DJIのドローンPhantom 3を使ったウェディングムービーに「本当の音」をあてた映像が面白い

DJIのドローンPhantom 3を使ったウェディングムービーに「本当の音」をあてた映像が面白い

いや、わかってたけどね?w

DJIの有名ドローンPhantom 3を使ったウェディングムービーがDJI公式から公開されていますが、「実際にウェディングシーンでドローンを使ったらどうなるか」を表現した「DJI’s Realistic Phantom 3 Wedding Commercial」という映像をご紹介。

DJI公式が出している「DJI Phantom 3 – “Lasting Love”」という映像に、「実際のドローンの音」を足した映像。こんなのウェディンじゃ使えないなーw

DJIをディスってるわけじゃ無くて、現時点では現実的じゃ無いなと。

ドローンを使ったウェディングの真実

こちらがDJIが出しているオリジナルムービー「DJI Phantom 3 – “Lasting Love”」です。結婚式シーンをドローンを使って演出します。まるで映画のワンシーンのようなステキな映像が撮れるのです。

そして、今回ご紹介するのは次のムービー。この映像に「真実の音」を追加したバージョンです。

コチラがその映像。もう笑うしかないですわ。

ドローンってやっぱり空中に浮くためにものすごい風を発生させないとダメなんですよね。だから、映像のように実際の結婚式のシーンだと爆音が聞こえているという。

よく映像を見てもらったらわかるように、風でリボンが舞い上がってますからね。それぐらいの風量を出すんだったら絶対これぐらいの音は出ますわ。

やっぱり映像の編集って必要だなー。

映画「マトリックス」のネブカドネザル号みたいにプラズマ的な物で浮く仕組みがでるまで、静かに撮影って難しいだろうなー。

でもDJIのドローンはいつか欲しいと思うのです。

この記事に関連する記事一覧

この記事のタグ

キセノンテンターの最新情報をゲット

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です