アート イラスト

すげー!立体的コップのリアルイラストが作られていく様子!

絵を三次元的に描くことに憧れを持っていたのですが、それを更にリアルさを増すと、まるでそこに有るかのように見えてしまうのですね。 アーティストであるPortraitmaler Pabstさんによって描かれていく立体的なコップ。かなりリアルに描かれており、本当にそこに有るかのように見えます。Portraitmaler Pabstさんがそれらを描いていく過程をご覧になれます。

アート

ある角度から見ると作品が見えるようになるMichael Murphyのアート

Michael Murphyさんのアート作品。とある角度になって初めてその姿を現すアートとなっています。空間につるされた大小様々な黒いたま、とある一定の角度で、人の「目」が現れる空間を大きく使ったアートです。 Michael MurphyさんがYouTubeで公開されているいくつかのアート作品をご紹介します。その中には、バンクーバーで行われたTED開場に建設された物もあります。

アート

ファンによって作られたMGSの3Dポリゴン!

ファンの力ってすごいなーって思います! 3Dモデルを公開できるWEBサービスSketchfabにメタルギアソリッドの3Dモデルが投稿されていた! その3D内には、デフォルメされたメタルギアソリッドのキャラクターたちが存在していて、キャラクターごとにしっかりと特徴を生かされています。 今回ファンによって公開された3Dモデルは、PlayStationで販売された「METAL GEAR SOLID」の3Dモデルで、メタルギア「REX」やゲームの舞台となっている「シャドー・モセス島」がしっかりと再現されております ...

アート 映画

大学生リア充風になったディズニーやドリームワークスのキャラクター達

Tumblr内でいろいろと投稿しているPunziellaで、まるで大学生リア充になったディズニー&ドリームワークスキャラクター達の様子が公開されています。 主に、ディズニーはPixar系の映画『塔の上のラプンツェル』や『アナと雪の女王』等の主要キャラクター、たとえば「ラプンツェル」や「メリダ」や「アナ雪姉妹」などが、リア充っぷりを公開されています。 もともとリア充な気もしますが、現実世界にいたら、キットこんな雰囲気だったのでしょうね。

アニメ アート 映画

有名俳優達をコミック風にデザインするアーティスト、トニースタークやドクターストレンジ等

フェイスデザイナーXi Dingさんによる、有名俳優のキャラクターをコミック風に変えちゃうアートをご紹介。「アイアンマン」のトニースタークや、ドクターストレンジなど、主にMarvel(マーベル)系のキャラクターを良い感じにトゥーンしてくれる。 とにかくできあがったモノが良い感じ!! どこかディズニーっぽいのも良い感じ。 もちろん、マーベル以外の作品もあるんだけど、それらすべて、特徴をよく捉えている。

おもしろ動画

ほとんどの部品が木材で作られた自転車の作り方

投稿日:

これはなかなか夢を感じさせてくれる映像ではないでしょうか。

クラフト系YouTubeチャンネルのThe Qというものがありまして、このチャンネルではダンボールなどの身近なモノを使って手軽に作れるモノから、メチャクチャ凝っている馬鹿げた作品まで色々とクラフトされています。

そんなThe Qより、そのメチャクチャ凝っているレベルの映像を今回ご紹介したいと思います。



普段目にするであろう「自転車」…これってフレームの金属とか、タイヤのゴムとか色々なアイテムが組み重なって作られてますよね?The Qはこれを今回作るんです。

木材から。

The Qは本当に馬鹿げたことをやってくれました。それでもスゴイのは確実です。木材から、自転車を作ってしまったのです…。

さすがに一部のパーツは金属なのですが、9割9分ほどの部品がすべて木材で構築されている自転車…それの作り方の映像を紹介したいと思います。

木材から自転車を作る方法

ということで、コチラがその例の動画です。動画タイトルにもあるようにコチラの木製自転車を作るのに、なんと200時間かかっているという…。

How to Make a Wooden Bike for 200 Hours 4 20 screenshot 1500x843

How to Make a Wooden Bike for 200 Hours 1 20 screenshot 1500x843

How to Make a Wooden Bike for 200 Hours 2 27 screenshot 1500x843

200時間…それもそのはずです。自転車を構成しているパーツ一つ一つを地道に作り上げて言っているからです。さすがに木材自体は材料として売ってあるモノからナノですが、それらを組み合わせて一つ一つパーツを作り、くみ上げていく手法を使ってるんですね。

さすがにギアまわりやチェーン周りは素材がぶつかるところなので金属部品は使われていますが、やっぱりこれだけ作り上げてしまうのがスゴイ。

そして、動画後半、完成した自転車で本当に走れちゃっているのもスゴイです。

モノが作られていく過程を知ること

The Qの映像は「ものづくり」の刺激を当ててくれる映像ばかりです。例えば今回の自転車で言うと、「自転車を構成するのにこれだけ部品が必要なんだ」と改めて認識させられました。普段は「完成品」だけを見ていたのですが、こうやってパーツ一つ一つを見ていけば、なんだか「構成されているモノ」が面白いんですよね。

ましてや、今回は自転車の機能としてはブレーキ的な物とかは積んでないので、本来の自転車はもっとパーツがたくさん使われているんでしょうね。

そういった気づきを、学びを与えてくれる。それがThe Qなんですよ。

やっぱりものづくりって楽しいです。メイキングって楽しいです。

もし、そう言う映像が好きなら、是非ともThe Qの他の映像も見てみよう。

超絶オススメです。

The Qはコチラ








-おもしろ動画

Copyright© キセノンテンター , 2019 All Rights Reserved.