アート イラスト

まさにバッドエンド!ディズニーキャラの悪役がもしも勝ってしまったら…。

とても見ていて胸を痛めてしまいます。いくつかのディズニー映画に登場する悪役(ヴィラン)が「もしも映画内で勝ってしまったら?」をイラスト化した、DeviantArtユーザーのjustin-mctwispさんの作品をご紹介します。 正直、イラストを拝見した時に「胸くそ悪い」と思ってしまうほど、映画に詰まっている愛をぶち壊すほどの内容です。まさに「バッドエンド」な結果になってしまった、ディズニーキャラクター達をご覧下さい。

LEGO アート

LEGOで作ったターンテーブルがしっかりとレコードを鳴らしている

LEGOって何でも出来ちゃうんですね!韓国人のLEGO愛好家であるHayarobiさんが、LEGOをつかったターンテーブル「The Planet」を作り上げました! タダ回転するだけでなく、しっかりと音まで鳴らせてしまうらしいです。カートリッジにはオーディオテクニカのものが使われているから、しっかりと鳴らせてくれるというものです。 いやー、LEGOって何でも出来る物だと思ってましたが、ターンテーブルまで作っちゃうとはすごいですね!それでは、HayarobiさんのLEGOターンテーブル「The Planet ...

アート

自室をバンクシー美術館に出来ちゃうウォールステッカー

イギリスのロンドンを中心に活動する覆面アーティスト「バンクシー」(Banksy)。彼の作品は、社会風刺的グラフィティアートなストリートアート作品を世界各地でゲリラ的に行っちゃう。有名美術館に自身の作品を勝手に置いちゃうなどのパフォーマンスで、「芸術テロリスト」なんて呼ばれ方もしている。 そんなバンクシーの作品にはどこか魅力的なとこが有り、ソレの価値を思う人もいるようです。2007年2月に行われたサザビーズ主催のオークションでは、バンクシーの作品計6点が総額37万2千ポンド(日本円で約8500万円以上)で落 ...

アート

細かい切り絵に惚れちゃうな。Suzy Taylorの切り絵アート

ネットを散策していたら、素敵な切り絵氏を見つけました。こちらのドクロの切り絵を作ったのはスージー・テイラー(Suzy Taylor)さん。Facebookページ(Folk Art Papercuts名で活動)やEtsyでこれらの作品を見ることが出来ます。 切り絵ってどこからがプロなのかわかりませんが、全ての切り絵を行う人を尊敬しています。良くこんな細かいことできちゃうなーと。ということで、スージーさんの作品をいくつかご紹介します。主にFacebookからのご紹介です。

アート

Processingで作成した美しいGIFアニメーション

Processingを使って作られた美しいGIFアニメーションを公開しているdave whyteさんの作品をご紹介します。規則正しく動くアニメーションは半永久的に観測したくなってきます。 Processingとは Processing(プロセシング)は、キャセイ・レアス(英語版)(Casey Reas)とベンジャミン・フライ(英語版)(Benjamin Fry)によるオープンソースプロジェクトであり、かつてはMITメディアラボで開発されていた。電子アートとビジュアルデザインのためのプログラミング言語であり ...

iPhone クラウドファンディング

強烈なフレアが出てくるMomentのスマホ用新レンズ「Anamorphic」がKickstarterに登場

投稿日:

以前にKickstarterで成功を収め、ものすごく人気になっているスマホ用コンバーションレンズ「Moment(モーメント)」が、新たなレンズ「Anamorphic」をKickstarterで出して出資を募っている。

Momentといえば、iPhoneのカメラなどで画角を良い感じに調整できるワイドレンズが有名ですが、今回は、フレアが際立つ、なんかめっちゃフィルムメイカー向けなレンズが登場。

開始から数日ですが、すでに目標金額を超えている人着っぷり。製品として登場するであろうし、Kickstarterというクラウドファンディングならではの特価価格でゲットできるチャンスなので気になった人は要チェック。

フレアがかっこいいMomentの新レンズ「Anamorphic」


Momentのレンズと言えば、ワイドレンズなのに「歪まない」特徴があり、iPhoneとMomentレンズのみの組み合わせで影像を作っている人も居るぐらい優秀なレンズ。そんなMomentから新たに出た「Anamorphic」というレンズは、フレアがとにかく特徴的。めっちゃ映画っぽく撮影できるレンズです。

Screenshot 95

このえげつないフレアがレンズ単品で出せちゃう…。

スマホで影像撮る人には素晴らしくヒットできるレンズだな。見た目は相変わらずかっこいいしね。

あのフィルムメーカー達も


フィルムメーカー系YouTubeでお馴染みのMatti HaapojaもPeter McKinnonと共に、コチラのレンズの宣伝をしている。この二人のおかげでかなりの宣伝になっただろうし、このYouTuber達のファンが出資しただろうからゴールは確実だ。(ボクも出資した)

特価価格を狙え

クラウドファンディングといえば、製品として世に出る前に安くモノを手に入れられることが知られている。Momentのような「製品として約束されている」モノに関しては、クラウドファンディングで是非ともゲットしておきたい。

今回の「Anamorphic」は、レンズ単品、ケース、バッテリーケース、DJI OSMO用のカウンターウェイトなどのリワードや、アドオンとしてクラウドファンディング特価になっている各Momentレンズがある。Momentレンズは一つが結構な値段するので、こう言う特価の時に是非とも手に入れておきたい。

もちろん、今回出たAnamorphicレンズ単品でもおそらく楽しめるので、もし気になった人は、是非ともレンズ+ケースセットを手に入れよう。レンズ単品だと使えないからね。

書きするリンクよりKickstarterに参加できます。


-iPhone, クラウドファンディング
-, , , , , , ,

Copyright© キセノンテンター , 2019 All Rights Reserved.