アート

こんな折り鶴は見たことない!折り鶴をカスタマイズする人Cristian Marianciuc

折り鶴って見たことあります?ほら、あの折り紙で作られた鶴のことです。幼少の頃に折り紙で作ったりしたことありませんか?おばーちゃんに折り方を教わったりさ。 今回ご紹介するのは、オリジナルの折り鶴を公開し続けるCristian Marianciucさんの作品です。折り鶴なんだけど、なんかものすごくカスタマイズされている折り鶴なのです。 ちょっとだけデザインされた物や、外見が全く違う物まで…、Cristian Marianciucさんによる折り鶴のカスタマイズがすごいことになっています。

アート イラスト

可愛すぎる!漫画調に描かれたディズニープリンセス達

なんてこった、何でこんなにカワイイ生き物になっちゃったんだろうか!? これは、パキスタンのアーティスト、マリヤム(Maryam)さんに描かれたディズニープリンセス達のイラストです。ディズニーのタッチとは全く異なる、漫画っぽい、それでいてカワイイイラストになっちゃいましたー! こんなん、恋しないほうがおかしいよ!かわいいよ! そんなディズニープリンセス達をご紹介!

LEGO アート

LEGOビルダーにより盆栽の作り方が公開されている

写真家でありLEGOビルダーのクリス·マクベイ(Chris McVeigh)さんが販売しているLEGOキット。その中にLEGOの盆栽が合ったのでご紹介したいと思います。 クリス·マクベイさんはFacebookやTumblr(タンブラー)でLEGOの作品をいくつか公開しており、キット販売されている物は無料で組み立て方法を公開しています。

アート

大理石が使われたとても贅沢なアナログ迷路:A MAZE

独創的な創作物を生み出すアーティストMarco Iannicelliによる贅沢な迷路をご紹介したい。 「A MAZE」と名付けられたそれは、大理石をベースに使われ、終わることの無い迷路を作り上げた。ジョイスティックを操作し、溝の掘られた円形の大理石を操作する。溝の中には鉄の玉が入っていて、大理石の溝の中をかけめるぐのだ。 タイトルは「迷路」だが、終わりはなく、自分で目標を設定しないと正直意味の無い迷路なのかも知れない。 それでも「大理石」という素材を使うことで、このアートに神秘性が増し、そのゴールをめぐれ ...

アート

細部まで作り込まれたミニチュアアート:kiyomi

とても小さい世界だけど、かなりステキだな。 ハンドメイド家具を趣味で作っているkiyomi(petipetit)さん。ハンドメイドでとても細かなミニチュアなアンティーク家具、ミニチュアなスイーツなどを作っている二児の主婦だそうだ。そんなkiyomiさんのInstaramに素晴らしい作品がたくさん公開されていたのでご紹介させていただきたい。 アンティーク好きな人、ミニチュア好きな人、どちらにも刺さるアート作品です。

ガジェット

スピーカー完備のブリーフケース型レコードプレーヤー:Retro Briefcase Turntable

投稿日:

ハイテックを持ち運ぶロマン。

だいたいが据え置きタイプだと思っていたレコードプレイヤーの持ち運びできるバージョンを見つけた。

Global Gizmosという可愛らしいグッズを提供している会社の「Retro Briefcase Turntable」というターンテーブル内蔵のブリーフケース型のレコードプレイヤーだ。スタンドアロンでレコードを鳴らせるんだぜ?

見た目は完全に、少し分厚めなブリーフケースなのだが、中をパカッと開けるとターンテーブルが登場する。カラーはレッド、ブルー、ブラック、クリームの4色が用意されている。

Retro Briefcase Turntableの特徴としては、ブリーフケースの中にスピーカーが内蔵されていて、お気に入りのレコードをそのまま鳴らすことが出来るそうだ。もしくは、Bluetooth対応なので、デバイスを接続してSpotifyのお気に入りの楽曲を鳴らしてしまうなんてのもいいだろうな。

持ち運べるスタンドアロンレコードプレイヤー

Retro briefcase turntable blue 32112

Retro briefcase turntable 32110

少し分厚めのブリーフケースを開けると中からターンテーブルが登場する。

レコードのサイズを写真で見る限り、EPやLPなんかにも対応できているのが分かる。残念ながらレコードを入れるスペースはないようだが、それぐらいは別で持ち運びたい。

Retro briefcase turntable 31301

機能としては、回転速度が調節可能だそうで、33rpm、45rpm、78rpmで再生可能。レコードプレイヤーとしては基本を抑えられているのだ。

さらに、USBとPCで接続することにより、レコードをmp3に変換する機能をも有する。(スピーカーから出る音をそのまま渡すのだろう)

「スタンドアロンで動くぜ」とあるが、バッテリーなどについては記載されてなかった。仮にACアダプターが必須だとしても、この「ブリーフケース型」ってのがいいんだから特に気にはならない。

Global GizmosのRetro Briefcase Turntableは、UKのAmazonで43ポンドで売られていた。日本円にすると大体6500円だと考えると…まぁ値段から分かるとおり割と玩具なアイテムなんだろう。

音がチープだとしても、これはプレゼントとしてありなアイテムだと思う。といういか、Global Gizmosはギフトによく選ばれるメーカーなので、そういったことを考えるとこのアイテムはアリなのだろう。

音にそんなこだわらなくても、レコードを回したい。そう言う需要を生めてくれそうなアイテムであることは間違いない。

↓似た製品があったので紹介








-ガジェット
-, , ,

Copyright© キセノンテンター , 2019 All Rights Reserved.