アート

世界中にある「アート」をご紹介。素敵な世界を提供できます。

0view

2019/1/15

実践してみたくなる、プロによるスウィートな赤ちゃんの撮影アイディア:JustGaba Photography

赤ちゃんってそのままの姿でもめちゃくちゃ可愛いけど、どうせだったらすっごい良い感じに撮りたいですよね?そんなとき、プロの現場ではどういった撮影アイディアで新生児達を撮影しているかご紹介します。 今回紹介するのは、JustGaba PhotographyのGaba Svarbuさんが実際に撮影している赤ちゃん達の写真です。 構図としては、赤ちゃんを写真の中心に配置し、周りを花などの植物で素敵に飾るスウィートな写真アイディアです。 赤ちゃんの写真ってどうやって撮ったら良いか悩んでいる人とかにお勧めしたいです。 ...

0view

2019/1/4

ポップキャラクターと原型を混ぜたイラストアート:Super A

例えばワーナー・ブラザーズの人気キャラクター、トゥイーティ等のポップキャラクターには元となる原型がそれぞれ存在してます。 トゥイーティにおいては「黄色い鳥」が元となっていると言えますね。 上記写真はまさにそんなポップキャラクターと原型を混ぜ混ぜしたイラストアート作品なのです。 こんな感じで、オランダを拠点とするアーティストSuper Aは、ポップキャラクターとその元となっている「原型」を混ぜたイラストアートを描いています。 Super Aのターゲットとなったのは、ディズニーの王様「ミッキーマウス」からはじ ...

0view

2018/11/25

水を表現したハイパーリアリズム:Aqua by Reisha Perlmutter

ハイパーリアリズムという、絵をより現実っぽく見せるジャンルのアートがある。今回はそんな「ハイパーリアリズムアート」を書いている人を紹介したい。 「写真じゃ無いの?」と突っ込みたくなるレベルで「水」の表現が素晴らしいアメリカ人アーティストReisha Perlmutteさん。彼女の描く「Aqua」シリーズは、とにかく水の表現がかなりリアルなのだ。特に水の中で漂う、浮遊感のある女性を描いているのがスゴイ。 絵で水を表現出来るってのもスゴいけど、その描かれたハイパーリアリズム自体がとにかくステキ。水の動き、水に ...

106view

2018/11/15

ポケモンが現実世界に居たらこうなる?Joshua Dunlopの描くアート

2019年にリアルにポケモンを表現した『ポケモン 名探偵ピカチュウ』がハリウッドからやってこようとしているが、それの前にリアルなポケモン達を見て少しならしておこう。 ポケモンってゲームやアニメで可愛らしい印象を持っていたのに…まさかのリアルテイストバージョンですからね。 すこしだけ「グロイ」ようにも見えてしまいますが、実際にポケモンが居たら、きっとこんな容姿なんだろうなーというイラストアートを紹介。 このアートを作ったのは、ロンドンを拠点に活動するJoshua Dunlopさん。彼は様々な3Dモデルを作っ ...

53view

2018/8/17

イタリアのウフィツィ美術館が彫刻品の3DをWEBで公開し、300体以上が見放題に!

コレはスゴイ、コレはチャンスとして是非とも見当て欲しいな。 イタリア、フィレンツェにあるウフィツィ美術館(Galleria degli Uffizi)とアメリカにあるインディアナ大学(Indiana University)が協力し古代の遺物や彫刻品を3Dで観覧可能になりました。 WEB上でサイト「The Uffizi Digitization Project」が新たに開設され、海外に旅行せずともそういった作品に触れることが出来ちゃうのだ。 このWEBサイトについてはインディアナ大学の副学長Fred H. ...

106view

2018/8/17

平面を立体的に見せるジオメトリックアート:Katy Ann Gilmore

一発で引き込まれてしまった魅力的なアートを作るアーティストをご紹介します。 ロサンゼルスを拠点に活動するアーティストKaty Ann Gilmore(ケイティ・アン・ギルモア)さんのアートは、平面にたくさんの無数の「線」を描き、その線の集合体がまるで立体的なモノに見えてくるといった錯覚アートです。 ジオメトリックに配置されたそれぞれの線が、人間の脳に刺激を与えてくれる。 線をああいう風に並べるだけで、人間の目を通して、立体的なモノを想像させてくれるというというふしぎなモノ。その作られたモノを見れば、錯覚し ...

0view

2018/7/20

大理石が使われたとても贅沢なアナログ迷路:A MAZE

独創的な創作物を生み出すアーティストMarco Iannicelliによる贅沢な迷路をご紹介したい。 「A MAZE」と名付けられたそれは、大理石をベースに使われ、終わることの無い迷路を作り上げた。ジョイスティックを操作し、溝の掘られた円形の大理石を操作する。溝の中には鉄の玉が入っていて、大理石の溝の中をかけめるぐのだ。 タイトルは「迷路」だが、終わりはなく、自分で目標を設定しないと正直意味の無い迷路なのかも知れない。 それでも「大理石」という素材を使うことで、このアートに神秘性が増し、そのゴールをめぐれ ...

153view

2018/6/11

大きな収納、北欧デザインがすてきな多機能ワークスペース:Köllen Eget

やっぱりワークスペースもオシャレな方が良いと思う。だから今回紹介するような製品を知って欲しいなと思います。 Paula Terra BoschがデザインしたKöllenEgetデスク。様々な多機能で、ユーザー個々にパーソナライズされた雰囲気を作り出すワークスペースです。ヨーロッパ北部のスカンディナヴィア地方のデザインスタイルと美しく調和したデスク。ユニークで革新的な様々な機能が用意されている。 ただ、テーブルとして使うより、色々な機能が付いていた方がやっぱり良いよね…!!って感じのテーブルです。デザインも ...

253view

2018/6/7

LAを拠点に活動!!カッコよすぎるガイコツのパフォーマー

ロサンゼルスにこんなカッコイイパフォーマーがいるのか…。 LAを拠点に活動するガイコツ・ドクロのお面をかぶったメチャクチャカッコイイパフォーマーがいたのでご紹介する。このパフォーマー、己もカラフルなマスクに服装で、カラフルな煙を振りまいてる姿がメチャクチャカッコイイ。 まるで、コンゴ共和国のあのカッコイイ集団「サプール」のようなド派手な衣装で、更にド派手なパフォーマンス。こんなカッコイイヤツ…見たことない!! 写真の切り取り方も最高にカッコイイ。煙がこんなにカッコよく見えるなんて…。 ドクロマスクの中の人 ...

290view

2018/5/15

フリーのメカデザイナーの描くディストピアとサイバーパンクが渦めくイラスト:E wo kaku Peter

日本の金沢在住のフリーメカデザイナーE wo kaku Peterの描くどこか未来的で、ディストピアとサイバーパンクが入り交じったようなガジェットイラストがめちゃくちゃグッとしたので紹介したい。 架空のアイテム達なんだけど、メチャクチャ魅力的な造形をしていて、惹かれてしまう。 例えば、上記写真は、架空の「公衆ツイッター」。現代では、限られた場所にしか設置されていない公衆電話のツイッターバージョン。デザインもさることながら、この発想がスゴく魅力的だ。

284view

2018/5/6

有名俳優達をコミック風にデザインするアーティスト、トニースタークやドクターストレンジ等

フェイスデザイナーXi Dingさんによる、有名俳優のキャラクターをコミック風に変えちゃうアートをご紹介。「アイアンマン」のトニースタークや、ドクターストレンジなど、主にMarvel(マーベル)系のキャラクターを良い感じにトゥーンしてくれる。 とにかくできあがったモノが良い感じ!! どこかディズニーっぽいのも良い感じ。 もちろん、マーベル以外の作品もあるんだけど、それらすべて、特徴をよく捉えている。

580view

2018/4/19

アルミ缶をアーティスティックデザインにトランスフォームさせちゃう男:Noah Deledda

デトロイト生まれのアーティスト、Noah Deledda(ノア・デルデダ)による、とんでもないかっこいいアートを紹介。そのアートの元となっているのは、古いアルミの空き缶。手作業で凹凸をつけていき、アルミ缶をアーティスティックな彫刻に変貌させる。 まさか、アルミ缶がここまでデザイン性のある物体にリサイクルされるとは誰が予想できただろうか。魅力的な造形、統一の取れたデザイン。メチャクチャ素敵じゃん!! アルミ缶の金属感と規則正しく並べられたパターン、それらがマッチしてスゴイ作品になっちゃった。

283view

2018/2/26

引くぐらい似ている「ドク博士」のフィギュアを作っていく様子

いやはや、コレは脱帽だ!! 彫刻家Juliana Lepineが作り出す粘土のフィギュア。彼女は、映画『バック・トゥー・ザ・フューチャー』(1985年、ユニバーサルスタジオ)に出てくるキャラクター、ドク博士(エメット・ブラウン、役クリストファー・ロイド)を粘土で作り上げる。 Juliana Lepineのフィギュアの作り方は、まず頭蓋骨を取り出し…、ちょっとグロテスクであるが、そのくみ上げ方が面白いので観て欲しい。

509view

2018/1/6

細部まで作り込まれたミニチュアアート:kiyomi

とても小さい世界だけど、かなりステキだな。 ハンドメイド家具を趣味で作っているkiyomi(petipetit)さん。ハンドメイドでとても細かなミニチュアなアンティーク家具、ミニチュアなスイーツなどを作っている二児の主婦だそうだ。そんなkiyomiさんのInstaramに素晴らしい作品がたくさん公開されていたのでご紹介させていただきたい。 アンティーク好きな人、ミニチュア好きな人、どちらにも刺さるアート作品です。

593view

2017/12/28

めっちゃこだわってるLEGO製のマスタングGT350HのRCカー

スゴイこだわってるよコレ…。 LEGOテクニック系のLEGO RCカーでカスタムされたシェルビー・マスタングのGT350Hを作っちゃった人が入る。黒ボディにゴールドのストライプ。おまけに色々な可動式ギミックやV8エンジンなど…こだわり抜かれた一級品をご覧あれ。 いやー、LEGOビルダーってスゴイものつくりまくっちゃうね!!あのマスタングがまさかLEGOで、なおかつRCカーでしかも、GT350Hっていうね…。

497view

2017/10/23

鉱石のような昆虫アート:Nozomi

まるで「ビスマス」鉱石を思わせる昆虫…のアート作品。コチラはパリで活動する日本人デジタルアーティストNozimiさんによるアート作品です。3Dモデルを作り出し、ソレを3Dプリンターで出力、そして組み立ててラッカーで塗って出来上がったのがコレなのだ。 いやー、なんとも不思議。まるでRPGに出てくるような幻想的な昆虫のアート作品なのだ。 こういうフィギュア合ったら良いな。合ったら欲しい。

Copyright© キセノンテンター , 2019 All Rights Reserved.