アート イラスト

まさにバッドエンド!ディズニーキャラの悪役がもしも勝ってしまったら…。

とても見ていて胸を痛めてしまいます。いくつかのディズニー映画に登場する悪役(ヴィラン)が「もしも映画内で勝ってしまったら?」をイラスト化した、DeviantArtユーザーのjustin-mctwispさんの作品をご紹介します。 正直、イラストを拝見した時に「胸くそ悪い」と思ってしまうほど、映画に詰まっている愛をぶち壊すほどの内容です。まさに「バッドエンド」な結果になってしまった、ディズニーキャラクター達をご覧下さい。

LEGO アート

LEGOで作ったターンテーブルがしっかりとレコードを鳴らしている

LEGOって何でも出来ちゃうんですね!韓国人のLEGO愛好家であるHayarobiさんが、LEGOをつかったターンテーブル「The Planet」を作り上げました! タダ回転するだけでなく、しっかりと音まで鳴らせてしまうらしいです。カートリッジにはオーディオテクニカのものが使われているから、しっかりと鳴らせてくれるというものです。 いやー、LEGOって何でも出来る物だと思ってましたが、ターンテーブルまで作っちゃうとはすごいですね!それでは、HayarobiさんのLEGOターンテーブル「The Planet ...

アート

自室をバンクシー美術館に出来ちゃうウォールステッカー

イギリスのロンドンを中心に活動する覆面アーティスト「バンクシー」(Banksy)。彼の作品は、社会風刺的グラフィティアートなストリートアート作品を世界各地でゲリラ的に行っちゃう。有名美術館に自身の作品を勝手に置いちゃうなどのパフォーマンスで、「芸術テロリスト」なんて呼ばれ方もしている。 そんなバンクシーの作品にはどこか魅力的なとこが有り、ソレの価値を思う人もいるようです。2007年2月に行われたサザビーズ主催のオークションでは、バンクシーの作品計6点が総額37万2千ポンド(日本円で約8500万円以上)で落 ...

アート

細かい切り絵に惚れちゃうな。Suzy Taylorの切り絵アート

ネットを散策していたら、素敵な切り絵氏を見つけました。こちらのドクロの切り絵を作ったのはスージー・テイラー(Suzy Taylor)さん。Facebookページ(Folk Art Papercuts名で活動)やEtsyでこれらの作品を見ることが出来ます。 切り絵ってどこからがプロなのかわかりませんが、全ての切り絵を行う人を尊敬しています。良くこんな細かいことできちゃうなーと。ということで、スージーさんの作品をいくつかご紹介します。主にFacebookからのご紹介です。

アート

Processingで作成した美しいGIFアニメーション

Processingを使って作られた美しいGIFアニメーションを公開しているdave whyteさんの作品をご紹介します。規則正しく動くアニメーションは半永久的に観測したくなってきます。 Processingとは Processing(プロセシング)は、キャセイ・レアス(英語版)(Casey Reas)とベンジャミン・フライ(英語版)(Benjamin Fry)によるオープンソースプロジェクトであり、かつてはMITメディアラボで開発されていた。電子アートとビジュアルデザインのためのプログラミング言語であり ...

ガジェット

スピーカー完備のブリーフケース型レコードプレーヤー:Retro Briefcase Turntable

投稿日:

ハイテックを持ち運ぶロマン。

だいたいが据え置きタイプだと思っていたレコードプレイヤーの持ち運びできるバージョンを見つけた。

Global Gizmosという可愛らしいグッズを提供している会社の「Retro Briefcase Turntable」というターンテーブル内蔵のブリーフケース型のレコードプレイヤーだ。スタンドアロンでレコードを鳴らせるんだぜ?

見た目は完全に、少し分厚めなブリーフケースなのだが、中をパカッと開けるとターンテーブルが登場する。カラーはレッド、ブルー、ブラック、クリームの4色が用意されている。

Retro Briefcase Turntableの特徴としては、ブリーフケースの中にスピーカーが内蔵されていて、お気に入りのレコードをそのまま鳴らすことが出来るそうだ。もしくは、Bluetooth対応なので、デバイスを接続してSpotifyのお気に入りの楽曲を鳴らしてしまうなんてのもいいだろうな。

持ち運べるスタンドアロンレコードプレイヤー

Retro briefcase turntable blue 32112

Retro briefcase turntable 32110

少し分厚めのブリーフケースを開けると中からターンテーブルが登場する。

レコードのサイズを写真で見る限り、EPやLPなんかにも対応できているのが分かる。残念ながらレコードを入れるスペースはないようだが、それぐらいは別で持ち運びたい。

Retro briefcase turntable 31301

機能としては、回転速度が調節可能だそうで、33rpm、45rpm、78rpmで再生可能。レコードプレイヤーとしては基本を抑えられているのだ。

さらに、USBとPCで接続することにより、レコードをmp3に変換する機能をも有する。(スピーカーから出る音をそのまま渡すのだろう)

「スタンドアロンで動くぜ」とあるが、バッテリーなどについては記載されてなかった。仮にACアダプターが必須だとしても、この「ブリーフケース型」ってのがいいんだから特に気にはならない。

Global GizmosのRetro Briefcase Turntableは、UKのAmazonで43ポンドで売られていた。日本円にすると大体6500円だと考えると…まぁ値段から分かるとおり割と玩具なアイテムなんだろう。

音がチープだとしても、これはプレゼントとしてありなアイテムだと思う。といういか、Global Gizmosはギフトによく選ばれるメーカーなので、そういったことを考えるとこのアイテムはアリなのだろう。

音にそんなこだわらなくても、レコードを回したい。そう言う需要を生めてくれそうなアイテムであることは間違いない。

↓似た製品があったので紹介








-ガジェット
-, , ,

Copyright© キセノンテンター , 2019 All Rights Reserved.