アート イラスト

まさにバッドエンド!ディズニーキャラの悪役がもしも勝ってしまったら…。

とても見ていて胸を痛めてしまいます。いくつかのディズニー映画に登場する悪役(ヴィラン)が「もしも映画内で勝ってしまったら?」をイラスト化した、DeviantArtユーザーのjustin-mctwispさんの作品をご紹介します。 正直、イラストを拝見した時に「胸くそ悪い」と思ってしまうほど、映画に詰まっている愛をぶち壊すほどの内容です。まさに「バッドエンド」な結果になってしまった、ディズニーキャラクター達をご覧下さい。

LEGO アート

LEGOで作ったターンテーブルがしっかりとレコードを鳴らしている

LEGOって何でも出来ちゃうんですね!韓国人のLEGO愛好家であるHayarobiさんが、LEGOをつかったターンテーブル「The Planet」を作り上げました! タダ回転するだけでなく、しっかりと音まで鳴らせてしまうらしいです。カートリッジにはオーディオテクニカのものが使われているから、しっかりと鳴らせてくれるというものです。 いやー、LEGOって何でも出来る物だと思ってましたが、ターンテーブルまで作っちゃうとはすごいですね!それでは、HayarobiさんのLEGOターンテーブル「The Planet ...

アート

自室をバンクシー美術館に出来ちゃうウォールステッカー

イギリスのロンドンを中心に活動する覆面アーティスト「バンクシー」(Banksy)。彼の作品は、社会風刺的グラフィティアートなストリートアート作品を世界各地でゲリラ的に行っちゃう。有名美術館に自身の作品を勝手に置いちゃうなどのパフォーマンスで、「芸術テロリスト」なんて呼ばれ方もしている。 そんなバンクシーの作品にはどこか魅力的なとこが有り、ソレの価値を思う人もいるようです。2007年2月に行われたサザビーズ主催のオークションでは、バンクシーの作品計6点が総額37万2千ポンド(日本円で約8500万円以上)で落 ...

アート

細かい切り絵に惚れちゃうな。Suzy Taylorの切り絵アート

ネットを散策していたら、素敵な切り絵氏を見つけました。こちらのドクロの切り絵を作ったのはスージー・テイラー(Suzy Taylor)さん。Facebookページ(Folk Art Papercuts名で活動)やEtsyでこれらの作品を見ることが出来ます。 切り絵ってどこからがプロなのかわかりませんが、全ての切り絵を行う人を尊敬しています。良くこんな細かいことできちゃうなーと。ということで、スージーさんの作品をいくつかご紹介します。主にFacebookからのご紹介です。

アート

Processingで作成した美しいGIFアニメーション

Processingを使って作られた美しいGIFアニメーションを公開しているdave whyteさんの作品をご紹介します。規則正しく動くアニメーションは半永久的に観測したくなってきます。 Processingとは Processing(プロセシング)は、キャセイ・レアス(英語版)(Casey Reas)とベンジャミン・フライ(英語版)(Benjamin Fry)によるオープンソースプロジェクトであり、かつてはMITメディアラボで開発されていた。電子アートとビジュアルデザインのためのプログラミング言語であり ...

レビュー

ノマドワークで1週間Bluetoothキーボード使ってみました IC-BK09のレビュー

投稿日:

最近、出先でノマドにワークするときが増えて、スマホとBluetoothキーボードを使ってライティングするスタイルをとっています。もっぱら執筆系なので、ぶっちゃけその機材だけ有れば良いのです。

そこで、今回、ついでにBluetoothキーボードのレビューもやろうということで、iCleverさんからご提供をウケた、IC-BK09というテンキー付きのBluetoothキーボードのレビューをします。

1週間ほど、こいつを使って執筆していました。バチバチとキーボードを叩きまくってね。

ストレートタイプで、折りたためはしないのですが、テンキーがあるんで数字打てるのはイイッスね。

ストレートタイプのBluetoothキーボード

こちらが今回ご紹介する、iCleverさんのBluetoothキーボードです。なんでも製品が良いからなのか偽物が出回っていて困っているとのこと。AmazonでiCleverさんを取り扱っているのは「Hisgadget Japan」というショップです。よろしくお願いします。

このキーボードの特徴をざっくりとご紹介。

  • パンタグラフ方式
  • 90時間連続使用可能
  • iOS、Android、Windows等の機器に対応。
  • フルサイズ、テンキー搭載
  • 18ヶ月品質保証
  • 配列が一部おかしいみたい(かな入力時)

最後だけ悪いところですが、概ね良い印象。

ラップトップでお馴染みのパンタブラフ方式でペチペチたたけます。充電が大が居2時間ぐらいで、90時間連続使用可能。1週間、使い倒しましたが、まったく充電してません。マジです。

そして、ボクはiOS(iPhone)を主に使ったのですがMacOSやWindows機でも問題なく動作します。このあたりは当たり前ですね。

このキーボードはフルサイズでテンキー搭載。なにげに数字を打つのが多いのでテンキーがあると助かる。そして、iCleverさんお馴染みの18ヶ月保証。これはよっぽど製品に自信が無いと出せない数字ですよ。



ざっくりした感想

とりあえず、一週間使った印象。マジで充電しないのでメッチャ楽。Bluetoothキーボードなのに充電しなくてすむってのは良い。正義。

パンタグラフ方式についてですが、ボクは普段PFUのHHKBというちょっとお高いキーボードを使ってます。ソイツの無線は持ってないので、今回のようにノマド時はBluetoothなキーボードを使うんですわ。

現時点、全く問題ない。ストレスとかないです。

Bluetooth接続自体もすぐ出来ましたし、起動も速いし、再接続も速い。

あと、やっぱりテンキーがあるのがデカイ。



ただ、そうなると、長くなってくる。カバンを選ばなければいけない。ノマドって言うか、ワイヤレスでデスクトップPCとかに使った方が良いかもしれない。

現時点ではボクはその用途必要ないので、こうやってノマドで使ってみました。

長さ、これはテンキーを必要とするなら必須なんだろうな。

BluetoothキーボードIC-BK09の写真

Icleverstreatkeyboard 243A8830

iPhoneXと大きさ比較。カバンによっては入らないかもね。

Icleverstreatkeyboard 243A8833 Edit

薄さはマジで強い。メッチャ薄い。充電はmicro-Bです。

Icleverstreatkeyboard 243A8834 Edit

一応ライト各種。

このキーボードはキャプスロック(キャプロック)とNumlockも出来ちゃうんです。使わないけどねw

あと「検索」ボタンやWindows等で使える「Share」「Open wireless device」「Settings」なんていう特殊なボタンも搭載されている。Windowsメインじゃないから使わないけど、ある方が良いんだろうなーと。

Icleverstreatkeyboard 243A8835

Bluetooth接続にはFnキーと「C」を押すだけでペアリングモードに切り替わります。

その後、Fnキーで接続機器の切り替えが簡単。QWEのキーにそれぞれ 「Win」「Android」「iOS」って有るように、キーボードを最適化。

また、FnキーとF1~F12でさまざまな操作が用意されている。

長さはかさばるがグッド

Icleverstreatkeyboard 243A8836

やっぱり、最大の強みは90時間持つってのとテンキーかな。1週間、いや、3週間ぐらい僕の使い方なら持つかも知れない。それぐらい90時間持つってのは大きい要素です。

メモとして、入力言語の切り替え

一応メモとして入力言語の切り替え方法をご紹介しておきます。

  • iOS 8以下 Win + スペース
  • iOS 9以上 Ctrl + スペース
  • Samsung Android Shift + スペース
  • Google Android Ctrl + スペース
  • Windows Win + スペース

文字入力、結構使うからね。重要です。

ということで、90時間動作するBluetoothキーボード。ちょとカバンを選んじゃう長さだけど、テンキー付いているのが良いよ!もしくは、デスクトップをケーブルレスにしたいならアリだと思いますよ!!








-レビュー
-, , , , , ,

Copyright© キセノンテンター , 2019 All Rights Reserved.