アート

2Dで動くOverwatchのキャラクター達:Kyle Bunk

アメリカのFiraxis Games社で働く3DアニメーターKyle Bunkさんの2Dアート作品を紹介します。ピクセルで描かれたキャラクター達が結構動いてくれます。 Kyle Bunkさんが描く2Dアニメーションは、ブリザード・エンターテイメントの世界的に人気のアクションFPSゲーム「Overwatch(オーバーウォッチ)」の各キャラクター達です。いろいろなキャラクターがまるで格ゲーのように動いてくれます。 元々3Dのゲームだけ当てt、2Dになるとなんだか不思議な見え方もしちゃいます。古き良きゲームにに ...

アート

フルーツを素敵に擬人化したイラストアート:Marija Tiurina

これは素敵な擬人化だ! ロンドンを拠点に活動するアーティストMarija Tiurinaさんのイラストアートをこの記事では紹介します。どうやらMarija Tiurinaさんの住んでいる町には、特別な青果店が存在するらしく、日本ではあんまり見ないような果物や野菜が取り扱われているようです。 そんな色々な野菜や果物をいい感じに「擬人化」したイラストアートをさんは描いています。「え?この果物ってなんて言うの?」と、思っちゃいそうなものばかりですが、彼女が水彩画を使って表現するキャラクターはどれも素敵なものばか ...

アート イラスト

侍になったドラゴンボールキャラクター:Guillem Daudén

スペインバルセロナで活動するコンセプトアーティストGuillem Daudénさんによるイラストアートを紹介します。Guillem Daudénさんは「もしも侍になったら?」を思わせるように、鳥山明さんのドラゴンボールを「侍風イラスト」に描いてくれます。ちなみにそのときの名義は「kenji_893」です。 侍風になった孫悟空やベジータ、トランクスなど、「え、めっちゃサムライに合うじゃん」と思わせてくれるようなイラストなど。ドラゴンボールキャラクターがサムライになったらこうなるぞというイラストを紹介します。 ...

アート イラスト

ディズニーキャラクターがリアルの世界にいたらこんな感じ、ヴィラン編

これはなかなかカッコいいじゃないか・・・。 以前にも当ブログで紹介した、メルボルンで活動するグラフィックアートストJirka Väätäinenさんイラストを再び紹介したいです。ディズニーキャラクターを美男美女化するあのアーティストさんです。 前回の記事では、主にJirka さんによってリアル化された、ディズニーの主人降格のキャラクターを紹介しました。そのシリーズは「#RealLifeDisneyCharacters」や「#RealLifeDisneyGirls」なんかでタグ付けされています。 その記事の ...

アート 写真

実践してみたくなる、プロによるスウィートな赤ちゃんの撮影アイディア:JustGaba Photography

赤ちゃんってそのままの姿でもめちゃくちゃ可愛いけど、どうせだったらすっごい良い感じに撮りたいですよね?そんなとき、プロの現場ではどういった撮影アイディアで新生児達を撮影しているかご紹介します。 今回紹介するのは、JustGaba PhotographyのGaba Svarbuさんが実際に撮影している赤ちゃん達の写真です。 構図としては、赤ちゃんを写真の中心に配置し、周りを花などの植物で素敵に飾るスウィートな写真アイディアです。 赤ちゃんの写真ってどうやって撮ったら良いか悩んでいる人とかにお勧めしたいです。 ...

MacBook Windows ガジェット

モニターアームのようにラップトップを自由に動かせるスタンド:Loctek S1L,S2L

投稿日:8月18日 更新日:

モニターアームを調べていて出てきたラップトップ用製品。

MacBookやその他ラップトップなどのノートパソコン、机の上だけで使っていると、たまに体が痛くなっちゃう時があります。そんなとき、「スタンディングデスクなどを使えば良いよ」と聞くのですが、ラップトップ用によさげな製品がありました。

Loctek(ロックテック)が販売している、ラップトップ専用のスタンド。モニターアームライクに自由自在に高さや位置が変えらる製品だそうです。

人間工学に基づいたエルゴミックスなデザインがカッコいい!これはほしいわ!

Loctekラップトップスタンド

とりあえず、二つ見つけたのでご紹介しておきます。Loctekはモニターアームなどのデスク系のプロダクトをやっている会社で、コレもその一つです。モニターアームっぽい感じのラップトップスタンド。あの動きをラップトップに適応させちゃうということなのだ。

S1LとS2Lの違いは、アームの数だ。S1Lは柱にアームが付いていて、回転と上下が得意ってことだ。んでS2Lはアームが二つ。自由度がS1Lにくらべるとぐんと上がるということ。見た目からもわかるね。

S1LとS2Lのどちらがいいかは机の大きさなどを見て決めればよいと思います。

S1L 1

こちらがS1L。柱のタイプです。

510kNkaGHfL SL1100

そしてこちらがS2L。アームが二つある。

やっぱり机の大きさで選ぶんだろうな。見た感じS1Lでも十分に自由度があるように思える。S2Lのひとは机が大きい人用だと判断。

使い方を考えると、例えば、ちょっと物書きをしたい時にラップトップを上に上げちゃえば机がかなり広くなっちゃう。そんな使い方を想像できる。何か急激に絵を描きたくなった時とかに良いなト思う。

取り付け方式は、クランプ式とグロメット式で取り付けるっぽいので、、だいたいの机で取り付けれそうだ。クランプ式は付くに挟むタイプ。グルメット式は、ケーブルと押すようの穴が開いたデスク用の取り付け方式だ。

S1L、S2Lの使用例はこんな感じ

61baQ8RbMML SL1100

これは何かの研究機関かな?ラップトップとは別にキーボードを使っている。

617Uau5mJtL SL1100

ラップトップを上に上げて、そのしたで何か物書きをしています。

71IBWLaBi0L SL1100

スタンドに乗せたまま。ラップトップを操作できる。

61qdhd4gULL SL1100

身体がつらくなってきたら、たって作業をしたら良いのだ。

これらがS1L、S2Lの実際の導入現場かはわかりませんが、『こういうことが出来るぜ』ってのが良く伝わります。やっぱりライター作業をしていると、いつのまにか体痛くなっちゃうのでスタンディング方式で使いたい。

だからこういう感じでラップトップを自由に昇降出来るのは良いな。

あぁ、立ってPC作業いいなー。絶対必要だよね!

これぐらいヌルヌル動く


デモ映像があったのでご紹介しておきます。割とヌルヌルとアームが動いていることがわかる。これは結構いいやつだぞ-!!

S1LとS2Lのどっち?

わりと大きめな値段の差があるんだけど、もし購入を考えるとしたらS2Lがほしいな。ボクの使っている机が何気にデカイので、それを広くうまく使えるのはうれしいことこの上なし。

うーむ、コレを導入したらどれぐらい身体が楽になるんだろうか。ちょっと導入を考えてみたいです。(さてどうしようか…)








-MacBook, Windows, ガジェット
-, , , , ,

Copyright© キセノンテンター , 2019 All Rights Reserved.