アート イラスト

もしも色々なディズニー作品をティム・バートンが手がけていたら

映画『ナイトメアー・ビフォア・クリスマス』、『コープスブライド』、『フランケンウィニー』の制作でおなじみティム・バートン(Tim Burton)さんが、もしも他のディズニー作品を手が手たらどうなっているのか? そんな「もしも」をイラストで表現したアートイラストをご紹介。 これはロサンゼルスで働くロシアンアーティストAndrew Tarusovさんによる作品で、色々なディズニーキャラクターがどこか「幸薄い」雰囲気を醸し出しています。そして何とも言えないあの大きな目が印象的です。

アート

鉛筆の芯で作られた列車がめちゃくちゃ細かい

これまでもいくつもの鉛筆彫刻アートをご紹介してきましたが、このようなアプローチは驚きます。とても細かい世界なのですが、これほどまで素晴らしいのはすごい。 鉛筆彫刻アーティストCindyChinnさんが作った作品は、鉛筆の中を通っている列車…言葉通りの作品です。鉛筆の中にある芯を列車のように見立て、周りは列車が通るトンネルをイメージして作られている作品です。 線路になっている枕木やレールまで、鉛筆彫刻アートで再現しているすごい作品です。 前の記事鉛筆彫刻アートが繊細な世界:Jasenko Đorđević[ ...

アート

水を表現したハイパーリアリズム:Aqua by Reisha Perlmutter

ハイパーリアリズムという、絵をより現実っぽく見せるジャンルのアートがある。今回はそんな「ハイパーリアリズムアート」を書いている人を紹介したい。 「写真じゃ無いの?」と突っ込みたくなるレベルで「水」の表現が素晴らしいアメリカ人アーティストReisha Perlmutteさん。彼女の描く「Aqua」シリーズは、とにかく水の表現がかなりリアルなのだ。特に水の中で漂う、浮遊感のある女性を描いているのがスゴイ。 絵で水を表現出来るってのもスゴいけど、その描かれたハイパーリアリズム自体がとにかくステキ。水の動き、水に ...

アート イラスト

刀ファッションがクールなジャパニーズテイストのイラスト:199hates

90年台アニメが好きな人はビビビときちゃうかもしれないイラストアート作品をご紹介します。 Instagramで活動する@199hatesことMau Lencinasさんによるイラストをご紹介。「刀」や「鬼の面」「まねきねこ」といったなんだかジャパニーズテイストなグッズとファッションがめっちゃかっこいいキャラクターのイラスト。どことなく90年台のテイストで表されためちゃくちゃ惹かれるイラストなんです。 なかでも「悪魔ハンター199」なんていうビジュアルがめっちゃかっこいいテシリーズもあってまじで必見!これを ...

アート イラスト

ディズニーキャラクターがリアルの世界にいたらこんな感じ、ヴィラン編

これはなかなかカッコいいじゃないか・・・。 以前にも当ブログで紹介した、メルボルンで活動するグラフィックアートストJirka Väätäinenさんイラストを再び紹介したいです。ディズニーキャラクターを美男美女化するあのアーティストさんです。 前回の記事では、主にJirka さんによってリアル化された、ディズニーの主人降格のキャラクターを紹介しました。そのシリーズは「#RealLifeDisneyCharacters」や「#RealLifeDisneyGirls」なんかでタグ付けされています。 その記事の ...

レビュー 音楽

マグネットスイッチがけっこう嬉しいSoundPEATSのBluetoothイヤホンQ20

投稿日:7月4日 更新日:

マグネットスイッチがけっこう嬉しい存在になっている。

オーディオ機器を取り扱うSoundPEATS(サウンドピーツ)さんが出しているBluetoothイヤホンQ20のレビュー記事です。Bluetooth4.1に対応していて、最大5.5時間連続再生ができるBluetoothイヤホンです。

イヤホンの左右には磁石が入っており、左右を合わせることで、本体のON/OFFが行えるイヤホンです。

マグネットスイッチ付きのイヤホン

スクウェア型の本体がちょっとオシャレなBluetoothイヤホン。防汗、防滴ということで、スポーツ用途での利用が考えられるイヤホンです。カラーはブラックしかありません。

SoundPEATSさんの製品をいくつか体験したことがあるのですが、音質についてはいつも「良いな」と評価させていただきます。それは「値段」などを考えての意見です。この値段帯でこの音なら値段帯で購入を考えている人に選択肢として紹介できるものです。

今回のイヤホンの特徴的な点として「マグネットスイッチ」という機能でBluetoothイヤホンのON/OFFが簡単に行えるのだ。いちいち電源ボタンを押さなくても良い。

めっちゃ楽。

写真で見るQ20

Soundpeatsq20 IMG 8931

マットな箱に入っていて、なんとも高級感がある。ただし、箱の中身はSoundPEATSさんのアレ(ポーチ)ば入っている。

Soundpeatsq20 IMG 8932

中身はイヤホン本体、イヤホンパーツ、そしてフラットのUSBケーブルだ。

Soundpeatsq20 IMG 8933

統べてみるとこんな感じ。今回のイヤホンパーツとして、「密閉型イヤーピース」が3サイズ、「半密閉型イヤーピース」が2サイズある。この違いは「音楽を聴くよう」か「通話目的の利用」かによる。自分のスタイルに合わせることが出来る。

Soundpeatsq20 IMG 8939

形状はスクウェアがたで特殊だなっと思った。が、耳にはめてみるとそんなに違和感がないことがわかる。コレによりバッテリーが大容量になるのであれば、もう、コレの方が良いなと思う。

Soundpeatsq20 IMG 8941

が、個人的にSoundPEATSさんのロゴがデカデカと入っているのはいただけないなと感じる。もうちょっと控えめにあればいいなと。「L,R」がここには言っていたら良かったのに。

Soundpeatsq20 IMG 8945

そして、先にも述べたように、磁石が埋め込まれたイヤホンをくっつけると電源がOFFに出来る。そして切り離すと電源がONになる。これは楽だぞ。

Soundpeatsq20 IMG 8944

通話も問題ない。むしろ、通話用に使いたいなと思う。音楽用とでも十分な音だと感じたが、通話をよくするならそっちの方が良いだろう。

スイッチは便利

やはり、マグネットスイッチの存在は大きいと思う。スポーツシーンで使うとしたら、そのままネックレスのように首に置いておくことが出来る。そして使いたいときに磁石を外して耳に当てるんだ。

電源のON/OFFの動作から開放されるのは本当にうれしいことになるんだぞ。使ってみたらわかる。コレが正義だ。というかおそらくこういう仕様がそのうち標準になってくるんじゃないかというぐらい便利なのだ。








-レビュー, 音楽
-, , , ,

Copyright© キセノンテンター , 2019 All Rights Reserved.