アート

2Dで動くOverwatchのキャラクター達:Kyle Bunk

アメリカのFiraxis Games社で働く3DアニメーターKyle Bunkさんの2Dアート作品を紹介します。ピクセルで描かれたキャラクター達が結構動いてくれます。 Kyle Bunkさんが描く2Dアニメーションは、ブリザード・エンターテイメントの世界的に人気のアクションFPSゲーム「Overwatch(オーバーウォッチ)」の各キャラクター達です。いろいろなキャラクターがまるで格ゲーのように動いてくれます。 元々3Dのゲームだけ当てt、2Dになるとなんだか不思議な見え方もしちゃいます。古き良きゲームにに ...

アート

フルーツを素敵に擬人化したイラストアート:Marija Tiurina

これは素敵な擬人化だ! ロンドンを拠点に活動するアーティストMarija Tiurinaさんのイラストアートをこの記事では紹介します。どうやらMarija Tiurinaさんの住んでいる町には、特別な青果店が存在するらしく、日本ではあんまり見ないような果物や野菜が取り扱われているようです。 そんな色々な野菜や果物をいい感じに「擬人化」したイラストアートをさんは描いています。「え?この果物ってなんて言うの?」と、思っちゃいそうなものばかりですが、彼女が水彩画を使って表現するキャラクターはどれも素敵なものばか ...

アート イラスト

侍になったドラゴンボールキャラクター:Guillem Daudén

スペインバルセロナで活動するコンセプトアーティストGuillem Daudénさんによるイラストアートを紹介します。Guillem Daudénさんは「もしも侍になったら?」を思わせるように、鳥山明さんのドラゴンボールを「侍風イラスト」に描いてくれます。ちなみにそのときの名義は「kenji_893」です。 侍風になった孫悟空やベジータ、トランクスなど、「え、めっちゃサムライに合うじゃん」と思わせてくれるようなイラストなど。ドラゴンボールキャラクターがサムライになったらこうなるぞというイラストを紹介します。 ...

アート イラスト

ディズニーキャラクターがリアルの世界にいたらこんな感じ、ヴィラン編

これはなかなかカッコいいじゃないか・・・。 以前にも当ブログで紹介した、メルボルンで活動するグラフィックアートストJirka Väätäinenさんイラストを再び紹介したいです。ディズニーキャラクターを美男美女化するあのアーティストさんです。 前回の記事では、主にJirka さんによってリアル化された、ディズニーの主人降格のキャラクターを紹介しました。そのシリーズは「#RealLifeDisneyCharacters」や「#RealLifeDisneyGirls」なんかでタグ付けされています。 その記事の ...

アート 写真

実践してみたくなる、プロによるスウィートな赤ちゃんの撮影アイディア:JustGaba Photography

赤ちゃんってそのままの姿でもめちゃくちゃ可愛いけど、どうせだったらすっごい良い感じに撮りたいですよね?そんなとき、プロの現場ではどういった撮影アイディアで新生児達を撮影しているかご紹介します。 今回紹介するのは、JustGaba PhotographyのGaba Svarbuさんが実際に撮影している赤ちゃん達の写真です。 構図としては、赤ちゃんを写真の中心に配置し、周りを花などの植物で素敵に飾るスウィートな写真アイディアです。 赤ちゃんの写真ってどうやって撮ったら良いか悩んでいる人とかにお勧めしたいです。 ...

レビュー

Satechiのマグネット式スマートフォンマウント2種のレビュー、形がカッコいいぞ!

投稿日:6月15日 更新日:

デザインがカッコいい。それを日常で使いこなすのはマジで至高だ。

デザインに優れたアルミ系のガジェットを取り扱っている事で有名なSatechiさんの製品をご紹介。マグネット式スマートフォンマウントの「Magnet Mount」と「Magnet Vent Mount」を今回紹介します。

マグネットが強力!使い方として、車載のマウントとして、あとは壁に取り付けてチョとしたディスプレイに良いかも知れない。そんなSatechiさんの製品です。

Satechiのマグネットマウント

一つは、こちらの製品。マグネット本体と、スマートフォンに張る、もしくはケースに入れる金属のプレートがついています。強力マグネットなので、よっぽど重い機種で無い限り、外れる事はないと感じました。

マグネットは、平らなところなら、だいたいの場所に張る事が出来そうです。

そしてもう一つの製品がコチラ。車のエアコンダクトに付けられるマグネットです。金属プレートはコチラにも付属します。

ただ、コチラには一つだけ問題があるなと感じました。それについては後記します。

とうことで、Satechiさんの製品をマグネット式スマホマウントをモニターしましたのでご紹介します。

マグネットマウントを見てみよう!

Satechimagnetmount IMG 8794

こちらがその製品。手前が「Magnet Mount」で右にあるのが「Magnet Vent Mount」です。「Magnet Mount」には3M社の両面テープが張られていて、それを付けたい場所に取り付けるタイプの奴です。そして「Magnet Vent Mount」は、車などのエアコンダクトに取り付けられる機構になっています。

ちなみに今回の製品カラーは、「スペースグレイ」と「ゴールド」を試します。もう一つカラーが有り、それは「シルバー」です。

製品は、メタルな部分がキラリと光る。もう、デザインはビューティフォーです。これが強力な磁石部分なのだ。カッコイイ。

プレートは二種類

Satechimagnetmount IMG 8798

製品には、マグネット本体、そして丸いプレートと長方形のプレートがあります。どちらにもSatechiさんのロゴがうっすら入っています。

丸いプレイの背面は3Mの両面テープが有り、コチラをスマートフォン本体に貼り付けて使います。

長方形のプレートは、スマートフォンのカバーを使う事が考えられています。薄いプレートなので、キツキツなカバーでない限り、カバーとスマートフォンの間に入る感じです。

ゴールドはこんな感じ

Satechimagnetmount IMG 8799

ゴールドのiPhone5sにゴールドのプレートを当ててみました。若干iPhoneの色合いとは違うみたいです。まぁ、他のスマートフォン(iPhone意外)でも使う事を考えたら、この当たりは気にしなくて良いかも知れない。

Satechiのマグネットマウントを使ってみた

まずは車で試してみた

スマートフォン用のカーマウントという事なので、実際に来るまで利用する例を見てみましょう。

Satechimagnetmount IMG 8785

画面中央にあるように、3Mの両面テープでマグネットを貼り付けます。よっぽど力を欠けない限り、外れないんじゃないの?というぐらい頑丈な印象。

Satechimagnetmount IMG 8786

使用例として、おそらくこのようにして、スマートフォンを固定する。これで「ナビ」アプリなんかを起動すると良いかと思います。

実際にナビをしてみたのですが、磁力の影響などは感じられず、しっかりと位置を示してくれました。おそらくスマートフォンにもよりますが、iPhoneでは磁力の影響は感じられません。

このままホームボタンを押しても特に問題なし。貼り付ける場そをホームボタン側にしているのがポイントかも知れません。

Satechimagnetmount IMG 8787

ちなみに、なにも縦位置だけではなく、横画面にしてもよいと思います。

助手席に取り付けても

Satechimagnetmount IMG 8789

「Magnet Vent Mount」を助手席側に取り付けてみました。これは車のエアコンダクトに取り付けられるので、ダクトがあればどこでもいいです。ダクトというか、薄い板があれば良いです。

Satechimagnetmount IMG 8790

助手席側ではこんな感じ。

助手席の人にもナビが見えるようになる感じに出来そうです。まぁ、使い方は色々あるという事でいいんじゃないかな?

ただし、機種の重みでエアコンダクトが下にむいてしまいます。なので、この車のようなエアコンダクトを回転できるタイプじゃないと下を向いちゃう(写真のエアコンダクトは縦向きにしている)。コレばっかりはどうしようもない。

Satechiのマグネットマウントは良い感じ

ということで、Satechiのマグネットマウントをモニターさせていただいた。マグネット本体の磁力が強力なので、マウントから落っこちるなんてことはないです。もし落とすとしたらかなり乱暴に扱っているのだと思います。あと、けっこう重い機種でもいけそうです。

Satechimagnetmount IMG 8801

また、壁に貼って、何かの通知用とかタイマーとかレシピとか色々な使用例を思い浮かべました。人によっては色々な使い方が出来るかと。

プレートを本体に貼り付ける場合、3Mの両面テープが強力すぎるので「もう外さないかなー」という時じゃないと貼り付けるのは避けたほうが良い何も知れません。今回は車載のモニターと壁に貼ってみたのですがスマートフォンはフィルムをダメにするぐらい強力にプレートが張られていました。(おぉ怖)

壁紙も3Mが強力すぎて…(壁紙は無事でした)

ちなみに、長方形のプレートを入れてカバー有りでのマウント力もしっかりとテストしました。スマートフォンの重さ、ケースの圧みによって、もしかしたらマグネットからずり落ちてしまうかも知れません。薄いケースだったらほぼ大丈夫。衝撃吸収などの分厚目のハードケースなら、iPhone 6s Plusぐらいの大きさのものは落ちちゃうカナーと。

あと、最後に。やっぱりSatechiのデザインは良いな。カッコイイよ。








-レビュー
-, , , , , , ,

Copyright© キセノンテンター , 2019 All Rights Reserved.