アート

流木からドラゴンなどを作るJames Doran-Webbの流木アート

フィリピン島の海岸にはいくつかの流木が流れ着くことがあるそうです。アーティストのJames Doran-Webbさんは、その流木を組み合わせて、ものすごいレベルの様々な流木アート作品を作り上げている人です。 James Doran-Webbさんが作った流木の彫刻は、それはそれはまるで「生きている」かのような出来栄えで、そのすごさに目を奪われてしまうのではないでしょうか。とても良くできた造形物だと思います。 James Doran-Webbさんが製作したいくつかの流木アートが公開されていましたのでご紹介しま ...

アート 写真

ライトペインティングのプロによる美しい光の花:Hannu Huhtamo

『ライトニングペイント』と言うアートのジャンルをご存知だろうか?カメラの長時間露光機能を使って、そのシャッターを切っている間に色々な光を与えて、「光で色々と描く」ことでアートとする物だ。 カメラの設定を長時間露光で撮影するだけなので、割と誰でも簡単にチャレンジできるジャンルだったりする。 そんな『ライトニングペイント』のプロであるフィンランドのアーティストHannu Huhtamoさんが行うアートがかなりスゴイ。1枚の写真の中に、この世の物とは思えないほど美しい光で作られた花が登場している。 しかも、どう ...

アート 音楽

「雪だるまつくろ〜♪」映画『アナと雪の女王』の歌パートを実写で再現した素敵なやつ

2013年のディズニー映画(日本では2014年)『アナと雪の女王』に出てくる歌パートを実写で行ってみた素敵な動画をご紹介します。 かわいらしい「アナ」の歌う「雪だるまつくろう」(原題:Do You Want to Build a Snowman?)や、ハンスと共に歌う「とびら開けて」(原題:Love is an open door)などが実写になってとっても素晴らしくなっています。 『アナと雪の女王』ファンに是非ともご覧になって欲しいです。

アート イラスト

「父が7年かけた迷路」がすごすぎる!そしてその続編も…。

2013年ごろ、Twitterユーザーの@Kya7yさんによって投稿されたとある「迷路」。なんでも彼女の父 (野村一雄)さんによって「7年間かけて」作られたA1サイズの用紙びっしりの迷路があるという。 このすごく細かい迷路は瞬く間にTwitterの間で広がり、国内外の様々な差違とで取り上げられた事とでも有名です。また、「Spoon&Tamago」でこの迷路が販売されてい事も知っているでしょう。 さて、この話に続きが有るのをご存知だろうか?2014年ごろ、再び彼女の父が迷路を造っていることを…。

アート

影にメッセージが現れるワイヤーアート by Fred Eerdekens

一見するとぐちゃぐちゃに折り曲げられた金属のワイヤーのオブジェ。ところが、ワイヤーに光を投射し、壁に映し出されたワイヤーの影を見ると、とあるメッセージがあらわれるアート作品。この作品の製作者であるFred Eerdekensさんは、影を使ってメッセージを伝えるアート作品を作っているのです。 その一つ一のメッセージ自体も作品になっています。

レビュー

折りたためてコンパクト、スマホスタンド内蔵のBluetoothキーボード:IC-BK11

投稿日:

はぁああコンパクトの勝利!

iCleverさんから出ている折りたたみ式のBluetoothキーボードIC-BK11をご紹介します。こいつは優勝でっすわ。

このキーボードは折りたためることでコンパクトになり、場所を取らなーい。なおかつ、アルミ合金の外装でしっかり守ってくれるー。そう言うタイプのBluetoothキーボードです。しかもスマホスタンドがついている…!

対応端末としてはAndroid、Windows、iOSとあります。もちろんマルチペアリングも可能だ。

今回、軽めにこのキーボードを数日利用してみてのレビューとなってます。今回もiCleverさんからのご提供です。映像とかも作ったので合わせてご紹介しますー。

※記事に間違いがあったため訂正しました

折りたためてコンパクトなBluetoothキーボード

今回ご紹介するiCleverさんの製品はこちら。「折りたためる」「スマホスタンドがついている」「マルチペアリング可能」という特徴を持つBluetoothキーボードです。カラーはブラックとシルバーの2種類。今回はブラックバージョンをご紹介します。

iCleverさんといえば、OEM系の製品を多数出しているところ。つまりは、製品としては一定数のクオリティを保っているモノを出品しているってことです。この製品ももちろん、良い感じです。

重さは164gで折りたたんだ状態だと、46.8mm×15.7mm×203mmと結構コンパクトになるー。


ちなみに動画作ってみたのでご覧下さいー。

折りたためるコンパクトさ

Icleverbluetoothkeyboard 243A3790
これが折りたたんでコンパクトになった状態。扇子を2個並べた感じぐらいの大きさ。

ペンケース的なね。

金属の外装で、折りたためるギミックが男心をくすぐる。

開くとこうなる

Icleverbluetoothkeyboard 243A3791

キーボードを開くとこうなる。US配列で矢印キーもついている。

Fnキー(ファンクションキー)があって、それによってペアリングとかデバイスの切り替えなどが行える。オーディオの操作もFnキー関係でいじれる。ただし、自分的にはあんま使わなかった。

ってことでキーボード的なレビューを行う。

スタンドはコレ

Icleverbluetoothkeyboard 243A3793

んで、これがスタンド部分。

キーボードの上部にはギミックがあって、それがスマホスタンドになっている。

Icleverbluetoothkeyboard 243A3795
んで、こんな感じで装着可能。

一応タブレットでも試そうとしてみましたけど、やっぱりタブレットは難しそうだ。スマホぐらいの重さに対応しているって感じですわ。

キー配列はこういう感じ

Icleverbluetoothkeyboard 243A3796
キー配列をコチラに紹介しておく。

右にアルEnterとShiftの大きさがなか変だけど指を変えたら特に問題なかった。今までEnterは小指で押していたが、この大きさのキーボードなら薬指がイイカンジだった。(動画でタイピング様子を公開している)

iOSだとCapsLockが文字入力切り替え

Icleverbluetoothkeyboard 243A3797
ボクはiOSでこのキーボードを使ってきたが、文字入力切り替えにはCapsLockキーがそれに相当した。

打ち込みの内容によってはそんな頻繁に英語入力しないけど、文字入力は分かって置いた方が良いなーっておもったわ。

マルチペアリングは3つまで

Icleverbluetoothkeyboard 243A3792
マルチペアリングは3つのデバイスまで可能。FnキーとQ,W,Eを押せばすぐにデバイスを切り替えられる点は割とGoodだ。

普通に打ちやすいキーボード

Icleverbluetoothkeyboard 243A3794
実際にこのキーボードを使って記事を書いてみてますが、コレと行って突っかかるところは特にないかなーと思います。でもデスクトップやラップトップで使うより、モバイル用途の方が強いと思いますので、スマホで長文書くときに使わせて頂きます。



んで、総合的に見てこのキーボードはアリです。

コンパクトってのが良い。ノマド作業しているときは割とアリ。鞄に入れてもキーが引っかかって壊れることとか無いからね。

 








-レビュー
-, , , ,

Copyright© キセノンテンター , 2019 All Rights Reserved.