アート

ある角度から見ると作品が見えるようになるMichael Murphyのアート

Michael Murphyさんのアート作品。とある角度になって初めてその姿を現すアートとなっています。空間につるされた大小様々な黒いたま、とある一定の角度で、人の「目」が現れる空間を大きく使ったアートです。 Michael MurphyさんがYouTubeで公開されているいくつかのアート作品をご紹介します。その中には、バンクーバーで行われたTED開場に建設された物もあります。

アート 写真

「101匹わんちゃん」の公園シーンを再現した幸せなカップル

ディズニー映画「101匹わんちゃん」の最初のシーンを覚えているだろうか?作曲家であるロジャーが、ダルメシアンの愛犬ポンゴを連れ、公園を散歩しているシーンです。同じくダルメシアン(パーディタ)を飼っているファッションデザイナーのアニータが、ポンゴのちょっとした計画でロジャーと出会うとても素敵なシーン。 そんなディズニー映画「101匹わんちゃん」を再現してしまったカップルが居るのです。 さすがに、ダルメシアンと言うわけではありませんが、両者犬を連れ、ずぶ濡れになるシーンが何だかとってもほっこり出来ちゃう写真で ...

アート

こんなにたくさんいるの?世界にいるアルビノな動物達

こちらの亀さん。一匹だけ白いカメさんがいますよね?これは「アルビノ」な亀なのです。 アルビノとは アルビノ(albino)は、動物学においては、メラニンの生合成に係わる遺伝情報の欠損により 先天的にメラニンが欠乏する遺伝子疾患がある個体である。 この遺伝子疾患に起因する症状は先天性白皮症(せんてんせいはくひしょう)、先天性色素欠乏症、白子症などの呼称がある。また、この症状を伴う個体のことを白化個体、白子(しらこ・しろこ)などとも呼ぶ。さらに、アルビノの個体を生じることは白化(はくか・はっか)、あるいは白化 ...

アート 映画

大学生リア充風になったディズニーやドリームワークスのキャラクター達

Tumblr内でいろいろと投稿しているPunziellaで、まるで大学生リア充になったディズニー&ドリームワークスキャラクター達の様子が公開されています。 主に、ディズニーはPixar系の映画『塔の上のラプンツェル』や『アナと雪の女王』等の主要キャラクター、たとえば「ラプンツェル」や「メリダ」や「アナ雪姉妹」などが、リア充っぷりを公開されています。 もともとリア充な気もしますが、現実世界にいたら、キットこんな雰囲気だったのでしょうね。

おもしろグッズ アート

もしもあの企業がスニーカーを出したら?有りそうで無かったデザインコンバース

「あの企業がスニーカーをデザインしたらどんなものだろうか?」と、ちょっとした疑問に答えてくれたのが、イタリア人デザイナーAndrea Salaminoさんです。 コンバースのスニーカーを期に、色々なブランド、例えば、Google, Facebook, Virgin, マクドナルド等の有名ブランドをスニーカーにデザインしたものです。 上記はGoogleのスニーカーのようですね!こんな感じでスニーカーがデザインされます!

クラウドファンディング

The MARQ、Quiet Carryが作り上げたカッコイイマネークリップ

投稿日:11月8日 更新日:

思わずクリックしてしまいそうになった。

「マネークリップ」という、お札やカードを挟むことで持ち運べるツール。正直言うと「財布でいいや」って思っていたのですが、クラウドファンディングKickstarterに出ていたとある製品をみて欲しくなってしまった。

これまでポケットナイフなどでも度々クラウドファンディングに出ていた「Quiet Carry」が、持ち前のクールなデザインをひっさげて、マネークリップ「The MARQ」を作り上げた。

The MARQは、いくつかのマルチツールが搭載されたマネークリップで、Quiet Carryらしい魅力的なスタイルを持っている。

おそらく、メンズは「ぐぬぬ」と反応してしまうようなアイテムであると個人的には思っている。

そんなThe MARQを紹介しよう。

マルチツールなマネークリップ:The MARQ

3991d238af17dadd27db14ccefda2b30 original 1 1500x988

The MARQのメインの機能は、「マネークリップ」だ。

Quiet Carryが作り上げてきた Everydayシリーズの新たな形で、とても美しくデザインされている。

見た目はかなり小さなアイテムではあるが、いくつかの機能があるためとても存在としては大きくなる。

F7b4aa76ef84b36d8759f5f6d5eac361 original 1500x975

The MARQはQuiet Carryが培ってきたポケットナイフの収納技術をそのまま継承していて、ツールをその中に仕込んでいる。

PRY、CUT、POPという部分があり、それぞれいくつかの役割をもたらしてくれる。

2cac48d8bf26cd536d0602e1d3d8d1e9 original 1 1500x844

Ab96f768694fb383da1453e06d4bead9 original 1 1500x844

たとえば、瓶や缶のフタを開けたり、ヒモを切ったり、段ボールの箱を開けたり出来る。ヒモについてはあんまりピンとこないがその他二つについては、毎月、毎週のどこかで必ず行っている作業でもある。

つまり、マネークリップとして使える上に、日常でのそういった役割でもこいつは使えるというのだ。



実は、恥ずかしい話、「一つの機能しか無いもの」にあまり魅力を感じないのだ。よっぽどカッコよかったり、よっぽどステキなアイテムで無いと関心を示せない。

しかし、The MARQは、見た目でも心が揺らいだし、機能を知ってトキメキがあった。そういうツールって事です。

いくつかのツールの利用シーンについては、Kickstarterにて映像が出ているためそちらをご覧頂きたい。

うーん、たまらない

生活にデザインを揃える

9b95e23f0c75a85aeaa3651f85b28cd1 original 1 1500x988

The MARQってツールを知ってからQuiet Carryを知った人も居ると思います。

Quiet Carryのヤツは、マジデッカこいいんです。

ただ、コレまでは「ナイフ」がメインであったため手を出しづらい面がありました。

今回出たThe MARQは、日常的に使えるツールとして、とても魅力的に感じます。「部屋のどこかに置いておきたいな」そう思えるツールであると言える。

ちょっと、今回のクラファンは、割と前向きに考えたい。

 

MARQが気になったらコチラ








-クラウドファンディング
-,

Copyright© キセノンテンター , 2019 All Rights Reserved.