アート

こんな折り鶴は見たことない!折り鶴をカスタマイズする人Cristian Marianciuc

折り鶴って見たことあります?ほら、あの折り紙で作られた鶴のことです。幼少の頃に折り紙で作ったりしたことありませんか?おばーちゃんに折り方を教わったりさ。 今回ご紹介するのは、オリジナルの折り鶴を公開し続けるCristian Marianciucさんの作品です。折り鶴なんだけど、なんかものすごくカスタマイズされている折り鶴なのです。 ちょっとだけデザインされた物や、外見が全く違う物まで…、Cristian Marianciucさんによる折り鶴のカスタマイズがすごいことになっています。

アート イラスト

可愛すぎる!漫画調に描かれたディズニープリンセス達

なんてこった、何でこんなにカワイイ生き物になっちゃったんだろうか!? これは、パキスタンのアーティスト、マリヤム(Maryam)さんに描かれたディズニープリンセス達のイラストです。ディズニーのタッチとは全く異なる、漫画っぽい、それでいてカワイイイラストになっちゃいましたー! こんなん、恋しないほうがおかしいよ!かわいいよ! そんなディズニープリンセス達をご紹介!

LEGO アート

LEGOビルダーにより盆栽の作り方が公開されている

写真家でありLEGOビルダーのクリス·マクベイ(Chris McVeigh)さんが販売しているLEGOキット。その中にLEGOの盆栽が合ったのでご紹介したいと思います。 クリス·マクベイさんはFacebookやTumblr(タンブラー)でLEGOの作品をいくつか公開しており、キット販売されている物は無料で組み立て方法を公開しています。

アート

大理石が使われたとても贅沢なアナログ迷路:A MAZE

独創的な創作物を生み出すアーティストMarco Iannicelliによる贅沢な迷路をご紹介したい。 「A MAZE」と名付けられたそれは、大理石をベースに使われ、終わることの無い迷路を作り上げた。ジョイスティックを操作し、溝の掘られた円形の大理石を操作する。溝の中には鉄の玉が入っていて、大理石の溝の中をかけめるぐのだ。 タイトルは「迷路」だが、終わりはなく、自分で目標を設定しないと正直意味の無い迷路なのかも知れない。 それでも「大理石」という素材を使うことで、このアートに神秘性が増し、そのゴールをめぐれ ...

アート

細部まで作り込まれたミニチュアアート:kiyomi

とても小さい世界だけど、かなりステキだな。 ハンドメイド家具を趣味で作っているkiyomi(petipetit)さん。ハンドメイドでとても細かなミニチュアなアンティーク家具、ミニチュアなスイーツなどを作っている二児の主婦だそうだ。そんなkiyomiさんのInstaramに素晴らしい作品がたくさん公開されていたのでご紹介させていただきたい。 アンティーク好きな人、ミニチュア好きな人、どちらにも刺さるアート作品です。

iPhone

ドームポート有り!水中撮影に特化したiPhone用の撮影キット:AxisGO

投稿日:

iPhoneで水中撮影、いかにしてやっているだろうか。

いくら防水仕様のバージョンが出たからと言って、そんな水にバチャバチャつけて撮影は出来ませんからね。

ということで、AquaTech Imaging SolutionsのAxixGoという専用カバーをご紹介。

AquaTeckとは、様々なカメラの水中撮影に特化したアクセサリーをプロダクトに持つ会社。もちろん一眼レフなどのアイテムも作っている。つまり、プロ仕様の防水アイテムを出す会社なのだ。

そんなAquaTeckが出すiPhone用防水ケース。

防水ケースというモノは既存のアイテムでもありますが、AquaTeckのAxisGoはそのまま専用のワイドレンズを装着できたり、なんと「ドームポート」まで装着できてしまうのだ。



iPhoneでも水中撮影を圧倒的ステキに行えるアイテム「AxisGO」をご紹介します。

iPhoneでもプロな水中撮影できる「AxisGO」

「日本のAmazonで売ってねーだろうなー」と思ったらまさかの売ってた。

こちらが、AquaTeckのAxisGOだ。

ご注意頂きたいのはiPhoneのバージョンによってそれぞれのケースが存在すると言うこと。つまり、このiPhoneが自身の持っているiPhoneには対応してないと思って頂いてかまわない。

現在AxisGoはiPhoneX/8/X用のバージョンが存在する。

AxisGOを平たくと言うと、「iPhoneにおいて水中撮影をプロ仕様まで引き上げてくれる」防水ケース。通常の「防水ケース」としての機能を備えつつも「ケース専用のワイドレンズ」(AxisGO Ultra Wide 6 “Dome Port)を装着することにより、撮影の幅を広げる。

さらに、専用の「ドームポート」をつけることにより、水中の撮影がよりステキになる。

ドームポートは、水中撮影するプロが使っている半球のガラスのヤツです。それがスマホで使えるんだ。

んで、オプションとして「ドームポート」があるんですわ。

AxisGOがどういったモノか映像で見てみよう

こちらが「AxisGOがどういったものか知れる」映像です。

まぁ「防水ケース」ってのがこの時点で分かります。ちなみに水深10メートルまで行けるみたいです。

そしてこちらが「ドームポート」の利用例。

AxisGO Lens Port Installation Video 1 28 screenshot 1500x843

コレを使うことで…。

AxisGO Lens Port Installation Video 1 18 screenshot 1500x843

こういった、水中と空中の両方を捉えた撮影が出来るんです。「ドームポート」みたいなものが無いとまず撮影できないシーンですね。

AxisGOが使われたスゴイ綺麗な映像

こちらは海の撮影のプロ、Ryan Pernofskiさんによるスゴイ撮影。

AxisGOとiPhoneXを組み合わせた最高にスゴイ映像です。

パナイ…これが撮影できるのか…。でもスローだから4Kじゃない…。でもすごい。

iPhoneでプロっぽい水中撮影!

「たかが防水ケース」ではなく、まじで水中撮影に特化しているケース。それが「AxisGO」です。

残念ながら、日本だとどうやら代理店は無く、AquaTeckの公式ウェブショップで購入するしかないようです。大体2万2千円+送料やらなにやらかかるみたいだ。

それでもちゃんとゲットできるなら公式ショップが安全だろう。

今回のAxisGOが気になった人は下記からどうぞ。

iPhone X Water Housings - AxisGO | AquaTech – AquaTech Imaging Solutions
iPhone X Water Housings - AxisGO | AquaTech – AquaTech Imaging Solutions

Looking for the best waterproof iPhone housing available? Then the AxisGo Water Housing is what you ...

続きを見る








-iPhone
-,

Copyright© キセノンテンター , 2019 All Rights Reserved.