アート

こんな折り鶴は見たことない!折り鶴をカスタマイズする人Cristian Marianciuc

折り鶴って見たことあります?ほら、あの折り紙で作られた鶴のことです。幼少の頃に折り紙で作ったりしたことありませんか?おばーちゃんに折り方を教わったりさ。 今回ご紹介するのは、オリジナルの折り鶴を公開し続けるCristian Marianciucさんの作品です。折り鶴なんだけど、なんかものすごくカスタマイズされている折り鶴なのです。 ちょっとだけデザインされた物や、外見が全く違う物まで…、Cristian Marianciucさんによる折り鶴のカスタマイズがすごいことになっています。

アート イラスト

可愛すぎる!漫画調に描かれたディズニープリンセス達

なんてこった、何でこんなにカワイイ生き物になっちゃったんだろうか!? これは、パキスタンのアーティスト、マリヤム(Maryam)さんに描かれたディズニープリンセス達のイラストです。ディズニーのタッチとは全く異なる、漫画っぽい、それでいてカワイイイラストになっちゃいましたー! こんなん、恋しないほうがおかしいよ!かわいいよ! そんなディズニープリンセス達をご紹介!

LEGO アート

LEGOビルダーにより盆栽の作り方が公開されている

写真家でありLEGOビルダーのクリス·マクベイ(Chris McVeigh)さんが販売しているLEGOキット。その中にLEGOの盆栽が合ったのでご紹介したいと思います。 クリス·マクベイさんはFacebookやTumblr(タンブラー)でLEGOの作品をいくつか公開しており、キット販売されている物は無料で組み立て方法を公開しています。

アート

大理石が使われたとても贅沢なアナログ迷路:A MAZE

独創的な創作物を生み出すアーティストMarco Iannicelliによる贅沢な迷路をご紹介したい。 「A MAZE」と名付けられたそれは、大理石をベースに使われ、終わることの無い迷路を作り上げた。ジョイスティックを操作し、溝の掘られた円形の大理石を操作する。溝の中には鉄の玉が入っていて、大理石の溝の中をかけめるぐのだ。 タイトルは「迷路」だが、終わりはなく、自分で目標を設定しないと正直意味の無い迷路なのかも知れない。 それでも「大理石」という素材を使うことで、このアートに神秘性が増し、そのゴールをめぐれ ...

アート

細部まで作り込まれたミニチュアアート:kiyomi

とても小さい世界だけど、かなりステキだな。 ハンドメイド家具を趣味で作っているkiyomi(petipetit)さん。ハンドメイドでとても細かなミニチュアなアンティーク家具、ミニチュアなスイーツなどを作っている二児の主婦だそうだ。そんなkiyomiさんのInstaramに素晴らしい作品がたくさん公開されていたのでご紹介させていただきたい。 アンティーク好きな人、ミニチュア好きな人、どちらにも刺さるアート作品です。

レビュー

AvanWoodの技術でつくられた無垢材の電子マネークリップというオシャレなもの

投稿日:

無垢な素材が入った製品を会計時に使うスタイルが素直にオシャレだな、と。

普段、電子マネーやICカードってどうやって所持しているだろうか?名札いれ?パスケース?そういったカードの入るスマホ用ケース?

人それぞれいろいろな手法がある中、今回ご紹介する木製の電子マネークリップも選択に入れてもいいと思った。というかもう僕はこれにする。

今回ご紹介するのは、そういったカードを「無垢材」で作られた電子マネークリップでホールドする製品です。無垢財は見た目が美しいカーブを描くように曲げ加工されており、グリップ感もしやすいです。

今までは財布の中で無造作に挟まれていたカード達が、このクリップによりカッコ良く決まってくれる。もちろん会計の時もね。

マネークリップであえてカードを挟むという発想。面白いじゃないか。


drip

今回は、dripから製品提供を受けてのレビューとなります。

AvanWoodの技術でつくられた無垢材の電子マネークリップ

無垢材を使った曲げ木プロダクツ STORIO(ストーリオ)
無垢材を使った曲げ木プロダクツ STORIO(ストーリオ)

無垢材の曲げ木製品「ストーリオ」。マウスパッド、名刺入れ、電子マネークリップ、万年筆ケース、メガネケース。シンプルでモダンなデザインは、ギフトや記念日のプレゼントにも最適。

続きを見る

木製品に「曲げ」をつくり出すストーリオ株式会社のAvanWood(アバンウッド)による加工技術。これまでにはなかったような無垢材の美しい曲げフォルムで表現された木製プロダクツを提供しているところです。

無垢の木目がきれいで、製品一つ一つ、顔が異なるらしい。

そんなAvanWoodの「電子マネークリップ」は、通常のマネークリップにある「クリップで挟む」というスタイルをそのまま「電子マネー」というカード類に当てはめたものだ。

見た目がかなりオシャレだ。

Avanwoodmukusmartcardsclip IMG 1179

カード類はこの無垢でできた電子マネークリップではさみ、ポケットに入れておく。そして使いたいときに「スッ」とこれを出す。とてもオシャレでスタイリッシュ感がある。

たとえば、Suica、ICOCA、WAON、nanacoなどの電子マネーをこれに挟み、改札を通ったり、会計を済ませたりするシーンを安易に想像できると思う。利用するときは、薄いマウスを持つようにイメージして欲しい。

 

この「曲げ」がよく考えられているようで、とても持ちやすい湾曲感。

 

上記写真ではダミーのカードを挟み込んでいるが、カードをだいたい3枚入れることができる。また、曲げの角度がちょうどよいのか、クレジットカードも入れることができた。

挟まれたカードは指で引けば取り外しも可能なので、カードの使う順番にクリップさせておくのもありだろう。

とにかく無垢材が美しい

Avanwoodmukusmartcardsclip IMG 1177
AvanWood「電子マネークリップ」のメイン素材となっている無垢材。とても曲げの見た目が良くて、美しいと思える。ちなみに金属のクリップ部分にはステンレスが使われている。

Avanwoodmukusmartcardsclip IMG 1176

もちろん、カードを入れる側も無垢だ。素材が素材のため、同じ見た目の製品は一つとして存在しない。そういうロマンもある。

AvanWood「電子マネークリップ」には木材の種類があり、国産のタモ、カエデ、クルミ、ケヤキとある。どうやらそれぞれ値段が異なるらしい。素材にこだわりがあるのなら、それを味わうのもよいだろう。

これをかばんの中に、ポケットの中にだけ入れておくのがもったいないとすら思える。(まじで)

「ちょうどよい」そう思えるサイズ感

Avanwoodmukusmartcardsclip IMG 1174 2

カードをクリップするだけなので製品自体はそんなに大きくない。W113×H10×D70mmとちょうどよい。

Avanwoodmukusmartcardsclip IMG 1178

iPhone 7 Plusと大きさ比較するとちょうどよい感がつたわるかな?大きくはない。かといって小さくもない。そういう大きさ。手に持ったときのホールド感は本当によい。

無垢材でオシャレに会計

今回ご紹介したAvanWood「電子マネークリップ」に普段会計で使うカードを入れておいて、会計時に「すっ」と出す。マジでその瞬間だけ自分がオシャレになる。ポケットから出した無垢材のうすいもの、そしてそれで会計ができる。周りからちょっとした「いい感じ」の視線がいただけた。

「これ、電子マネークリップクリップなんですよー」なんて心の中でちょっとだけ自慢。

無垢材で会計ができるちょっとした優越感に浸ってみるのもいい感じです。


drip

記事の評価で読者プレゼント!

記事の品質向上のためにこの記事の「記事評価」制度を取っています。下記のバナーよりアンケートにお答えいただき、記事のシェアをしてくれた方には毎月異なるプレゼントをdripよりお送りさせていただきます。皆さんの真摯な目でご評価をお待ちしております。


drip








-レビュー
-, ,

Copyright© キセノンテンター , 2019 All Rights Reserved.