アート

流木からドラゴンなどを作るJames Doran-Webbの流木アート

フィリピン島の海岸にはいくつかの流木が流れ着くことがあるそうです。アーティストのJames Doran-Webbさんは、その流木を組み合わせて、ものすごいレベルの様々な流木アート作品を作り上げている人です。 James Doran-Webbさんが作った流木の彫刻は、それはそれはまるで「生きている」かのような出来栄えで、そのすごさに目を奪われてしまうのではないでしょうか。とても良くできた造形物だと思います。 James Doran-Webbさんが製作したいくつかの流木アートが公開されていましたのでご紹介しま ...

アート 写真

ライトペインティングのプロによる美しい光の花:Hannu Huhtamo

『ライトニングペイント』と言うアートのジャンルをご存知だろうか?カメラの長時間露光機能を使って、そのシャッターを切っている間に色々な光を与えて、「光で色々と描く」ことでアートとする物だ。 カメラの設定を長時間露光で撮影するだけなので、割と誰でも簡単にチャレンジできるジャンルだったりする。 そんな『ライトニングペイント』のプロであるフィンランドのアーティストHannu Huhtamoさんが行うアートがかなりスゴイ。1枚の写真の中に、この世の物とは思えないほど美しい光で作られた花が登場している。 しかも、どう ...

アート 音楽

「雪だるまつくろ〜♪」映画『アナと雪の女王』の歌パートを実写で再現した素敵なやつ

2013年のディズニー映画(日本では2014年)『アナと雪の女王』に出てくる歌パートを実写で行ってみた素敵な動画をご紹介します。 かわいらしい「アナ」の歌う「雪だるまつくろう」(原題:Do You Want to Build a Snowman?)や、ハンスと共に歌う「とびら開けて」(原題:Love is an open door)などが実写になってとっても素晴らしくなっています。 『アナと雪の女王』ファンに是非ともご覧になって欲しいです。

アート イラスト

「父が7年かけた迷路」がすごすぎる!そしてその続編も…。

2013年ごろ、Twitterユーザーの@Kya7yさんによって投稿されたとある「迷路」。なんでも彼女の父 (野村一雄)さんによって「7年間かけて」作られたA1サイズの用紙びっしりの迷路があるという。 このすごく細かい迷路は瞬く間にTwitterの間で広がり、国内外の様々な差違とで取り上げられた事とでも有名です。また、「Spoon&Tamago」でこの迷路が販売されてい事も知っているでしょう。 さて、この話に続きが有るのをご存知だろうか?2014年ごろ、再び彼女の父が迷路を造っていることを…。

アート

影にメッセージが現れるワイヤーアート by Fred Eerdekens

一見するとぐちゃぐちゃに折り曲げられた金属のワイヤーのオブジェ。ところが、ワイヤーに光を投射し、壁に映し出されたワイヤーの影を見ると、とあるメッセージがあらわれるアート作品。この作品の製作者であるFred Eerdekensさんは、影を使ってメッセージを伝えるアート作品を作っているのです。 その一つ一のメッセージ自体も作品になっています。

レビュー 音楽

マグネットスイッチがけっこう嬉しいSoundPEATSのBluetoothイヤホンQ20

投稿日:7月4日 更新日:

マグネットスイッチがけっこう嬉しい存在になっている。

オーディオ機器を取り扱うSoundPEATS(サウンドピーツ)さんが出しているBluetoothイヤホンQ20のレビュー記事です。Bluetooth4.1に対応していて、最大5.5時間連続再生ができるBluetoothイヤホンです。

イヤホンの左右には磁石が入っており、左右を合わせることで、本体のON/OFFが行えるイヤホンです。

マグネットスイッチ付きのイヤホン

スクウェア型の本体がちょっとオシャレなBluetoothイヤホン。防汗、防滴ということで、スポーツ用途での利用が考えられるイヤホンです。カラーはブラックしかありません。

SoundPEATSさんの製品をいくつか体験したことがあるのですが、音質についてはいつも「良いな」と評価させていただきます。それは「値段」などを考えての意見です。この値段帯でこの音なら値段帯で購入を考えている人に選択肢として紹介できるものです。

今回のイヤホンの特徴的な点として「マグネットスイッチ」という機能でBluetoothイヤホンのON/OFFが簡単に行えるのだ。いちいち電源ボタンを押さなくても良い。

めっちゃ楽。

写真で見るQ20

Soundpeatsq20 IMG 8931

マットな箱に入っていて、なんとも高級感がある。ただし、箱の中身はSoundPEATSさんのアレ(ポーチ)ば入っている。

Soundpeatsq20 IMG 8932

中身はイヤホン本体、イヤホンパーツ、そしてフラットのUSBケーブルだ。

Soundpeatsq20 IMG 8933

統べてみるとこんな感じ。今回のイヤホンパーツとして、「密閉型イヤーピース」が3サイズ、「半密閉型イヤーピース」が2サイズある。この違いは「音楽を聴くよう」か「通話目的の利用」かによる。自分のスタイルに合わせることが出来る。

Soundpeatsq20 IMG 8939

形状はスクウェアがたで特殊だなっと思った。が、耳にはめてみるとそんなに違和感がないことがわかる。コレによりバッテリーが大容量になるのであれば、もう、コレの方が良いなと思う。

Soundpeatsq20 IMG 8941

が、個人的にSoundPEATSさんのロゴがデカデカと入っているのはいただけないなと感じる。もうちょっと控えめにあればいいなと。「L,R」がここには言っていたら良かったのに。

Soundpeatsq20 IMG 8945

そして、先にも述べたように、磁石が埋め込まれたイヤホンをくっつけると電源がOFFに出来る。そして切り離すと電源がONになる。これは楽だぞ。

Soundpeatsq20 IMG 8944

通話も問題ない。むしろ、通話用に使いたいなと思う。音楽用とでも十分な音だと感じたが、通話をよくするならそっちの方が良いだろう。

スイッチは便利

やはり、マグネットスイッチの存在は大きいと思う。スポーツシーンで使うとしたら、そのままネックレスのように首に置いておくことが出来る。そして使いたいときに磁石を外して耳に当てるんだ。

電源のON/OFFの動作から開放されるのは本当にうれしいことになるんだぞ。使ってみたらわかる。コレが正義だ。というかおそらくこういう仕様がそのうち標準になってくるんじゃないかというぐらい便利なのだ。








-レビュー, 音楽
-, , , ,

Copyright© キセノンテンター , 2019 All Rights Reserved.