アート

ある角度から見ると作品が見えるようになるMichael Murphyのアート

Michael Murphyさんのアート作品。とある角度になって初めてその姿を現すアートとなっています。空間につるされた大小様々な黒いたま、とある一定の角度で、人の「目」が現れる空間を大きく使ったアートです。 Michael MurphyさんがYouTubeで公開されているいくつかのアート作品をご紹介します。その中には、バンクーバーで行われたTED開場に建設された物もあります。

アート 写真

「101匹わんちゃん」の公園シーンを再現した幸せなカップル

ディズニー映画「101匹わんちゃん」の最初のシーンを覚えているだろうか?作曲家であるロジャーが、ダルメシアンの愛犬ポンゴを連れ、公園を散歩しているシーンです。同じくダルメシアン(パーディタ)を飼っているファッションデザイナーのアニータが、ポンゴのちょっとした計画でロジャーと出会うとても素敵なシーン。 そんなディズニー映画「101匹わんちゃん」を再現してしまったカップルが居るのです。 さすがに、ダルメシアンと言うわけではありませんが、両者犬を連れ、ずぶ濡れになるシーンが何だかとってもほっこり出来ちゃう写真で ...

アート

こんなにたくさんいるの?世界にいるアルビノな動物達

こちらの亀さん。一匹だけ白いカメさんがいますよね?これは「アルビノ」な亀なのです。 アルビノとは アルビノ(albino)は、動物学においては、メラニンの生合成に係わる遺伝情報の欠損により 先天的にメラニンが欠乏する遺伝子疾患がある個体である。 この遺伝子疾患に起因する症状は先天性白皮症(せんてんせいはくひしょう)、先天性色素欠乏症、白子症などの呼称がある。また、この症状を伴う個体のことを白化個体、白子(しらこ・しろこ)などとも呼ぶ。さらに、アルビノの個体を生じることは白化(はくか・はっか)、あるいは白化 ...

アート 映画

大学生リア充風になったディズニーやドリームワークスのキャラクター達

Tumblr内でいろいろと投稿しているPunziellaで、まるで大学生リア充になったディズニー&ドリームワークスキャラクター達の様子が公開されています。 主に、ディズニーはPixar系の映画『塔の上のラプンツェル』や『アナと雪の女王』等の主要キャラクター、たとえば「ラプンツェル」や「メリダ」や「アナ雪姉妹」などが、リア充っぷりを公開されています。 もともとリア充な気もしますが、現実世界にいたら、キットこんな雰囲気だったのでしょうね。

おもしろグッズ アート

もしもあの企業がスニーカーを出したら?有りそうで無かったデザインコンバース

「あの企業がスニーカーをデザインしたらどんなものだろうか?」と、ちょっとした疑問に答えてくれたのが、イタリア人デザイナーAndrea Salaminoさんです。 コンバースのスニーカーを期に、色々なブランド、例えば、Google, Facebook, Virgin, マクドナルド等の有名ブランドをスニーカーにデザインしたものです。 上記はGoogleのスニーカーのようですね!こんな感じでスニーカーがデザインされます!

ガジェット クラウドファンディング レビュー

「浮く」スピーカーMarsがクールすぎる

投稿日:

クラウドファンディングで約9000万円獲得した、あの「浮く」スピーカーがかっこよすぎる!!これはマジで未来なガジェットになりそうだ。

中国のオーディーメーカーCrazybabyが開発した、浮遊するHi-Fiサウンドの360°Bluetoothのワイヤレススピーカー「Mars」(マーズ)のレビューをします。まるでUFOのような浮遊するスピーカーがめっちゃかっこいい。

スピーカーが浮いているってめっちゃすごくね?

Marsはデザインがクールで、BluetoothだけどHi-Fiなサウンドがいい感じだ!サブウーハーもついているんだぜ!しかも、外でもちゃんと駆動できるようにバッテリー内蔵とかいた照り尽くせりなスピーカーだ!

Mars By Crazybaby

MarsはなんともデザインがかっこいいBluetoothスピーカー。かの有名な世界のデザイン賞、RED DOT AWARD2017を受賞しているのも納得できる。クラウドファンディングIndiegogoにて608%もの出資額を得たすごいヤツ。その後、日本のクラウドファンディグMakuakeにて約160万円の出資額を得た。

特徴としては、UFOのようなスピーカー「Mars Craft」が浮いちゃう。そして鳴らしちゃう。という感じのヤツ。


「Mars Craft」とサブウーファー兼ワイアレス充電ステーション「Mars Base」によるデュアルスピーカー、パッシブラジエーター型の 「360゜Hi-Fiサウンドスピーカー」。それがMarsです。

中にバッテリーが内蔵されており、AC電源がなくても駆動する。なので外でも利用できるという事だ。バッテリーは「Mars Craft」「Mars Base」ともに6時間ほど持つ感じです。

音については、接触面が少ないからなのか、わりとシャープに聞こえます。専用アプリにはイコライザー機能があり、音の傾向をいじれるようになっている。サブウーハーは設定によっては低音がかなり強め。

なんといってもデザインはかなりかっこいい。Marsにはそういう印象です。

Bluetooth敵にはapt-Xに対応しているため、対応端末でならかなり良いスピーカーになるだろう。

  • クラウドファンディングに出ていた
  • 出資額は結構ある
  • スピーカーが「浮く」
  • デザインがめっちゃかっこいい
  • AAC、apt-xに対応

「浮く」スピーカー

という事で、Marsの実態を見ていこう。もう、写真を見てもらえれば分かる通り、浮いています。磁力で浮いています。そしてまるでUFOかのように怪しく光ります。

「Mars Base」とのセット

Marsは下の筒状の台座「Mars Base」とセットで浮く。「Mars Base」はサブウーハーになっていて、低音が素敵に響く。スピーカーは浮いているからシャープな音。そういう印象。

ペアリングがめっちゃ簡単

ペアリングの方法として、「Mars Craft」のボタンを押す。そうすればBluetoothですぐに繋がる。めっちゃ簡単。「Mars Base」は「Mars Craft」と接続された時点でペアリングされる。

「Mars Craft」単品で動く

図体のデカイ「Mars Base」はあくまで「フローティング」「サブウーハー」という役割で、本体としては「Mars Craft」が担っている感じです。「Mars Craft」は単品で動作して、外に持ち出して聞くなんてことも可能。

しかも、何気にIPX7あり防水しようとなっている。アウトドアシーンでも使えるのだ。(デザインは全くアウトドア向けではない)

アプリでLEDなどを操作できる。

crazybaby

無料
(2017.05.13時点)

Marsはアプリでいくつかの操作ができます。たとえば、「Mars Craft」の光かたを変えたり、イコライザーなどもこちらに入っている。つまり、ぶっちゃけあんまり使わない。使ってもいいけどつかわないかな。

だいたいは、電源を入れて浮遊させてBluetoothスピーカーをならす。そういう感じだ。

Marsの仕様&使用映像

サイズ
  • Mars Craft (W)122mm×(H)38.5mm
  • Mars Base (W)153mm×(H)236.3mm
質量
  • Mars Craft 362g
  • Mars Base 1534g
再生時間最大6時間
周波数50Hz~20KHz
コーディックAAC、aptx
BluetoothBluetooth バージョン4.0
BlutoothプロファイルHFP 1.5,A2DP 1.3,AVRCP 1.5, SPP
防水レベルIPX7
Mars Craft浮遊高20mm

とりあえず仕様はこんな感じ。Apple製品にもいいようにAAC対応なのが助かるな。

Marsはデザインがすっげーかっこいいスピーカー

Marsを表すとしたら「デザインがめっちゃっかっこいい浮いちゃうスピーカー」という感じ。音については、AACやaptXに対応しているので割といい感じの音。ただ、やはりBluetoothなので完全な音を求める人にとってはたぶん違う。

Marsは「めっちゃかっこいいスピーカー」がほしい人にぴったりだ。そういうスピーカーの印象です。

  • デザインがめっちゃかっこいい
  • ちょっと高い
  • 音は悪くない
  • アプリはいらない、使わない

あぁ、でも、やっぱかっこいいな。これで音楽を聴くとかちょっとした贅沢なのかも。

Mars by crazybaby[関連]








-ガジェット, クラウドファンディング, レビュー
-, , , , ,

Copyright© キセノンテンター , 2019 All Rights Reserved.