アート イラスト

可愛すぎる!漫画調に描かれたディズニープリンセス達

なんてこった、何でこんなにカワイイ生き物になっちゃったんだろうか!? これは、パキスタンのアーティスト、マリヤム(Maryam)さんに描かれたディズニープリンセス達のイラストです。ディズニーのタッチとは全く異なる、漫画っぽい、それでいてカワイイイラストになっちゃいましたー! こんなん、恋しないほうがおかしいよ!かわいいよ! そんなディズニープリンセス達をご紹介!

アート イラスト

どこかで歪んだ人生を歩んでしまったディズニープリンセス達のイラスト

なんということだ、いったいプリンセスに何があったのか…!? 様々な作品が公開されるDeviantArtのユーザーであるジェフリー・トーマス(Jeffrey Thomas:jeftoon01)さん。彼はDeviantArt内で「Twisted Princess」というディズニープリンセス達を使ったシリーズを公開しています。 このシリーズは、ディズニープリンセス達が、何とも言えない変貌を遂げているイラストです。例えば、あの「不思議の国のアリス」のアリスが、かなりダークな雰囲気になっていたりします…。

アート

ワイヤーで等身大のボディをかたどるRichard Stainthorpのアート作品

イギリス人アーティストRichard Stainthorpさんのワイヤーアート作品をご紹介します。Richard Stainthorpさんは、等身大の人間の「ボディ」を作っちゃう人です(一部等身大ではない)。複雑に折り込まれたワイヤーにより、人の形を模した作品たち。他にも「Angels」といて、羽の生えた人間達もワイヤーで作り上げちゃいます。 複雑ながら、「肉体」をイメージできるワイヤーアート。何だか不思議な魅力があります。

アート

【ムシ注意】世界的な有名絵画と昆虫をまぜたデジタルート作品

写真家でありデザイナーのAntonia Korchevaさん、がBehanceで公開してるデジタルアートがキモスゴイ。 ルネ・マグリットの「人の子」(The Son of Man)やエドヴァルド・ムンクの「叫び」(he Scream)などの有名絵画と、「ムシ」の顔を組み合わせたとんでもデジタルアートです。 いやはや、良く知られている絵画だけあって、これだけ変化があるととても奇妙な物です。 ※ムシが苦手な人は注意してください

アート

とっても迫力のあるポケモンファンアート:CHOBI-PHO

デジタルアーティストのCHOBI-PHO(Toni Hoang Nguyen)さんが描いたポケモンファンアートが、とっても迫力のある塗りかたをされている。上記写真は、ポケットモンスターのリザードンを描いた物の一部です。この全体像を是非見て欲しい。CHOBI-PHO(Toni Hoang Nguyen)さんの塗りに魅了されてほしい。

ガジェット

SatechiのアルミニウムなQiワイヤレスチャージャーがオシャレ

投稿日:

やっぱSatechiさんの製品ってオシャレだわ。

iPhone 8やiPhone Xから導入されたワイヤレスチャージ。ソレを可能にするするQiのチャージャーがSatechiさんより出ている。アルミニウム感があって、iPhoneのカラーにマッチするスペシャルかっこいいQiチャージャーだよ。

色々なPCやモバイル関連の製品を出しているSatechiさん。主にiPhoneやMacといったApple関連の製品が得意。今回のオシャレなQiチャージャーもやっぱりイイカンジのヤツだった。

アルミニウムがかっこいいQiチャージャー

Satechiさんが出している、アルミニウム感が結構あるQiチャージャー。プレミアムアルミデザインはゴールド、シルバー、スペースグレイ、ローズゴールドの4色から選べます。僕は今回、スペースグレーにしました。

ベースのカラーは2色あり、ゴールドとスペースグレーがブラック。シルバーとローズゴールドがホワイトだ。ホワイトはホワイトでかっこよさそう。

Qi対応デバイスといえばiPhone 8/8+やiPhoneXといったApple製品。他に、 Nexus, Samsung Galaxy, Note, LG, HTCスマートフォンなどさまざまなAndroidに対応する。また、Qi対応の充電ケースでもワイヤレス充電が可能。

LEDランプで満充電の合図がある(青から緑、ただしiPhoneは非対応)

とにかく、アルミニウムのベースがかっこいい。置いておいてもプラスチック感無くて、オシャレだなと言う印象。

  • SatechiのQiのチャージャー
  • SatechiさんらしくiPhoneのカラー展開と一緒
  • アルミニウムのベースがとにかくオシャレ

肝心のQiについては、ちゃんと充電してくれます。もちろん、ケース有りでも余裕で充電してくれました。


机の上をオシャレで保ちたいなら、余裕で推薦できるQiチャージャーでした。

SatechiのQiチャージャーを見ていく

Satechiwirelesscharger 243A6598

とりあえず箱から。この時点でオシャレ。

Satechiwirelesscharger 243A6600

説明書、あと本体とケーブル。

Satechiwirelesscharger 243A6602

ベースはテカテカ。これはホコリが乗っちゃうのが気がかり。あと、指紋がべったり付くのでなるべく拭いてからテーブルに置きましょう。

ホコリだけ付く。

Satechiwirelesscharger 243A6610

付属のmicro-Bを指す場所。どうも、QC2.0だと専用のケーブルを使った方が早くなるらしい。

ベースの下には4つのゴム足があります。

Satechiwirelesscharger 243A6611

この薄さが良いよね。

Satechiwirelesscharger 243A6622

んで、iPhoneをおくと、LEDが点灯。Qi対応のAndroid端末なら満充電になったらLEDが緑になるそうです。

TheオシャレQiチャージャー

Satechiさんの製品ってメチャクチャオシャレだよね。Apple製品が周りにあるんだったら絶対に似合います。

Qiチャージって、100%まで毎回充電する人にとってはちょっとアレかもしれないけど、ベースにおいておくだけで充電出来るって良いよね。今回、初のQiだったけど、コレは便利だなって思った。ケーブルを挿す手間ってまじで「手間」だからね。

ってことで、Satechiさんが出しているオシャレなQiチャージャーの紹介でしたー。














-ガジェット
-, , , , , , ,

Copyright© キセノンテンター , 2019 All Rights Reserved.