Apple おもしろ動画

AppleのiPhoneを分解してくれる新たなロボDaisy

投稿日:

Appleが新たに発表したiPhone分解用ロボット「Daisy」(デイジー)の情報が上がっていたのでご紹介する。アップル社によれば、この分解ロボットは、毎時200枚のiPhoneを分解できるという。

このロボットを手に入れることは出来ないが、デイジーという名のロボットは役目の終えたiPhoneから「金」などの再利用できる材料をデバイスから抽出できるものだ。

2016年に発表された「Liam」の改良版だそうだ。

iPhoneを分解してくれるロボット


デイジーは、iPhoneのそれぞれのバージョンを分解可能。「Liam」が出来なかったデバイスにも対応している。先日、電力をメガソーラーパネルで100%まかなえると発表したAppleらしく、再利用できる部品を得るようにしているのだろう。

5ad916dd7708e961286b722b 750 1000

5ad916dd7708e961286b7229 750 565

5ad916dd7708e961286b722a 750 562

決して外にお披露目にならないであろう分解用ロボットDaisy。なのに、その外見はなんとエレガント。これぞAppleって感じだ。こういう裏方にまでこだわってるんだ。

環境保護団体であるグリーンピースは、Appleが古い製品をリサイクルすることを評価した。ところが同時に、頻繁に交換する必要がある製品の設計についてAppleを批判したともいう。

リサイクルロボット出すより、「修理可能でアップグレード可能な製品設計」に焦点を当てるべきだと。

だよね、ユーザー自ら修理やカスタム出来た方が良い。そうしたら、Recycleする回数も減るだろうし、長いこと使っていけるからね。ただ、そうすると売れなくなっちゃうと言うジレンマがある。いつの時代か、そういう製品設計もありえるだろうから、後は時間の問題だな。

次の記事

youtu.be-AYshVbcEmUc (1)

記事冒頭で出てきた、「Liam」については、コチラの記事で紹介してあります。ご興味ある人は、是非ご覧あれ。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

xenontenter

ブログ「喫茶店の部屋」の中の人です。ハイパー難病人ながらよろず屋なフリーランスをやっています。ライティング、エディター、コーダー、写真、色々やってますー。

人気の記事

1

な、謎なストーリーだ…。 奇妙なキャラクターを使うアニメーターFelix Colgraveによる、奇妙なショートアニメをご紹介します。 ショートアニメーションの内容は、『とにかく王冠を欲するキャラクタ ...

2

とにかくこのデザインが気に入りました。 いや、それ以外も色々と魅力的な機能もあるんですけどね。 連続再生時間が6~8時間可能な、Senzerの完全ワイヤレスBluetoothイヤホン「Senzer Q ...

3

MacBookにハイレゾ機器をつないでみて、とあることにちょっと困りました。 「あれ?再生周波数がかわらなくね?」ってやつです。 そうです。ハイレゾ対応機器を指したのにもかかわらずハイレゾ音源を聴こう ...

4

これはアカンやつだ…。 あのかわいらしいフォルムでおなじみのポケモン達をめちゃくちゃこわいテイストで描くDavid Szilagyiさんのイラストアートをご紹介します。 もはや「ポケット」が外れて、た ...

5

韓国で活動するイラストレーターであり漫画家のソク・ジョンヒョン(석정현:別名Stone house)さんのアート作品をご紹介します。 赤ん坊から始まり、少女、大人、年輩の女性、最後には老婆・・・と一人 ...

-Apple, おもしろ動画
-, , ,

Copyright© キセノンテンター , 2019 All Rights Reserved.