アート

流木からドラゴンなどを作るJames Doran-Webbの流木アート

フィリピン島の海岸にはいくつかの流木が流れ着くことがあるそうです。アーティストのJames Doran-Webbさんは、その流木を組み合わせて、ものすごいレベルの様々な流木アート作品を作り上げている人です。 James Doran-Webbさんが作った流木の彫刻は、それはそれはまるで「生きている」かのような出来栄えで、そのすごさに目を奪われてしまうのではないでしょうか。とても良くできた造形物だと思います。 James Doran-Webbさんが製作したいくつかの流木アートが公開されていましたのでご紹介しま ...

アート 写真

ライトペインティングのプロによる美しい光の花:Hannu Huhtamo

『ライトニングペイント』と言うアートのジャンルをご存知だろうか?カメラの長時間露光機能を使って、そのシャッターを切っている間に色々な光を与えて、「光で色々と描く」ことでアートとする物だ。 カメラの設定を長時間露光で撮影するだけなので、割と誰でも簡単にチャレンジできるジャンルだったりする。 そんな『ライトニングペイント』のプロであるフィンランドのアーティストHannu Huhtamoさんが行うアートがかなりスゴイ。1枚の写真の中に、この世の物とは思えないほど美しい光で作られた花が登場している。 しかも、どう ...

アート 音楽

「雪だるまつくろ〜♪」映画『アナと雪の女王』の歌パートを実写で再現した素敵なやつ

2013年のディズニー映画(日本では2014年)『アナと雪の女王』に出てくる歌パートを実写で行ってみた素敵な動画をご紹介します。 かわいらしい「アナ」の歌う「雪だるまつくろう」(原題:Do You Want to Build a Snowman?)や、ハンスと共に歌う「とびら開けて」(原題:Love is an open door)などが実写になってとっても素晴らしくなっています。 『アナと雪の女王』ファンに是非ともご覧になって欲しいです。

アート イラスト

「父が7年かけた迷路」がすごすぎる!そしてその続編も…。

2013年ごろ、Twitterユーザーの@Kya7yさんによって投稿されたとある「迷路」。なんでも彼女の父 (野村一雄)さんによって「7年間かけて」作られたA1サイズの用紙びっしりの迷路があるという。 このすごく細かい迷路は瞬く間にTwitterの間で広がり、国内外の様々な差違とで取り上げられた事とでも有名です。また、「Spoon&Tamago」でこの迷路が販売されてい事も知っているでしょう。 さて、この話に続きが有るのをご存知だろうか?2014年ごろ、再び彼女の父が迷路を造っていることを…。

アート

影にメッセージが現れるワイヤーアート by Fred Eerdekens

一見するとぐちゃぐちゃに折り曲げられた金属のワイヤーのオブジェ。ところが、ワイヤーに光を投射し、壁に映し出されたワイヤーの影を見ると、とあるメッセージがあらわれるアート作品。この作品の製作者であるFred Eerdekensさんは、影を使ってメッセージを伝えるアート作品を作っているのです。 その一つ一のメッセージ自体も作品になっています。

レビュー

ノートパソコン冷却台を使ってみた。割と静かで、冷却性はありそうだ

投稿日:

ノートパソコンの冷却台っていろいろあるけど、結局どれを買えばいいかわからないよね。とりあえず、値段が良い感じで使えそうなのを買えばいいなと思った。

MUSONの出しているノートパソコン冷却台。USBバスパワー給電でノートPCを底面から冷やす。ファンは4つ搭載されており、風量の調節や、LED搭載など、色々とあるノートパソコン冷却パッドです。

コレ系のレビューは始めてだ。

MUSONのノートパソコン冷却パッド

4つのファンが有り、底面からノートPCを冷やすタイプの冷却パッド。バスパワー給電で、さらにUSBハブの機能も持ち合わせている。

風量は背面のつまみで調節可能で、パッド自体の角度調節なども行える。そして、音については、割りと静かだなと感じだた。ふつうにデスクトップのファンが回っている程度の音だった。なのでよっぽどのことがない限り気にならないなと感じた。

冷却してる感はちゃんとあるよ。部屋が涼しかったらもっと冷却できるんだろうな。

冷却パッドのフォトレビュー

Musonpccoolor IMG 2890

とにかく箱がデカイ。比較としてiPhone 6s Plusを箱の上に置いてあるがとにかくデカイ。MUSONは中国系の会社のようで、箱に表記されている日本語がヤバイ。読んでいて、面白いなと思った。

Musonpccoolor IMG 2892

箱の中身はこんな感じだ。本体の冷却パッドとUSBケーブル、そして説明書だ。

このUSBケーブルは給電用に利用できるのだ。

Musonpccoolor IMG 2893

そして本体を上から見たらこんな感じ。この形状に意味があるとは思えない。

Musonpccoolor IMG 2895

背面はプラスチック缶があり、いたってチープだ。謎の模様がついてる。トランスフォーマーでもイメージしたのだろうか。

Musonpccoolor IMG 2896

底面には足が有り、これにより角度をつけることが可能。基本的にこのパッドを利用する時は、空気の流れを考えて、この足を出しておいたほうがよいかもしれない。

Musonpccoolor IMG 2897

足を断てる結構な傾斜になる。このままだとノートPC画ずり落ちてしまうので以下の機構がついている。

Musonpccoolor IMG 2898

てまえにノートPCを支えるための足が出てくる。これにより、ノートPCのずり落ちを防いでくれるのだ。それにしても出すぐだ。これは色々なノートPCに対応するための長さなのだろう。

MacBookでは、これが手首に刺さる。

Musonpccoolor IMG 2900

MacBookを乗っけるとこんな感じ。マジでささる。

Musonpccoolor IMG 2899

さて、背面。こちらには、USBの穴が二つと、ファンの前後の調節つまみがある。これにより風量を選ぶということなのだ。

ちなみに、このUSB穴はどちらに刺しても良くて、どちらに刺してもHUBとして機能する。

Musonpccoolor IMG 2905 2

そして、ファンを回転させるとLEDがつく。これはON/OFFできない。ファンの回転とLEDは強制的にリンクされている。ファンは上部と下部のふたつにわかれており、それぞれ独立した調節が出来る。

ファンを最大にしてみても、音はそんなに気にならないであろう。

Musonpccoolor

そうそう、足を断てた状態のパッドはこんな感じ。コレのおかげでキーボードがかなり打ちやすくなる。冷却のための副産物なのだ。

類似…ってかまんま一緒?

ここで、MUSON以外の冷却パッドをしらべていて、とても奇妙なものを見つけた。通常、あんまりレビュー中に他社の製品の話しないんだけど、これはちょっと見て欲しい。

こういう規格が存在するのかもしれないけど、どう見ても同じ製品があった。ロゴの部分だけ入れ替えて全く敬譲もやることも一緒な製品だ。うーむ、これ、こういうの良いんかな。なんか型とかを共有してのだろうかね。

っていうか、他の製品のレビューがスゴイ良い。MUSONのはぶっちゃけこれら製品よりもだいぶと後で販売されたからかもしれないけど、仮に同じ製品だとしたらこの冷却パッドのレビューと考えてもらっても良いかもしれない。

あと、MUSONには他の製品にない特別なしようがある。

1年保証付

値段も似たり寄ったりで、見た目も一緒なら、1年間保証有りのほうがよくない?ボクはそう思いますわ。

ということで、MUSONの冷却パッドレビューでした。








-レビュー
-, ,

Copyright© キセノンテンター , 2019 All Rights Reserved.