おばあちゃんがバッサバッッサと黒服をなぎ倒す「登米無双」にまさかの続編!!?

おばあちゃんがバッサバッッサと黒服をなぎ倒す「登米無双」にまさかの続編!!?

2016年の事だったのか。昨年ご紹介した映像の続編が出ました。

宮城県・登米市(とめし)をPRするために作られた、おばあちゃんが黒服を倒しまくる映像「登米無双」がプロモーション映像として100万再生を超えちゃいましたが、それの続編「登米無双2」が登場!!

あの白服が再び!? その上役に赤い女が登場!? しかし、登米無双を繰り出せる津山杉の木棒を持っていない!! え!?パルクール!? な映像です。

今回は撮影手法もレベルアップしたのでそのアタリにも注目して是非ご覧ください。

今度はパルクールも登場!「登米無双2」

まずは前回の「登米無双」をおさらい。

登米無双
のどかな登米市に突如現れた謎の集団が、登米市名物“はっと”をご法度(禁止)にしようと企みる。市民が悲嘆に暮れる中、立ち上がったひとりの女性「トメ」が謎の集団と闘い、登米市に平和を取り戻す。

この映像で、2階から飛び墜ちるなどのスタントがかなりスゴいことになっている。また、トメ役の金子早苗さんが行う殺陣も真面目にスゴイ。

そんな「登米無双」の続編が登場。タイトルはそのまま「登米無双2」。

今回は、トメの弟子としてサチというバディが登場!!そして前回の白服も上役の赤服をつれて参戦!!!

前回でてきたの登米無双を繰り出せる津山杉の木棒が無いため弟子のサチがパルクールをしながら取りに行くという流れに。

サチ役のHanaさんすごい!

というか、なんでしょうか、映像の機材が増えまくってますね。ドローンからのスタートとか…なんかスゴいぞコレ!!

出演者についてのメモ

ここで、主人公お二方のメモをご紹介しておきます。またメイキング映像もご紹介。

トメ役、金子 早苗さん

1955年生まれ(62歳)。 女優・ナレーター・殺陣師・日本舞踊家(藤村亀吉)。東映演技研修所在籍中に殺陣を学び、退 所後は大山克巳氏(新国劇)に師事。大山塾の 師範となる。殺陣歴約30年。

現在、正統派の殺陣を後世に伝えていくことをライフワークとしている。

50代~70代で結成された殺陣ユニットOBC (おばチャンバラーズ)として活動中。

「伝統芸能欧州遠征チーム」殺陣指導・手付け
「原田悠里 夢追いコンサート」 殺陣指導・出演
練馬児童劇団 殺陣指導・手付け 他多数

という経歴。詳しくは以下で。

サチ役、Hanaさん

パルクールパフォーマー・インストラクター
パルクールインストラクターの世界的な資格 ADAPT level1を取得。
2008年、大学1年のときパルクールと出会い、地 元名古屋の仲間と技を磨きながら、練習会などを 主催し名古屋のパルクールシーンを盛り上げてきた。

2011年には、redbull主催のパルクール、アクロ バットの要素を取り入れたコンペティションart of motion yokohamaに日本人女性として唯一出場。

現在は、関東圏を中心に女性向けのパルクールイ ベントなどを主催し、パルクールの指導、人材育成 をする傍ら、メディアやショーなどでパフォーマーとして も活躍している。

映像中のパルクールもスゴかったですからね!!

メイキングもあるよ!!!

ありがたいことに、メイキング映像も公開されていました。やはり前回同様に登米市民がさんかしているというスタイル。そして実際のスポットまでちゃんとでているから、これは結構経済効果あるんだろうなー!!

撮影機材にも注目だ!!

「登米無双」体験モニターツアー

なんと、トメ役の金子さんと一緒に登米市の観光兼「登米無双」の聖地を体験できるルアーがあるようです。トメさん自ら参加者に「登米無双」を伝授するとか…。

  • 日時:2017年12月2日(土)
  • 募集人数:30人
  • 主な行先:柳津虚空蔵尊、みやぎの明治村、石越醸造、伊豆沼等(予定)

なお、女性限定で参加費は4,000円です。

詳しくはこちらで。

この記事に関連する記事一覧

この記事のタグ

キセノンテンターの最新情報をゲット

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です