アート イラスト

まさにバッドエンド!ディズニーキャラの悪役がもしも勝ってしまったら…。

とても見ていて胸を痛めてしまいます。いくつかのディズニー映画に登場する悪役(ヴィラン)が「もしも映画内で勝ってしまったら?」をイラスト化した、DeviantArtユーザーのjustin-mctwispさんの作品をご紹介します。 正直、イラストを拝見した時に「胸くそ悪い」と思ってしまうほど、映画に詰まっている愛をぶち壊すほどの内容です。まさに「バッドエンド」な結果になってしまった、ディズニーキャラクター達をご覧下さい。

LEGO アート

LEGOで作ったターンテーブルがしっかりとレコードを鳴らしている

LEGOって何でも出来ちゃうんですね!韓国人のLEGO愛好家であるHayarobiさんが、LEGOをつかったターンテーブル「The Planet」を作り上げました! タダ回転するだけでなく、しっかりと音まで鳴らせてしまうらしいです。カートリッジにはオーディオテクニカのものが使われているから、しっかりと鳴らせてくれるというものです。 いやー、LEGOって何でも出来る物だと思ってましたが、ターンテーブルまで作っちゃうとはすごいですね!それでは、HayarobiさんのLEGOターンテーブル「The Planet ...

アート

自室をバンクシー美術館に出来ちゃうウォールステッカー

イギリスのロンドンを中心に活動する覆面アーティスト「バンクシー」(Banksy)。彼の作品は、社会風刺的グラフィティアートなストリートアート作品を世界各地でゲリラ的に行っちゃう。有名美術館に自身の作品を勝手に置いちゃうなどのパフォーマンスで、「芸術テロリスト」なんて呼ばれ方もしている。 そんなバンクシーの作品にはどこか魅力的なとこが有り、ソレの価値を思う人もいるようです。2007年2月に行われたサザビーズ主催のオークションでは、バンクシーの作品計6点が総額37万2千ポンド(日本円で約8500万円以上)で落 ...

アート

細かい切り絵に惚れちゃうな。Suzy Taylorの切り絵アート

ネットを散策していたら、素敵な切り絵氏を見つけました。こちらのドクロの切り絵を作ったのはスージー・テイラー(Suzy Taylor)さん。Facebookページ(Folk Art Papercuts名で活動)やEtsyでこれらの作品を見ることが出来ます。 切り絵ってどこからがプロなのかわかりませんが、全ての切り絵を行う人を尊敬しています。良くこんな細かいことできちゃうなーと。ということで、スージーさんの作品をいくつかご紹介します。主にFacebookからのご紹介です。

アート

Processingで作成した美しいGIFアニメーション

Processingを使って作られた美しいGIFアニメーションを公開しているdave whyteさんの作品をご紹介します。規則正しく動くアニメーションは半永久的に観測したくなってきます。 Processingとは Processing(プロセシング)は、キャセイ・レアス(英語版)(Casey Reas)とベンジャミン・フライ(英語版)(Benjamin Fry)によるオープンソースプロジェクトであり、かつてはMITメディアラボで開発されていた。電子アートとビジュアルデザインのためのプログラミング言語であり ...

iPhone

ドームポート有り!水中撮影に特化したiPhone用の撮影キット:AxisGO

投稿日:

iPhoneで水中撮影、いかにしてやっているだろうか。

いくら防水仕様のバージョンが出たからと言って、そんな水にバチャバチャつけて撮影は出来ませんからね。

ということで、AquaTech Imaging SolutionsのAxixGoという専用カバーをご紹介。

AquaTeckとは、様々なカメラの水中撮影に特化したアクセサリーをプロダクトに持つ会社。もちろん一眼レフなどのアイテムも作っている。つまり、プロ仕様の防水アイテムを出す会社なのだ。

そんなAquaTeckが出すiPhone用防水ケース。

防水ケースというモノは既存のアイテムでもありますが、AquaTeckのAxisGoはそのまま専用のワイドレンズを装着できたり、なんと「ドームポート」まで装着できてしまうのだ。



iPhoneでも水中撮影を圧倒的ステキに行えるアイテム「AxisGO」をご紹介します。

iPhoneでもプロな水中撮影できる「AxisGO」

「日本のAmazonで売ってねーだろうなー」と思ったらまさかの売ってた。

こちらが、AquaTeckのAxisGOだ。

ご注意頂きたいのはiPhoneのバージョンによってそれぞれのケースが存在すると言うこと。つまり、このiPhoneが自身の持っているiPhoneには対応してないと思って頂いてかまわない。

現在AxisGoはiPhoneX/8/X用のバージョンが存在する。

AxisGOを平たくと言うと、「iPhoneにおいて水中撮影をプロ仕様まで引き上げてくれる」防水ケース。通常の「防水ケース」としての機能を備えつつも「ケース専用のワイドレンズ」(AxisGO Ultra Wide 6 “Dome Port)を装着することにより、撮影の幅を広げる。

さらに、専用の「ドームポート」をつけることにより、水中の撮影がよりステキになる。

ドームポートは、水中撮影するプロが使っている半球のガラスのヤツです。それがスマホで使えるんだ。

んで、オプションとして「ドームポート」があるんですわ。

AxisGOがどういったモノか映像で見てみよう

こちらが「AxisGOがどういったものか知れる」映像です。

まぁ「防水ケース」ってのがこの時点で分かります。ちなみに水深10メートルまで行けるみたいです。

そしてこちらが「ドームポート」の利用例。

AxisGO Lens Port Installation Video 1 28 screenshot 1500x843

コレを使うことで…。

AxisGO Lens Port Installation Video 1 18 screenshot 1500x843

こういった、水中と空中の両方を捉えた撮影が出来るんです。「ドームポート」みたいなものが無いとまず撮影できないシーンですね。

AxisGOが使われたスゴイ綺麗な映像

こちらは海の撮影のプロ、Ryan Pernofskiさんによるスゴイ撮影。

AxisGOとiPhoneXを組み合わせた最高にスゴイ映像です。

パナイ…これが撮影できるのか…。でもスローだから4Kじゃない…。でもすごい。

iPhoneでプロっぽい水中撮影!

「たかが防水ケース」ではなく、まじで水中撮影に特化しているケース。それが「AxisGO」です。

残念ながら、日本だとどうやら代理店は無く、AquaTeckの公式ウェブショップで購入するしかないようです。大体2万2千円+送料やらなにやらかかるみたいだ。

それでもちゃんとゲットできるなら公式ショップが安全だろう。

今回のAxisGOが気になった人は下記からどうぞ。

iPhone X Water Housings - AxisGO | AquaTech – AquaTech Imaging Solutions
iPhone X Water Housings - AxisGO | AquaTech – AquaTech Imaging Solutions

Looking for the best waterproof iPhone housing available? Then the AxisGo Water Housing is what you ...

続きを見る








-iPhone
-,

Copyright© キセノンテンター , 2019 All Rights Reserved.