まだデータがありません。

日本の田舎をUnreal Engine 4でリアルに表現したCG作品:NOSTALGIC TRAIN

日本の田舎をUnreal Engine 4でリアルに表現したCG作品:NOSTALGIC TRAIN

なんだろうか、この懐かしい気持ちは…。

Unreal Engine 4(以下、UE4)というゲームエンジンを使って日本の夏の田舎を表現した映像「NOSTALGIC TRAIN」がリアルでスゴイ。なんでも「畳部屋」さんが日本の田舎の鉄道が走るオープンワールドを作るプロジェクトのワンブロックが公開されているのだ。

まるで、夏休みの田舎を思わせる世界。一日に数えるほどしか来ない単線が走る田舎の様子を思わせる物となっています。すげぇ…。

この記事では「畳部屋」さんの映像、そしてクラウドファンディングについてご紹介します。

日本の田舎を3DCGでリアルに表現

こちらが「畳部屋」さんが作った3DCG「NOSTALGIC TRAIN」です。UE4の得意とするリアルな表現で田舎町がかなりリアルに表現されている。木造駅舎、水田、草木、土の感じ、すべてのが良い感じにノスタルジックに表現されている。

Main 7e326ab2 f469 4b09 9460 f43077546a67

Main 4fcdefa3 aadc 4dcb 8b87 a5dab2add7c6

Main 1ab2fe5a d1aa 4bce 996c db69ed45c0cb

ごらんの通りに、映像で出された場所以外もいくつか出来ていて、田舎の世界を現在制作中。どこかの田舎の村的な物が最終形態なのだろう。

最終的に完成された物はこの田舎の世界を回れる体験が出来るようになっているみたいです。探索系かな?なにかストーリーモード的な物も有るみたいです。それについては、クラウドファンディングで支援した人に配られる。

クラウドファンディングについて

コチラのクラウドファンディングにて、いくつか書かれていました。

・デモ版A
内容:完成した背景の中をプレイヤーが自由に歩き回れるようにしたもの
配布予定時期:2017年末までには
配布対象者:下のデモ版Bの早期アクセスという形で、すべての有料プランにご加入いただいている方に無料配信させて頂く予定です。一般公開、販売の予定は今のところございません。

・デモ版B
内容:デモ版Aの内容(背景内を歩き回るフリーモード)に加え、ストーリーモードの体験版が入ったもの。
配布予定 時期:2018年始め
配布対象者:すべての有料プランにご加入いただいている方に無料配信させて頂く予定です。状況と手応えを見ながら、一般への有料配信を行う可能性はあります。

・完成版
内容:フリーモードに加え、ストーリーモードの完全版が入ったもの。
配布予定時期:2018年前半
配布対象者:応援プラン+の方には無料で、応援プラン加入者には割引、それ以外の方には有料で販売予定です。一般の方もデモ版B購入者は割引を適応する予定です。

無料プラン(0円)、応援プラン(300円)と応援プラン+(1000円)の3つがあって、有料プランの人がこれらの世界を体験できるようになっている。

どうも情報によれば、「畳部屋」さんは一人でこの世界を作っているらしい。この世界を体験したいのだったらこれぐらいの支援はいいものだろう。

下記はいくつかこの「NOSTALGIC TRAIN」への支援方法です。ご興味ある人は是非どうぞ。

この記事に関連する記事一覧

この記事のタグ

キセノンテンターの最新情報をゲット

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です