アート

イタリアのウフィツィ美術館が彫刻品の3DをWEBで公開し、300体以上が見放題に!

コレはスゴイ、コレはチャンスとして是非とも見当て欲しいな。 イタリア、フィレンツェにあるウフィツィ美術館(Galleria degli Uffizi)とアメリカにあるインディアナ大学(Indiana University)が協力し古代の遺物や彫刻品を3Dで観覧可能になりました。 WEB上でサイト「The Uffizi Digitization Project」が新たに開設され、海外に旅行せずともそういった作品に触れることが出来ちゃうのだ。 このWEBサイトについてはインディアナ大学の副学長Fred H. ...

アート

まるで「水のような炎」を表したアート作品

遥か昔、北京原人のいた頃から使っていたとされる「炎」。今では人間の科学がとても進歩し、「マッチ」や「ライター」、「着火マン」なんかで人間は簡単に火をおこすことが出来ます。 そんな「炎」を「水のような炎」に仕上げたアート作品をご紹介します。 今回ご紹介するアート作品を手がけたのは、ブラジルのリオ・デ・ジャネイロを拠点に活動をする、デザインスタジオPlatinum(プラチナ)によるものです。Platinumでは、主に3Dグラフィック、写真、イラスト等を手がけているデザインスタジオです。 「水のような炎」はとて ...

アート

音の振動をカラフルなビジュアルで見れるアート「Dancing Colors」

「バシャーン」とカラフルなビーズらしき物が宙を舞っている写真。これは、スピーカーの上に薄いプラスチックホイルを敷き、カラフルなクリスタルをちりばめた物です。スピーカーの音を鳴らすとカラフルなクリスタルが宙を舞う。その瞬間を写真に収めたアート作品「Dancing Colors」です。 このとっても美しいアート作品を作ったのは、スイスのアーティストであるファビアン・エーフナー(Fabian Oefner)さんの作品です。音がカラフルで美しい色のビジュアルで見ることが出来る。なんとも素敵なアート作品です。

アート

様々なキャラクターをホットプレートでパンケーキにするアート

ホットプレートで様々なキャラクターをパンケーキアートにしちゃうTigerTomatoをご紹介します。TigerTomatoのYouTubeチャンネルでは、すでにたくさんのキャラクターがパンケーキで再現されています。「ソニック」「スヌーピー」「ドラえもん」「カービィ」など、有名なキャラクター達のパンケーキ! TigerTomatoによりキャラクター達がパンケーキにされていく過程をじっくり見ることが出来るので、パンケーキ制作工程を見ていけば実際にトライできそうな気がします。

アート

筋肉を表現した彫刻、木下雅雄のアートに見入る

その造形に、その奇抜さに、かなりわくわくさせられた彫刻をご紹介。これは、日本人彫刻家、木下雅雄(きのしたまさお)さんによって作られた作品達です。とても筋肉質で、でも、「ありえない」造形の物もあります。 いえ、「あり得ない」とは、僕が「知らない」だけなのかも知れませんが、こう言った生き物がいたらキットこういう構造なのかなと。「ケンタウロス」や「阿修羅(あしゅら)」など、おそらくこの世には存在しない空想物の中身(解剖図)がみれる…。すばらしい。 木下雅雄さんのHPにいくつか作品(解剖図)が公開されており、ご紹 ...

クラウドファンディング

ミニマムで軽量、そのうえ数秒で組み立てられる三脚:Lumapod

投稿日:

クラウドファンディングKickstarterに出ていたLumapodって三脚を紹介します。

こいつの特徴としては、非常にコンパクトで軽量な本体なのですが、大きいサイズの「Lumapod Go120」が大体120cmぐらい、小さいサイズの「Lumapod Go85」が85cmぐらいまで伸ばすことが出来ちゃう。

さらには、「Lumapod Go120」は690gで「Lumapod Go85」は400gと軽量なため、自撮り棒的な使い方も出来てしまうとか。

そんな小さくて軽いのに、しっかりカメラを保持してくれるLumapodには、形状に秘密があった。

すでにクラウドファンディング的には目標金額を達成しており、あとは終了するのを待つのみになったアイテム。 注目株ってヤツですよ。

ミニマム、軽量、しっかり保持な三脚Lumapod


Lumapodは、三脚にケブラーのロープがついている特徴が有ります。ヨットの帆のように、ピンと貼ることで、小さい形状ながら安定させてくれるという仕組みになっている。既存の三脚のように、大きく脚をひろがずとも、安定させてくれるにはそう言う秘密があったのです。

二つの大きさが存在

4a8dd53832d2a1f9e5284aaff3a07851 original 1000x963

先にも書いたように、「Lumapod Go85」と「Lumapod Go120」のバージョンが存在。それぞれ重さは400gと690g、高さが最大で85cmと120cm、耐荷重が1kgと2kg程度となっている。

1kgっていうと、だいたいミラーレスのレンズキットがそれぐらいの重さだろう。2kgとなれば、一眼レフにちょっとしたレンズを載せられる(望遠レンズクラスになると2kgを超える)

そうかんがえると、一般的なライトなカメラユーザーならば問題なくカバーしてくれる領域だ。

316d44167e31c6a847449f650a8473cd original 1000x563

さらには、重さの関係で、こんな感じにスマートフォンを先端に取り付け、自撮り棒的な扱いをしてしまっても問題ないだろう。

集合写真は三脚的な使い方、そして移動中は自撮り棒的な使い方。そういったことをLumapodひとつでこなせると言うことだ。

邪魔にならない大きさが良いね

Lumapodはかなりコンパクトに出来るので、鞄の中にすっと入れてしまうのもアリ。場所を取らないってのはステキだ。

ライトユーザーにどうだろうか

「俺は一眼レフ使うもんね!」的ながちな人にはこの三脚は合わないだろうが、ちょっとした旅行で使いたいなーというライトユーザーにとってはLumapodがあれば十分なんだろうなと思われる。

先にも言ったように、Lumapodのクラウドファンディングはもうあとは時間が経過スルを野末だけだ。興味ある人は是非、サイトに訪れてみよう。














-クラウドファンディング
-,

Copyright© キセノンテンター , 2019 All Rights Reserved.