アート イラスト

まさにバッドエンド!ディズニーキャラの悪役がもしも勝ってしまったら…。

とても見ていて胸を痛めてしまいます。いくつかのディズニー映画に登場する悪役(ヴィラン)が「もしも映画内で勝ってしまったら?」をイラスト化した、DeviantArtユーザーのjustin-mctwispさんの作品をご紹介します。 正直、イラストを拝見した時に「胸くそ悪い」と思ってしまうほど、映画に詰まっている愛をぶち壊すほどの内容です。まさに「バッドエンド」な結果になってしまった、ディズニーキャラクター達をご覧下さい。

LEGO アート

LEGOで作ったターンテーブルがしっかりとレコードを鳴らしている

LEGOって何でも出来ちゃうんですね!韓国人のLEGO愛好家であるHayarobiさんが、LEGOをつかったターンテーブル「The Planet」を作り上げました! タダ回転するだけでなく、しっかりと音まで鳴らせてしまうらしいです。カートリッジにはオーディオテクニカのものが使われているから、しっかりと鳴らせてくれるというものです。 いやー、LEGOって何でも出来る物だと思ってましたが、ターンテーブルまで作っちゃうとはすごいですね!それでは、HayarobiさんのLEGOターンテーブル「The Planet ...

アート

自室をバンクシー美術館に出来ちゃうウォールステッカー

イギリスのロンドンを中心に活動する覆面アーティスト「バンクシー」(Banksy)。彼の作品は、社会風刺的グラフィティアートなストリートアート作品を世界各地でゲリラ的に行っちゃう。有名美術館に自身の作品を勝手に置いちゃうなどのパフォーマンスで、「芸術テロリスト」なんて呼ばれ方もしている。 そんなバンクシーの作品にはどこか魅力的なとこが有り、ソレの価値を思う人もいるようです。2007年2月に行われたサザビーズ主催のオークションでは、バンクシーの作品計6点が総額37万2千ポンド(日本円で約8500万円以上)で落 ...

アート

細かい切り絵に惚れちゃうな。Suzy Taylorの切り絵アート

ネットを散策していたら、素敵な切り絵氏を見つけました。こちらのドクロの切り絵を作ったのはスージー・テイラー(Suzy Taylor)さん。Facebookページ(Folk Art Papercuts名で活動)やEtsyでこれらの作品を見ることが出来ます。 切り絵ってどこからがプロなのかわかりませんが、全ての切り絵を行う人を尊敬しています。良くこんな細かいことできちゃうなーと。ということで、スージーさんの作品をいくつかご紹介します。主にFacebookからのご紹介です。

アート

Processingで作成した美しいGIFアニメーション

Processingを使って作られた美しいGIFアニメーションを公開しているdave whyteさんの作品をご紹介します。規則正しく動くアニメーションは半永久的に観測したくなってきます。 Processingとは Processing(プロセシング)は、キャセイ・レアス(英語版)(Casey Reas)とベンジャミン・フライ(英語版)(Benjamin Fry)によるオープンソースプロジェクトであり、かつてはMITメディアラボで開発されていた。電子アートとビジュアルデザインのためのプログラミング言語であり ...

ガジェット

ゼンハイザーの完全ワイヤレスイヤホンMOMENTUM True Wirelessがクール

投稿日:

オーディオメーカーSennheiser(ゼンハイザー)が高音質ヘッドホンシリーズMOMENTより完全ワイヤレスイヤホンのMOMENTUM True Wirelessを発売する。MOMENTUM True Wirelessの発売は11月だそうだ。

バッテリーケースから外すと4時間ほど駆動時間があり、バッテリーケースの使用でさらに8時間の利用が可能。

ゼンハイザーのイギリスのWEBサイトでの販売価格は279ポンド(日本円でだいたい3万3300円ぐらい)とされています。

ゼンハイザーの完全ワイヤレスイヤホンMOMENTUM True Wireless

Thumbnail
MOMENTUM True Wirelessの特徴としては、周囲の騒音が大きい場所であってもクリアな音声を拾えるマイクがあります。また接続するデバイスによってSiriやGoogleアイスタントを使えるので、そういった機能がいいかんじに使えると言うことです。

Thumbnail 6
イヤホンを付けたままでも周りの音を聞き取ったり、対話するときに使えるヒアリング機能。これのおかげで、車の接近などが分かるようになっている。

Thumbnail 4
デザインは、麻っぽい灰色の表面にゼンハイザーロゴが入ったケース。中を開けるとキンゾハウジングにゼンハイザーのロゴが入ったイヤホンが二つ並んでいる。磁力でイヤホンが保持されていて、蓋を開けた際にとっちらかる心配は無さそうだ。

このあたりはゼンハイザーのロゴが入っている以外は他の完全ワイヤレスイヤホンとほぼ同等だろう。ただし、やはり高級感はある。

Thumbnail 3
バッテリーケースの充電にはType-Cケーブルを有する。よくみればケーブルもゼンハイザーロゴが入っている。ゼンハイザーファン的にコレは嬉しい仕様だろう。

Thumbnail 5
イヤホンのゼンハイザーロゴが入っているところはタッチコントロール出来るらしい。さらに汗と飛沫防止仕様となっていて、スポーツシーンなどでの利用も想定されている。

また、Bluetoothのバージョンは5.0で、AACやApt-Xに対応している。まさに最先端な完全ワイヤレスイヤホンだ。

価格は妥当か

Thumbnail 2
他社製品の完全ワイヤレスイヤホンから考えると倍以上の価格設定がされているMOMENTUM True Wireless。しかし、ゼンハイザーというブランド、妥協の無い音や洗練されたデザインを考えればその価格にも納得いくのだろう。

発売は11月。財布と相談してクリスマスのプレゼントに合わせるのも良さそうだ。








-ガジェット
-, , ,

Copyright© キセノンテンター , 2019 All Rights Reserved.