アート

流木からドラゴンなどを作るJames Doran-Webbの流木アート

フィリピン島の海岸にはいくつかの流木が流れ着くことがあるそうです。アーティストのJames Doran-Webbさんは、その流木を組み合わせて、ものすごいレベルの様々な流木アート作品を作り上げている人です。 James Doran-Webbさんが作った流木の彫刻は、それはそれはまるで「生きている」かのような出来栄えで、そのすごさに目を奪われてしまうのではないでしょうか。とても良くできた造形物だと思います。 James Doran-Webbさんが製作したいくつかの流木アートが公開されていましたのでご紹介しま ...

アート 写真

ライトペインティングのプロによる美しい光の花:Hannu Huhtamo

『ライトニングペイント』と言うアートのジャンルをご存知だろうか?カメラの長時間露光機能を使って、そのシャッターを切っている間に色々な光を与えて、「光で色々と描く」ことでアートとする物だ。 カメラの設定を長時間露光で撮影するだけなので、割と誰でも簡単にチャレンジできるジャンルだったりする。 そんな『ライトニングペイント』のプロであるフィンランドのアーティストHannu Huhtamoさんが行うアートがかなりスゴイ。1枚の写真の中に、この世の物とは思えないほど美しい光で作られた花が登場している。 しかも、どう ...

アート 音楽

「雪だるまつくろ〜♪」映画『アナと雪の女王』の歌パートを実写で再現した素敵なやつ

2013年のディズニー映画(日本では2014年)『アナと雪の女王』に出てくる歌パートを実写で行ってみた素敵な動画をご紹介します。 かわいらしい「アナ」の歌う「雪だるまつくろう」(原題:Do You Want to Build a Snowman?)や、ハンスと共に歌う「とびら開けて」(原題:Love is an open door)などが実写になってとっても素晴らしくなっています。 『アナと雪の女王』ファンに是非ともご覧になって欲しいです。

アート イラスト

「父が7年かけた迷路」がすごすぎる!そしてその続編も…。

2013年ごろ、Twitterユーザーの@Kya7yさんによって投稿されたとある「迷路」。なんでも彼女の父 (野村一雄)さんによって「7年間かけて」作られたA1サイズの用紙びっしりの迷路があるという。 このすごく細かい迷路は瞬く間にTwitterの間で広がり、国内外の様々な差違とで取り上げられた事とでも有名です。また、「Spoon&Tamago」でこの迷路が販売されてい事も知っているでしょう。 さて、この話に続きが有るのをご存知だろうか?2014年ごろ、再び彼女の父が迷路を造っていることを…。

アート

影にメッセージが現れるワイヤーアート by Fred Eerdekens

一見するとぐちゃぐちゃに折り曲げられた金属のワイヤーのオブジェ。ところが、ワイヤーに光を投射し、壁に映し出されたワイヤーの影を見ると、とあるメッセージがあらわれるアート作品。この作品の製作者であるFred Eerdekensさんは、影を使ってメッセージを伝えるアート作品を作っているのです。 その一つ一のメッセージ自体も作品になっています。

おもしろグッズ

絶対に無くしたくない真鍮製のライター:THE LIGHTER by KNNOX

投稿日:

喫煙者の知り合いがいるのだが、よくライターを無くすそうだ。なので彼は安価に入手できるガスライターをよく持っていた。それでも無くしてしまうから困ったモノだ。

今回は、イングランドに拠点を置くKNNOXのカッコいいライター「THE LIGHTER」を紹介します。真鍮製で、見るからにカッコよく、ハイセンス。そして機能美が素晴らしい。

ボクは喫煙者では無いので、そんなにライターは必要ないんだけど、このカッコイイ形から心ときめくモノを感じさせてくれる。

例の彼にコレを教えてあげたい。「きっともうライターを無くすことは無いだろう。」そう思わせられるかっこいいライターです。

真鍮製、デザインがカッコイイライター「THE LIGHTER」

KNNOX 6 e1525352413929

この写真は、KNNOXのTHE LIGHTERのパッケージだそうだ。この写真から見て分かるように、THE LIGHTERは、最初分解された状態で届く。

真鍮製の本体に、フリント(発火石)、箱に入った芯などが見られる。

THE LIGHTERの説明によると、どうやら付属の六角レンチを使って簡単に組み立て分解が出来る仕組みらしい。そのパーツもこのパッケージに入っている。

このパッケージ自体もカッコイイってのがステキ。こう言うデザイン大好きだ。

組み立てに関して言うと、男心をくすぐってくれるのは間違いないだろう。

ハイセンスデザイン

KNNOX 22 e1525352879805

まず、これを「ライター」として認識できる人間はどれだけ存在するだろうか。

ボクの中で「かっこいいライター」と言えば「ZIPPO(ジッポ)」などを思い浮かべるが、僕の思っている「カッコイイ」の中にはTHE LIGHTERの形状は存在しない。

僕の人生上、新しいタイプのライターだってことになる。

こんなデザイン、よく思いつく。

そして、なんと言っても「真鍮」ってのが良いよね。

真鍮と言えば、使えば使うほど「緑青色」(ろくしょういろ)になっていくと言われる。レザー製品と同様に経年変化に似た大事に使っていた人だけに起きる奇跡を経験できるのだ。

このTHE LIGHTERも同様にね。

THE LIGHTERの火の付け方

37818291 244533892853128 4727198927630106624 n
KNNOX 27 e1529701384788

真鍮の二つのパーツをずらすことで、火が付けられるようになっているらしい。

なので、本体を横に置いたとしても、火がついている状態を保持できる。

ZIPPOは火がつく面が外側に出るようになっていたが、THE LIGHTERは、真鍮パーツの間に灯がともるようになっているという。

View this post on Instagram

Light. Your way.

K N N O Xさん(@knnox)がシェアした投稿 -

こちらは、KNNOXのInstagramの動画。

この動画から見て分かるように、THE LIGHTERの火の付き方は特殊な感じだ。

ボクの第一印象は「ナニコレカッコイイ」ってやつ。同じような感想を持った人は要るに違いない。

プレゼントにいかがだろう

KNNOX 28 e1525352797385

少なくとも、ボクはたばこを吸わないが、この製品に魅力を感じる。「何に使うの?」と問われれば何も答えられないかも知れないけど、ただコイツには魅力がたっぷりあるのは間違いない。

真鍮製のライター、THE LIGHTER。

イングランドのKNNOXが手がけたステキな明かりをプレゼントに上げてみてはどうだろうか?その人が喫煙者だったらなおさら良いだろう。

ちなみに、現実に戻して申し訳ないが、お値段は225ポンドだという。日本円にして、3万円だ。

ふぁー、たっけー。たけーよ。これ、買ったら絶対になくせないよ…。たっけー。

たけーなー。

でも欲しいね。良いと思うよ!








-おもしろグッズ
-,

Copyright© キセノンテンター , 2019 All Rights Reserved.