アート

こんな折り鶴は見たことない!折り鶴をカスタマイズする人Cristian Marianciuc

折り鶴って見たことあります?ほら、あの折り紙で作られた鶴のことです。幼少の頃に折り紙で作ったりしたことありませんか?おばーちゃんに折り方を教わったりさ。 今回ご紹介するのは、オリジナルの折り鶴を公開し続けるCristian Marianciucさんの作品です。折り鶴なんだけど、なんかものすごくカスタマイズされている折り鶴なのです。 ちょっとだけデザインされた物や、外見が全く違う物まで…、Cristian Marianciucさんによる折り鶴のカスタマイズがすごいことになっています。

アート イラスト

可愛すぎる!漫画調に描かれたディズニープリンセス達

なんてこった、何でこんなにカワイイ生き物になっちゃったんだろうか!? これは、パキスタンのアーティスト、マリヤム(Maryam)さんに描かれたディズニープリンセス達のイラストです。ディズニーのタッチとは全く異なる、漫画っぽい、それでいてカワイイイラストになっちゃいましたー! こんなん、恋しないほうがおかしいよ!かわいいよ! そんなディズニープリンセス達をご紹介!

LEGO アート

LEGOビルダーにより盆栽の作り方が公開されている

写真家でありLEGOビルダーのクリス·マクベイ(Chris McVeigh)さんが販売しているLEGOキット。その中にLEGOの盆栽が合ったのでご紹介したいと思います。 クリス·マクベイさんはFacebookやTumblr(タンブラー)でLEGOの作品をいくつか公開しており、キット販売されている物は無料で組み立て方法を公開しています。

アート

大理石が使われたとても贅沢なアナログ迷路:A MAZE

独創的な創作物を生み出すアーティストMarco Iannicelliによる贅沢な迷路をご紹介したい。 「A MAZE」と名付けられたそれは、大理石をベースに使われ、終わることの無い迷路を作り上げた。ジョイスティックを操作し、溝の掘られた円形の大理石を操作する。溝の中には鉄の玉が入っていて、大理石の溝の中をかけめるぐのだ。 タイトルは「迷路」だが、終わりはなく、自分で目標を設定しないと正直意味の無い迷路なのかも知れない。 それでも「大理石」という素材を使うことで、このアートに神秘性が増し、そのゴールをめぐれ ...

アート

細部まで作り込まれたミニチュアアート:kiyomi

とても小さい世界だけど、かなりステキだな。 ハンドメイド家具を趣味で作っているkiyomi(petipetit)さん。ハンドメイドでとても細かなミニチュアなアンティーク家具、ミニチュアなスイーツなどを作っている二児の主婦だそうだ。そんなkiyomiさんのInstaramに素晴らしい作品がたくさん公開されていたのでご紹介させていただきたい。 アンティーク好きな人、ミニチュア好きな人、どちらにも刺さるアート作品です。

クラウドファンディング

完全ワイヤレスイヤホン搭載のiPhoneケースというアイディア:AmpPack

投稿日:

やっぱりアイディア勝負のクラウドファンディング。面白い。

クラウドファンディングKickstarterに出ていた製品をご紹介。完全ワイヤレスイヤホンとiPhone用バッテリーケースが一緒になった「AmpPack」というモノをご紹介。

「どうせつかうならスマホケースにドッキングさせてしまおうよ」的なノリなのか、iPhone用のバッテリーケースに完全ワイヤレスイヤホンをくっつけちゃう。それによってiPhone自体のバッテリー問題や、完全ワイヤレスイヤホンのバッテリー問題を一緒に解消しちゃおう…というモノ。

これだったら完全ワイヤレスイヤホン自体探さなくて良いしね。

とりあえず、目標金額はクリアしているこの製品。コンセプト映像とか色々ご紹介します。

完全ワイヤレスイヤホン搭載バッテリーケース

https://youtu.be/Pm3S5BfDs9I
こちらが今回ご紹介する「AmpPack」のコンセプト映像。雰囲気だけでも見ておいた方が良いかも。

とりあえず「AmpPack」が出来ることをまとめると…。

  • バッテリー搭載のスマホケース
  • ケース自体は2500mAhの容量
  • 完全ワイヤレスイヤホンも完備
  • Qiでワイヤレス充電が可能
  • 「True Wireless Stereo(TWS)」ではない接続方法
  • コーデックはapt-X

軽めにまとめるとこんな感じです。バッテリーケース自体は珍しくないのですが、それに完全ワイヤレスイヤホンが埋め込まれているのが今回の製品のポイント。しかも、接続方法がTWSでないってのも他の完全ワイヤレスイヤホンと違うところだろう。

TWSの特徴としては、イヤホンを左右でペアリングして、その片方とデバイスを接続して音楽を聴けるというモノ。なので、片方で受け取って、もう片方に音を送る…このとき少し遅延が起きてしまうと言う問題があった。

今回のがAmpPackが行っている手法は、両方のイヤホンをデバイスとペアリングさせるというのだ。遅延とかどうなるか分からんが、これによってそういう所も解消しそう。

 

すでにゴール金額を超えた

この記事を書いているときは、すでにAmpPackはゴール金額を迎え、あとは終了日を待つのみ(しかもこの記事を書いている日)。

日本円で830万円をゴール金額としていたので、よっぽどこの製品に自信があるのだろう。ただし、ギリギリのゴールのようだ。

製品にケチを付けてみる

さて、ゴール金額に達している製品なので、他の人はこの製品についていくつか期待があるのだろう。あえて、この製品にケチを付けてみる。

まず、今回のAmpPackはiPhone用のケースとしてiPhone 6からiPhone Xまで対応するとのこと。

 

それを踏まえて、コチラの画像を見て欲しい。この画像自体はAmpPack搭載のワイヤレスイヤホンがどんな動作を出来るか…という説明の映像です。

そんなことより、「長くない?」ってのが僕の意見。

長い。縦に長い。長すぎる…とさえ思える。本当にポケット入るの?これ。

iPhone 6や7/8あたりならわかるけど、iPhone ○Plus系って…めちゃくちゃ長くならない?

バッテリーケースってだけでも上下や分厚さが増してしまうのに、そこにさらにワイヤレスイヤホンが搭載される幅があるからね。メチャクチャ縦長だと思うしものすごく不格好だと思う。

というのがAmpPackに対してのケチ。こう言う系、あんまりデザインを気にしないガジェッターが好きそうだなと言う印象です。あくまで僕個人の意見。「あえてのケチ」なのであしからず。

やっぱバッテリーって困ってるんだろうね

クラウドファンディングを見ていくとiPhone関連はやっぱりバッテリー系が何かしら注目されている。それってiPhoneのバッテリーがダメじゃんってことを暗に言ってるんじゃ無いかなと。

うん、ダメだと思うよ。

そろそろ、革新的にリチウムイオンとかじゃ無くて何かしらのエネルギー源を搭載したiPhoneをAppleが出すべき何じゃ無いかなとおもう。

いや、Appleじゃなくても、クラファンでそういうのやれば良いんだよ。








-クラウドファンディング
-, , , ,

Copyright© キセノンテンター , 2019 All Rights Reserved.