アート イラスト

まさにバッドエンド!ディズニーキャラの悪役がもしも勝ってしまったら…。

とても見ていて胸を痛めてしまいます。いくつかのディズニー映画に登場する悪役(ヴィラン)が「もしも映画内で勝ってしまったら?」をイラスト化した、DeviantArtユーザーのjustin-mctwispさんの作品をご紹介します。 正直、イラストを拝見した時に「胸くそ悪い」と思ってしまうほど、映画に詰まっている愛をぶち壊すほどの内容です。まさに「バッドエンド」な結果になってしまった、ディズニーキャラクター達をご覧下さい。

LEGO アート

LEGOで作ったターンテーブルがしっかりとレコードを鳴らしている

LEGOって何でも出来ちゃうんですね!韓国人のLEGO愛好家であるHayarobiさんが、LEGOをつかったターンテーブル「The Planet」を作り上げました! タダ回転するだけでなく、しっかりと音まで鳴らせてしまうらしいです。カートリッジにはオーディオテクニカのものが使われているから、しっかりと鳴らせてくれるというものです。 いやー、LEGOって何でも出来る物だと思ってましたが、ターンテーブルまで作っちゃうとはすごいですね!それでは、HayarobiさんのLEGOターンテーブル「The Planet ...

アート

自室をバンクシー美術館に出来ちゃうウォールステッカー

イギリスのロンドンを中心に活動する覆面アーティスト「バンクシー」(Banksy)。彼の作品は、社会風刺的グラフィティアートなストリートアート作品を世界各地でゲリラ的に行っちゃう。有名美術館に自身の作品を勝手に置いちゃうなどのパフォーマンスで、「芸術テロリスト」なんて呼ばれ方もしている。 そんなバンクシーの作品にはどこか魅力的なとこが有り、ソレの価値を思う人もいるようです。2007年2月に行われたサザビーズ主催のオークションでは、バンクシーの作品計6点が総額37万2千ポンド(日本円で約8500万円以上)で落 ...

アート

細かい切り絵に惚れちゃうな。Suzy Taylorの切り絵アート

ネットを散策していたら、素敵な切り絵氏を見つけました。こちらのドクロの切り絵を作ったのはスージー・テイラー(Suzy Taylor)さん。Facebookページ(Folk Art Papercuts名で活動)やEtsyでこれらの作品を見ることが出来ます。 切り絵ってどこからがプロなのかわかりませんが、全ての切り絵を行う人を尊敬しています。良くこんな細かいことできちゃうなーと。ということで、スージーさんの作品をいくつかご紹介します。主にFacebookからのご紹介です。

アート

Processingで作成した美しいGIFアニメーション

Processingを使って作られた美しいGIFアニメーションを公開しているdave whyteさんの作品をご紹介します。規則正しく動くアニメーションは半永久的に観測したくなってきます。 Processingとは Processing(プロセシング)は、キャセイ・レアス(英語版)(Casey Reas)とベンジャミン・フライ(英語版)(Benjamin Fry)によるオープンソースプロジェクトであり、かつてはMITメディアラボで開発されていた。電子アートとビジュアルデザインのためのプログラミング言語であり ...

キャンペーン

「サボる」専用デバイス「Camoufla-view」ってどんなもの?

投稿日:11月20日 更新日:

民放公式テレビポータル「TVer(ティーバー)」が、勤労感謝の日に備えて面白いアイテムを発表した。

それは「サボり観」専用デバイス “Camoufla-view”(カモフラー ビュー)というもの…。

まさかの逆の発想!

なんでも「Camoufla-view」は、日本の長時間労働やストレス対策に一石を投じるために作ったデバイスとか。

一体どういったモノかというと、しっかり仕事をしている風を装いつつスマホを隠れて楽しめるという画期的デバイス!

それが「Camoufla-view」だ!

さらに11月19~25日までのあいだ、その「Camoufla-view」が手に入るプレゼントキャンペーンがあるので、それらの情報をご紹介します。

サボる専用デバイス「Camoufla-view」

Tvercamouflaview 5重圧な会議中でさえサボれちゃうかも知れないデバイス「Camoufla-view(カモフラー ビュー)」。一見すると仕事に関わることをしているかのように見えるのだが、裏に回るとスマホがハメ込められているというアイテム。

なんだが、学校の時にサボっている学生がやっていたような手法を仕事の場に持ち込んでみたようなものだ。

Camoufla-viewにはビジネス書や資料を読んでいるように見える「Book」、「Binder」、「Newspaper」の3つが存在する。それぞれは以下の通りだ。

まるでビジネス書な「Book」

Tvercamouflaview 3

分厚いビジネス書のような容姿をした「Camoufla-view」の「Book」。本の中にくぼみがあり、その中にスマートフォンを入れる。

また、後ろに人が現れてもカモフラージュできる仕組みを有する。

現場でもサボり観できちゃう「Binder」

Tvercamouflaview 4

一見するとどう見てもバインダーで、メッチャ仕事に集中している人のように見えるけど、やっぱりそこにはスマホの溝が。

海外の時事情報を仕入れている風「Newspaper」

Tvercamouflaview 1

一見すると、まじで海外の新聞で時事情報を仕入れる「デキる人」に見えるが、よく見たらやっぱりくぼみが開いている。

3つのCamoufla-viewの中で一番有用性がありそう。

そんなCamoufla-viewの紹介動画

そしてコチラが「Camoufla-view」を紹介された映像。

明らかな重要な会議なのに、代表っぽい人がサボっているという映像。その中で使われたのが「Camoufla-view」の「Book」です。

さらにこちらは、その「Book」をメッチャそれっぽく宣伝した映像…。どこに努力してるねん…。

Camoufla-viewが手に入るキャンペーン

そんな「Camoufla-view」が手に入るキャンペーンが、TverのTwitterに登場している。

Camoufla-viewの特設サイトによると、抽選で9名に「Camoufla-view」が当たるそうだ。

キャンペーンの実施機関は11月19日(月)〜25日(日)まで。TVerのTwitterアカウントをフォローした後、「#サボりテク」を付けてツイートするだけ!

バレずに仕事をさぼりたい、そう思っている人(いや、いないだろうけど)は、早速「Camoufla-view」に応募してみよう!

Camoufla-view | 民放公式テレビポータル「TVer」
Camoufla-view | 民放公式テレビポータル「TVer」

多忙なビジネスマンを救う、革新的サボり観デバイスがTVerから誕生。抽選で9名様にプレゼント!

続きを見る








-キャンペーン
-

Copyright© キセノンテンター , 2019 All Rights Reserved.