アート

こんな折り鶴は見たことない!折り鶴をカスタマイズする人Cristian Marianciuc

折り鶴って見たことあります?ほら、あの折り紙で作られた鶴のことです。幼少の頃に折り紙で作ったりしたことありませんか?おばーちゃんに折り方を教わったりさ。 今回ご紹介するのは、オリジナルの折り鶴を公開し続けるCristian Marianciucさんの作品です。折り鶴なんだけど、なんかものすごくカスタマイズされている折り鶴なのです。 ちょっとだけデザインされた物や、外見が全く違う物まで…、Cristian Marianciucさんによる折り鶴のカスタマイズがすごいことになっています。

アート イラスト

可愛すぎる!漫画調に描かれたディズニープリンセス達

なんてこった、何でこんなにカワイイ生き物になっちゃったんだろうか!? これは、パキスタンのアーティスト、マリヤム(Maryam)さんに描かれたディズニープリンセス達のイラストです。ディズニーのタッチとは全く異なる、漫画っぽい、それでいてカワイイイラストになっちゃいましたー! こんなん、恋しないほうがおかしいよ!かわいいよ! そんなディズニープリンセス達をご紹介!

LEGO アート

LEGOビルダーにより盆栽の作り方が公開されている

写真家でありLEGOビルダーのクリス·マクベイ(Chris McVeigh)さんが販売しているLEGOキット。その中にLEGOの盆栽が合ったのでご紹介したいと思います。 クリス·マクベイさんはFacebookやTumblr(タンブラー)でLEGOの作品をいくつか公開しており、キット販売されている物は無料で組み立て方法を公開しています。

アート

大理石が使われたとても贅沢なアナログ迷路:A MAZE

独創的な創作物を生み出すアーティストMarco Iannicelliによる贅沢な迷路をご紹介したい。 「A MAZE」と名付けられたそれは、大理石をベースに使われ、終わることの無い迷路を作り上げた。ジョイスティックを操作し、溝の掘られた円形の大理石を操作する。溝の中には鉄の玉が入っていて、大理石の溝の中をかけめるぐのだ。 タイトルは「迷路」だが、終わりはなく、自分で目標を設定しないと正直意味の無い迷路なのかも知れない。 それでも「大理石」という素材を使うことで、このアートに神秘性が増し、そのゴールをめぐれ ...

アート

細部まで作り込まれたミニチュアアート:kiyomi

とても小さい世界だけど、かなりステキだな。 ハンドメイド家具を趣味で作っているkiyomi(petipetit)さん。ハンドメイドでとても細かなミニチュアなアンティーク家具、ミニチュアなスイーツなどを作っている二児の主婦だそうだ。そんなkiyomiさんのInstaramに素晴らしい作品がたくさん公開されていたのでご紹介させていただきたい。 アンティーク好きな人、ミニチュア好きな人、どちらにも刺さるアート作品です。

Apple おもしろ動画

AppleのiPhoneを分解してくれる新たなロボDaisy

投稿日:

Appleが新たに発表したiPhone分解用ロボット「Daisy」(デイジー)の情報が上がっていたのでご紹介する。アップル社によれば、この分解ロボットは、毎時200枚のiPhoneを分解できるという。

このロボットを手に入れることは出来ないが、デイジーという名のロボットは役目の終えたiPhoneから「金」などの再利用できる材料をデバイスから抽出できるものだ。

2016年に発表された「Liam」の改良版だそうだ。

iPhoneを分解してくれるロボット


デイジーは、iPhoneのそれぞれのバージョンを分解可能。「Liam」が出来なかったデバイスにも対応している。先日、電力をメガソーラーパネルで100%まかなえると発表したAppleらしく、再利用できる部品を得るようにしているのだろう。

5ad916dd7708e961286b722b 750 1000

5ad916dd7708e961286b7229 750 565

5ad916dd7708e961286b722a 750 562

決して外にお披露目にならないであろう分解用ロボットDaisy。なのに、その外見はなんとエレガント。これぞAppleって感じだ。こういう裏方にまでこだわってるんだ。

環境保護団体であるグリーンピースは、Appleが古い製品をリサイクルすることを評価した。ところが同時に、頻繁に交換する必要がある製品の設計についてAppleを批判したともいう。

リサイクルロボット出すより、「修理可能でアップグレード可能な製品設計」に焦点を当てるべきだと。

だよね、ユーザー自ら修理やカスタム出来た方が良い。そうしたら、Recycleする回数も減るだろうし、長いこと使っていけるからね。ただ、そうすると売れなくなっちゃうと言うジレンマがある。いつの時代か、そういう製品設計もありえるだろうから、後は時間の問題だな。

次の記事

youtu.be-AYshVbcEmUc (1)

記事冒頭で出てきた、「Liam」については、コチラの記事で紹介してあります。ご興味ある人は、是非ご覧あれ。








-Apple, おもしろ動画
-, , ,

Copyright© キセノンテンター , 2019 All Rights Reserved.