アート イラスト

すげー!立体的コップのリアルイラストが作られていく様子!

絵を三次元的に描くことに憧れを持っていたのですが、それを更にリアルさを増すと、まるでそこに有るかのように見えてしまうのですね。 アーティストであるPortraitmaler Pabstさんによって描かれていく立体的なコップ。かなりリアルに描かれており、本当にそこに有るかのように見えます。Portraitmaler Pabstさんがそれらを描いていく過程をご覧になれます。

アート

ある角度から見ると作品が見えるようになるMichael Murphyのアート

Michael Murphyさんのアート作品。とある角度になって初めてその姿を現すアートとなっています。空間につるされた大小様々な黒いたま、とある一定の角度で、人の「目」が現れる空間を大きく使ったアートです。 Michael MurphyさんがYouTubeで公開されているいくつかのアート作品をご紹介します。その中には、バンクーバーで行われたTED開場に建設された物もあります。

アート

ファンによって作られたMGSの3Dポリゴン!

ファンの力ってすごいなーって思います! 3Dモデルを公開できるWEBサービスSketchfabにメタルギアソリッドの3Dモデルが投稿されていた! その3D内には、デフォルメされたメタルギアソリッドのキャラクターたちが存在していて、キャラクターごとにしっかりと特徴を生かされています。 今回ファンによって公開された3Dモデルは、PlayStationで販売された「METAL GEAR SOLID」の3Dモデルで、メタルギア「REX」やゲームの舞台となっている「シャドー・モセス島」がしっかりと再現されております ...

アート 映画

大学生リア充風になったディズニーやドリームワークスのキャラクター達

Tumblr内でいろいろと投稿しているPunziellaで、まるで大学生リア充になったディズニー&ドリームワークスキャラクター達の様子が公開されています。 主に、ディズニーはPixar系の映画『塔の上のラプンツェル』や『アナと雪の女王』等の主要キャラクター、たとえば「ラプンツェル」や「メリダ」や「アナ雪姉妹」などが、リア充っぷりを公開されています。 もともとリア充な気もしますが、現実世界にいたら、キットこんな雰囲気だったのでしょうね。

アニメ アート 映画

有名俳優達をコミック風にデザインするアーティスト、トニースタークやドクターストレンジ等

フェイスデザイナーXi Dingさんによる、有名俳優のキャラクターをコミック風に変えちゃうアートをご紹介。「アイアンマン」のトニースタークや、ドクターストレンジなど、主にMarvel(マーベル)系のキャラクターを良い感じにトゥーンしてくれる。 とにかくできあがったモノが良い感じ!! どこかディズニーっぽいのも良い感じ。 もちろん、マーベル以外の作品もあるんだけど、それらすべて、特徴をよく捉えている。

クラウドファンディング

ゴリラポッドの代わりになりそうな手持ち三脚:SwitchPod

投稿日:

海外YouTuberが自撮りするときによく使われているゴリラポッドという三脚をご存じだろうか。ゴリラポッドは、脚の部分が具なぐなと動くことにより、三脚としての公開外に、ポールに巻き付けたり、手に持って自撮り的な感じで使えるようになっています。

なので自撮りをするYouTuber達は、だいたいゴリラポッドを使って一眼レフなどで自撮り映像を撮ってきました。

そんなゴリラポッドの尊厳を奪いかねないアイテムが、クラウドファンディングKickstarterに登場しました。

その名は「SwitchPod」。

三脚として、自撮りアイテムとしての機能をスイッチしてくれる撮影アイテムです。

自撮りと三脚をスイッチするアイテム:SwitchPod

あえて、公式動画ではなく、写真系海外YouTuberとしてお馴染みのPeter McKinnonの映像をご紹介します。

こちらの映像では、SwitchPodの魅力をつらつらと語られています。

おそらく宣伝用の映像なのでかなりSwitchPodを褒めていますが、ゴリラポッドで「煩わしい」と思われていた点を解消させたのがSwitchPodです。

たとえば、先の「カメラの顔に向けての自撮り」と「テーブル三脚として使う」の2点で考えると、たしかにゴリラポッドだとそれの切り替えが非常に面倒です。

ゴリラポッドのぐにゃぐにゃを適正な形に曲げて上げて、自撮り棒として、そしてテーブル三脚として切り替えます。

それをSwitchPodなら1秒以内に行えるということです。なのでネーミングに「Switch」って入ってるんでしょうね。


先の2点の使い方をしていた人ならきっとSwitchPodは気になっちゃうはずで、脱ゴリラポッドの流れに乗れちゃうのでしょうね。

SwitchPodの脚の開閉

SwitchPod Product Photos Jan 2019 39 1500x1000

SwitchPodの魅力は、やはり切り替えの速さでしょう。

アルミ合金の脚の部分には、磁石が埋め込まれており、脚の開閉がイイカンジになってくれています。脚もけっこう丈夫で45kgでも耐えてくれるとのことです。

SwitchPodの一番の魅力で、購入者が気になる肝でもあるこのシステム。個人的にはまだ「ゴリラポッドで良いんじゃね?」とは思います。

ただ、「手持ち」を考えて作られている三脚だけあって、グリップ感は見た目からしてもけっこう良さそうです。

様々なアクセサリーをマウント

SwitchPod Product Photos Jan 2019 74 1500x999

SwitchPod Product Photos Jan 2019 79 1500x999

アルミ合金製の脚の側面には1/4の穴がもうけられており、様々なカメラ関連のアイテムをマウントさせられます。拡張性があることは非常に好ましいので、この仕様は割とGoodです。この辺りもゴリラポッドには勝ってますね。(※ゴリラポッドには拡張させるオプションがある)

ただ、写真を見て判るとおり、マウントさせると、脚の開閉が制限されるようです。この辺りは「うーん?」となっちゃいそう。

SwitchPodはめちゃくちゃ薄くなる

SwitchPod Product Photos Jan 2019 62 1500x1000

SwitchPodはゴリラポッドと違い、「たためる」ので非常に薄くなります。そのおかげでちょっとした雑誌の入る隙間さえ有れば鞄の中に入れ込めちゃうのです。

この辺りはゴリラポッドのようなかさばるアイテムからすると圧勝している点ですね。

上記写真を見て判るように、圧倒的に薄くなっちゃいます。SDカードより高さが無いってスゴイですね。

脱ゴリラポッドはあるのか

非常に「用途による」って感じですけど、SwitchPodは一部のユーザーにとって「脱ゴリラポッド」になるアイテムであると言えます。いくつかの点ではたしかにゴリラポッドよりも利便性はありそうですね。

個人的には、自撮りもしないし、すぐにテーブル三脚として机に置かない。そのうえ、柱にマウントさせたり、平らではない岩の上で使用したりするので「まだゴリラポッドで良いかな」とは思います。

ちなみに、Kickstarterのページでは、著名YouTuberたちによる称賛の声が載せられているので是非ともご覧頂きたい。








-クラウドファンディング
-, ,

Copyright© キセノンテンター , 2019 All Rights Reserved.