションは半永久的に観測したくなってきます。 Processingとは Processing(プロセシング)は、キャセイ・レアス(英語版)(Casey Reas)とベンジャミン・フライ(英語版)(Benjamin Fry)によるオープンソースプロジェクトであり、かつてはMITメディアラボで開発されていた。電子アートとビジュアルデザインのためのプログラミング言語であり ...

LEGO

ウッドワーカーをLEGOで再現したストップモーション:Lego In Real Life

投稿日:

いやー、LEGO(レゴ)ってやっぱりスゴイ!! 夢が広がるなー!!

LEGOの可能性を信じて色々なモノをLEGOで表現しちゃうYouTubeチャンネル「BrickBrosProductions」によるストップモーション映像をご紹介します。「BrickBrosProductions」の作り上げるストップモーションは、日常に有るちょっとした風景をLEGOに置き換え、色々表現しちゃうクリエイティブなシリーズがスゴイ。いやー、マジでスゴイ。名前覚えて置いた欲しい。

そんな「BrickBrosProductions」の映像より、個人的に見て欲しい「Lego In Real Life」を今回セレクトしました。

日常をレゴに置き換えるとこうなるよ!! そして、ぬるぬると動くLEGOのストップモーションを楽しもう!

LEGOのストップモーション


コチラが今回紹介したい「BrickBrosProductions」の映像。「Lego In Real Life 3」です。名前の通り、「Lego In Real Life」シリーズの3作目。

「Lego In Real Life」は、名前から想像できる通り、日常のちょっとしたシーンをLEGOを交えて表現しちゃうシリーズなのだ。とにかく全部スゴイから記事最後にあるリンクから全部の映像を見て欲しいと個人的には思う。



「Lego In Real Life 3」では、「色々な機材や道具を使い木工作品を作る」シーンをLEGOに置き換えて表現しちゃうモノさ。家屋する木材やいくつかの道具をLEGOに置き換えて映像を作り上げちゃう。

あたかも木材を加工するかのように見せる手法だ。いやー、これは脱帽です。

Lego In Real Life 3 0 14 screenshot 1000x562

木工作業の最初の設計シーン。設計図を作る段階から「Lego In Real Life」は始まる。主人公が使う鉛筆までレゴで再現。

Lego In Real Life 3 0 40 screenshot 1000x562

木材の寸法をとるシーンでは、加工する木材や道具としてメジャーもレゴで表現されている。

Lego In Real Life 3 0 49 screenshot 1000x562

ディスクカッターを使って木材を切るしーん。しっかりとLEGOが切断されているのに驚けるはずだ。

Lego In Real Life 3 0 59 screenshot 1000x562

更に言えばその後の、ノコギリを使って木材(LEGO)を切断するシーンもスゴイ。

Lego In Real Life 3 1 10 screenshot 1000x562

ヤスリがけもLEGOで再現。ちゃんとつるつるパーツを使って削られている感を出しているのが細かい!

Lego In Real Life 3 1 25 screenshot 1000x562

ドリルを使って穴を開けるシーン。LEGOの穴あきパーツでソレを表現している。

Lego In Real Life 3 1 31 screenshot 1000x562

ノミで木材(LEGO)の形を整えていくシーン。よく見たら、ノミ自体がLEGOだ。

Lego In Real Life 3 2 9 screenshot 1000x562

塗装するシーンでは、筆やインク部分がレゴで表現されている。細かい!!

Lego In Real Life 3 2 22 screenshot 1000x562

木材にだんだんと色が塗られていくシーン。LEGOなのに塗られているのでなんだかふしぎな雰囲気になる。

Lego In Real Life 3 2 40 screenshot 1000x562

ってことであとは目のLEGOパーツをいれて完成するのだ。(ガチョウ?アヒル?よく分からない)



「BrickBrosProductionsの」作り出すストップモーションは、ご覧の通り結構ヌルヌル動く作品が多い。ストップモーションの写真をバシバシと舞う数を多めに撮っていけば、こういう感じにぬるぬる動けるんだけど、それはつまり…一つの映像を作るのにメチャクチャ大変なのだ。

以前に個人的にストップモーション映像を作ったときがあって、かなり発狂するような作業量だったからね…。

いったい、この3分近い長さの映像を作るのに、どれぐらいの枚数、写真を撮ったのだろうか…ものすごいえげつない苦労が映像からは伝わってくる。とにかくスゲえ。



今回の映像、ヒットした人は、是非とも「BrickBrosProductions」のYouTubeチャネルを見に行って欲しい。きっと気に入るだろう!!








-LEGO
-, ,

Copyright© キセノンテンター , 2019 All Rights Reserved.