アート イラスト

まさにバッドエンド!ディズニーキャラの悪役がもしも勝ってしまったら…。

とても見ていて胸を痛めてしまいます。いくつかのディズニー映画に登場する悪役(ヴィラン)が「もしも映画内で勝ってしまったら?」をイラスト化した、DeviantArtユーザーのjustin-mctwispさんの作品をご紹介します。 正直、イラストを拝見した時に「胸くそ悪い」と思ってしまうほど、映画に詰まっている愛をぶち壊すほどの内容です。まさに「バッドエンド」な結果になってしまった、ディズニーキャラクター達をご覧下さい。

LEGO アート

LEGOで作ったターンテーブルがしっかりとレコードを鳴らしている

LEGOって何でも出来ちゃうんですね!韓国人のLEGO愛好家であるHayarobiさんが、LEGOをつかったターンテーブル「The Planet」を作り上げました! タダ回転するだけでなく、しっかりと音まで鳴らせてしまうらしいです。カートリッジにはオーディオテクニカのものが使われているから、しっかりと鳴らせてくれるというものです。 いやー、LEGOって何でも出来る物だと思ってましたが、ターンテーブルまで作っちゃうとはすごいですね!それでは、HayarobiさんのLEGOターンテーブル「The Planet ...

アート

自室をバンクシー美術館に出来ちゃうウォールステッカー

イギリスのロンドンを中心に活動する覆面アーティスト「バンクシー」(Banksy)。彼の作品は、社会風刺的グラフィティアートなストリートアート作品を世界各地でゲリラ的に行っちゃう。有名美術館に自身の作品を勝手に置いちゃうなどのパフォーマンスで、「芸術テロリスト」なんて呼ばれ方もしている。 そんなバンクシーの作品にはどこか魅力的なとこが有り、ソレの価値を思う人もいるようです。2007年2月に行われたサザビーズ主催のオークションでは、バンクシーの作品計6点が総額37万2千ポンド(日本円で約8500万円以上)で落 ...

アート

細かい切り絵に惚れちゃうな。Suzy Taylorの切り絵アート

ネットを散策していたら、素敵な切り絵氏を見つけました。こちらのドクロの切り絵を作ったのはスージー・テイラー(Suzy Taylor)さん。Facebookページ(Folk Art Papercuts名で活動)やEtsyでこれらの作品を見ることが出来ます。 切り絵ってどこからがプロなのかわかりませんが、全ての切り絵を行う人を尊敬しています。良くこんな細かいことできちゃうなーと。ということで、スージーさんの作品をいくつかご紹介します。主にFacebookからのご紹介です。

アート

Processingで作成した美しいGIFアニメーション

Processingを使って作られた美しいGIFアニメーションを公開しているdave whyteさんの作品をご紹介します。規則正しく動くアニメーションは半永久的に観測したくなってきます。 Processingとは Processing(プロセシング)は、キャセイ・レアス(英語版)(Casey Reas)とベンジャミン・フライ(英語版)(Benjamin Fry)によるオープンソースプロジェクトであり、かつてはMITメディアラボで開発されていた。電子アートとビジュアルデザインのためのプログラミング言語であり ...

ガジェット ニュース

Boseのスピーカー内蔵のサングラス「Bose Frames」

投稿日:12月7日 更新日:

オーディオメーカーのBose(ボーズ)より、スピーカーが内蔵されたサングラス「Bose Frames」の予約受付を開始した。「Bose Frames」は、スマホと繋がることにより、音楽再生やスマホの情報通知などを行えるサングラスだそうです。

発売は2019年1月の予定を予定しており、2種類のフレームデザイン「Alto」と「Rondo」を用意。価格はそれぞれ199.95ドルとされている。

Bose、スピーカー内蔵のサングラスを発表

Cq5dam web 1920 1920 1 1500x1296

「Bose Frames」は、たんにスピーカーが内蔵されているサングラスという位置づけでは無く、世界初という音声を使ったAR(拡張現実)の「Bose AR」に対応するとのことだ。

音を使ったARがあんまり想像できないんだけど、新たな体験をこのサングラス越しに行えるというのだ。

その機能は、内蔵されているモノの、現在はロックされている。スマホアプリBose Connectを介し、今後のアップデートでその機能のロック解除が行えるとのことです。

「Bose Frames」を手に入れるには?

どちらのスタイルも米Boseのお店で予約注文が可能になるそうで、さらには30日の試用期間を提供しているとのこと。

つまり、30日間つかってみて、あまり自分には必要ないと思ったのなら返せば良い…ってことなんですね。

革新的な新たなアプローチとして登場したサングラス。そうかんがえると、そういった処置をさせてくれるのは確かに嬉しい。

没入感を手に入れる

 

View this post on Instagram

 

The sound you love. Made to wear. Swipe ➡️ to meet Rondo and Alto. #BoseFrames U.S. only. Coming soon globally.

Boseさん(@bose)がシェアした投稿 -

Boseが作った新しいデバイス。

「Bose Frames」の与えてくれる新たな没入感は言ったどんな世界を見せてくれるだろう。

販売は2019年1月。興味がある人はショップを見てみよう。

BOSE FRAMES








-ガジェット, ニュース
-,

Copyright© キセノンテンター , 2019 All Rights Reserved.