アート イラスト

すげー!立体的コップのリアルイラストが作られていく様子!

絵を三次元的に描くことに憧れを持っていたのですが、それを更にリアルさを増すと、まるでそこに有るかのように見えてしまうのですね。 アーティストであるPortraitmaler Pabstさんによって描かれていく立体的なコップ。かなりリアルに描かれており、本当にそこに有るかのように見えます。Portraitmaler Pabstさんがそれらを描いていく過程をご覧になれます。

アート

ある角度から見ると作品が見えるようになるMichael Murphyのアート

Michael Murphyさんのアート作品。とある角度になって初めてその姿を現すアートとなっています。空間につるされた大小様々な黒いたま、とある一定の角度で、人の「目」が現れる空間を大きく使ったアートです。 Michael MurphyさんがYouTubeで公開されているいくつかのアート作品をご紹介します。その中には、バンクーバーで行われたTED開場に建設された物もあります。

アート

ファンによって作られたMGSの3Dポリゴン!

ファンの力ってすごいなーって思います! 3Dモデルを公開できるWEBサービスSketchfabにメタルギアソリッドの3Dモデルが投稿されていた! その3D内には、デフォルメされたメタルギアソリッドのキャラクターたちが存在していて、キャラクターごとにしっかりと特徴を生かされています。 今回ファンによって公開された3Dモデルは、PlayStationで販売された「METAL GEAR SOLID」の3Dモデルで、メタルギア「REX」やゲームの舞台となっている「シャドー・モセス島」がしっかりと再現されております ...

アート 映画

大学生リア充風になったディズニーやドリームワークスのキャラクター達

Tumblr内でいろいろと投稿しているPunziellaで、まるで大学生リア充になったディズニー&ドリームワークスキャラクター達の様子が公開されています。 主に、ディズニーはPixar系の映画『塔の上のラプンツェル』や『アナと雪の女王』等の主要キャラクター、たとえば「ラプンツェル」や「メリダ」や「アナ雪姉妹」などが、リア充っぷりを公開されています。 もともとリア充な気もしますが、現実世界にいたら、キットこんな雰囲気だったのでしょうね。

アニメ アート 映画

有名俳優達をコミック風にデザインするアーティスト、トニースタークやドクターストレンジ等

フェイスデザイナーXi Dingさんによる、有名俳優のキャラクターをコミック風に変えちゃうアートをご紹介。「アイアンマン」のトニースタークや、ドクターストレンジなど、主にMarvel(マーベル)系のキャラクターを良い感じにトゥーンしてくれる。 とにかくできあがったモノが良い感じ!! どこかディズニーっぽいのも良い感じ。 もちろん、マーベル以外の作品もあるんだけど、それらすべて、特徴をよく捉えている。

おもしろグッズ

防塵、防滴、冒険家のためのラップトップケース:DRYCASE

投稿日:

スマートフォンやアクションカメラには「防塵、防滴」なんてケースや機能がついていますが、MacBookをはじめとしたラップトップはそういった機能がついていません。そこで、そういった機能があるラップトップケースを紹介します。

今回紹介するアイテムは、「冒険家のため」に用意されたTEAM SUBTECHのラップトップケース「DRYCASE」です。防滴、防塵、に加え、耐衝撃性があるラップトップケースとの触れ込みがあります。

例えばプールのような水が飛び交う場所、例えば浜辺のような砂場がたっぷりある場所、そんな場所でこのラップトップケースは役立ってくれるとのことです。

冒険家以外にもアクティビティを楽しむブロガーやノマドユーザーなんかにもこのラップトップケースは合いそうです。

防塵、防滴なラップトップケース

こちらがTEAM SUBTECHが用意したおしゃれにDRYCASEを紹介する映像です。TEAM SUBTECHは様々なアクティビティに対応するバッグやカメラケースなんかを造っている会社です。そんなTEAM SUBTECHだからこそ作れたラップトップケースがDRYCASEってことになります。

YouTubeチャンネルを見てもらったらわかりますが、自分たちがそもそものアクティブな連中みたいです。自分たちに必要なものを造ってるって感じですね。

DRYCASEはケースの表面に撥水性のある加工がされています。さらに、ジッパー部分には、水が侵入できないものが使用されています。あくまで「防滴」であって、水にどっぷり浸かることは無理ですけど、雨ぐらいの水だったら侵入を防ぐような機構になっているようです。

ラップトップケースの重さは、400gほどで、決して重いと思える重さではありません。というか、むしろ「軽く」、それでいて防塵防滴だというのです。

耐衝撃については、記載はあるものの「どれぐらいの衝撃に耐えれるか」が記載されてなかったので「そういった表記があった」程度に考えておいたほうが良いかもしれません。

DRYCASEはPCだけ持ち歩く人に有りなんじゃない?

カバンのような大きな物を持たず、PC片手に作業をしちゃうスタイルの人、そういう人にDRYCASEは合いそうです。色々なアクティビティをする人、ぜひとも手に入れてみてはどうでしょうか?

いちおう、日本のAmazonでも在庫はありましたが、定価が49ドルと考えるとかなり割高で販売されています。

個人で輸入するなり米Amazonで手に入れてみるのも良いかもしれません。

DRYCASE | SUBTECH SPORTS

DRYCASE  並行輸入品

DRYCASE  並行輸入品

22,065円(06/16 20:00時点)
Amazonの情報を掲載しています








-おもしろグッズ
-,

Copyright© キセノンテンター , 2019 All Rights Reserved.