アート

2Dで動くOverwatchのキャラクター達:Kyle Bunk

アメリカのFiraxis Games社で働く3DアニメーターKyle Bunkさんの2Dアート作品を紹介します。ピクセルで描かれたキャラクター達が結構動いてくれます。 Kyle Bunkさんが描く2Dアニメーションは、ブリザード・エンターテイメントの世界的に人気のアクションFPSゲーム「Overwatch(オーバーウォッチ)」の各キャラクター達です。いろいろなキャラクターがまるで格ゲーのように動いてくれます。 元々3Dのゲームだけ当てt、2Dになるとなんだか不思議な見え方もしちゃいます。古き良きゲームにに ...

アート

フルーツを素敵に擬人化したイラストアート:Marija Tiurina

これは素敵な擬人化だ! ロンドンを拠点に活動するアーティストMarija Tiurinaさんのイラストアートをこの記事では紹介します。どうやらMarija Tiurinaさんの住んでいる町には、特別な青果店が存在するらしく、日本ではあんまり見ないような果物や野菜が取り扱われているようです。 そんな色々な野菜や果物をいい感じに「擬人化」したイラストアートをさんは描いています。「え?この果物ってなんて言うの?」と、思っちゃいそうなものばかりですが、彼女が水彩画を使って表現するキャラクターはどれも素敵なものばか ...

アート イラスト

侍になったドラゴンボールキャラクター:Guillem Daudén

スペインバルセロナで活動するコンセプトアーティストGuillem Daudénさんによるイラストアートを紹介します。Guillem Daudénさんは「もしも侍になったら?」を思わせるように、鳥山明さんのドラゴンボールを「侍風イラスト」に描いてくれます。ちなみにそのときの名義は「kenji_893」です。 侍風になった孫悟空やベジータ、トランクスなど、「え、めっちゃサムライに合うじゃん」と思わせてくれるようなイラストなど。ドラゴンボールキャラクターがサムライになったらこうなるぞというイラストを紹介します。 ...

アート イラスト

ディズニーキャラクターがリアルの世界にいたらこんな感じ、ヴィラン編

これはなかなかカッコいいじゃないか・・・。 以前にも当ブログで紹介した、メルボルンで活動するグラフィックアートストJirka Väätäinenさんイラストを再び紹介したいです。ディズニーキャラクターを美男美女化するあのアーティストさんです。 前回の記事では、主にJirka さんによってリアル化された、ディズニーの主人降格のキャラクターを紹介しました。そのシリーズは「#RealLifeDisneyCharacters」や「#RealLifeDisneyGirls」なんかでタグ付けされています。 その記事の ...

アート 写真

実践してみたくなる、プロによるスウィートな赤ちゃんの撮影アイディア:JustGaba Photography

赤ちゃんってそのままの姿でもめちゃくちゃ可愛いけど、どうせだったらすっごい良い感じに撮りたいですよね?そんなとき、プロの現場ではどういった撮影アイディアで新生児達を撮影しているかご紹介します。 今回紹介するのは、JustGaba PhotographyのGaba Svarbuさんが実際に撮影している赤ちゃん達の写真です。 構図としては、赤ちゃんを写真の中心に配置し、周りを花などの植物で素敵に飾るスウィートな写真アイディアです。 赤ちゃんの写真ってどうやって撮ったら良いか悩んでいる人とかにお勧めしたいです。 ...

ガジェット レビュー

SoundPEATSのBluetoothイヤホンQ12のレビュー

投稿日:6月21日 更新日:

コスパを考えるならコレを選択するのも有りだな。

soundpeats(サウンドピーツ)さんより出ているBluetoothイヤホン「Q12」をレビューします。SoundPeatsさんの背品をいくつか聞いてきたのですが、やっぱりSoundPeatsさんの製品はコストパフォーマンスは本当によいと思います。今回のはフィット感があるなんかオーディオで、いいねこれ。まじでいい。

実際に利用してみて、そのレビューとなります。

SoundPeats Q12

レビューするのはコチラの製品。Bluetooth対応の端末なら接続可能。「高音質」「防汗」やランニングで落ち辛いような構造になっています。

イヤホンドライブ背面に磁石が取り付けられており、これにより、イヤホンの左右がくっつくような仕組みになっています。そうすると何が良いのか、じつは、ネックレスのように首に置いておける事が出来るのです。イヤホンを使わないときでも首本に置いておけるのは良い考えだ。

Bluetoothといういことで、ぶっちゃけ全く期待していなかったのですが、「悪くないじゃん」と言う印象。悪くないのです。「あれ?Bluetoothってこんな聞きやすかったっけ?」というぐらいクリアな感じ。

Bluetooth 4.1 CSR 8645チップ採用し、高音質なAPT-X(aptX)コーデックに対とかそういうのもあるみたい。

んで、ノイズカットなマイクが内蔵されていて、通話も問題なくできます。

2時間充電で最大6時間の利用が可能。十分じゃない?上等ですよ。

あとあと、フラットケーブル。いいね。カラーは2種類だ。

仕様について配下を見てほしい。

  • 対応プロファイル:apt_X,HFP, HSP, AVRCP, A2DP
  • Bluetoothバージョン:V4.1
  • ノイズキャンセル:CVC6.0
  • 通信距離:10m(障害物無し)
  • 充電所要時間:約2時間
  • 待機状態:約120時間
  • 通信状態:約6時間
  • 重さ:13.0g

Q12はこんなやつ


何となく動画を作成してみました。全体像はこんな感じです。イヤホン本体背面にある金属部分が磁力の有る部分です。これはどうじに耳から見える部分ですが、金属の感じがあって高級感があるように見えます。

Soundpeatsbluetoothearphoneq12 IMG 8825

これね。この部分。

Soundpeatsbluetoothearphoneq12 IMG 8826

あと、ボタンや充電はここにある。ボタンの機能としては音量ボタンで音量調節や曲の送り戻しなど。そして真ん中の電源ボタンでは電源のON/OFFや電話に出たりリダイヤルしたりできる。

長押しとか二回連続押しとか、ボタンはちょっとマスターしないとイケナイかも。というか、たぶん、コレ系は音量と電源ぐらいしか使わず、他はスマホ本体で操作しちゃうタイプです。

Soundpeatsbluetoothearphoneq12 IMG 8828

そして付属品。

個人的な感想として、これだけじゃれ場十分にありがたい。イヤーピースは本体に接続されているものを含めて3つ。耳に良い感じに保持してくれるイヤーフックも3種ある。付属品含め、入っているものをまとめるとこういう感じ。

  • SoundPEATS Q12 Bluetooth イヤホン本体
  • イヤ-ピース(S/M/L)※Mが初期装着
  • イヤ-フック(S/M/L)
  • キャリングポーチ
  • USB充電ケーブル
  • クリップ
  • 結束用パーツ
  • ユーザーガイド

首に巻く事を考えたらクリップがあまり必要ないような気もするきもするけど、これだけ入っていると良いよね。

やっぱコスパが良い

SoundPeatsさんの製品って、全体的にコスパが高いんだよね。日本の企業が同等のものを出すとどうしてもなんか高くなっちゃう。それがないのが良い。

もし、メーカーとかこだわり無くて、それでもBluetoothイヤホンが良いや!ってひとはSoundPeatsを選択に入れてみてはどうだろうか?








-ガジェット, レビュー
-, , , , , ,

Copyright© キセノンテンター , 2019 All Rights Reserved.