アート

ある角度から見ると作品が見えるようになるMichael Murphyのアート

Michael Murphyさんのアート作品。とある角度になって初めてその姿を現すアートとなっています。空間につるされた大小様々な黒いたま、とある一定の角度で、人の「目」が現れる空間を大きく使ったアートです。 Michael MurphyさんがYouTubeで公開されているいくつかのアート作品をご紹介します。その中には、バンクーバーで行われたTED開場に建設された物もあります。

アート 写真

「101匹わんちゃん」の公園シーンを再現した幸せなカップル

ディズニー映画「101匹わんちゃん」の最初のシーンを覚えているだろうか?作曲家であるロジャーが、ダルメシアンの愛犬ポンゴを連れ、公園を散歩しているシーンです。同じくダルメシアン(パーディタ)を飼っているファッションデザイナーのアニータが、ポンゴのちょっとした計画でロジャーと出会うとても素敵なシーン。 そんなディズニー映画「101匹わんちゃん」を再現してしまったカップルが居るのです。 さすがに、ダルメシアンと言うわけではありませんが、両者犬を連れ、ずぶ濡れになるシーンが何だかとってもほっこり出来ちゃう写真で ...

アート

こんなにたくさんいるの?世界にいるアルビノな動物達

こちらの亀さん。一匹だけ白いカメさんがいますよね?これは「アルビノ」な亀なのです。 アルビノとは アルビノ(albino)は、動物学においては、メラニンの生合成に係わる遺伝情報の欠損により 先天的にメラニンが欠乏する遺伝子疾患がある個体である。 この遺伝子疾患に起因する症状は先天性白皮症(せんてんせいはくひしょう)、先天性色素欠乏症、白子症などの呼称がある。また、この症状を伴う個体のことを白化個体、白子(しらこ・しろこ)などとも呼ぶ。さらに、アルビノの個体を生じることは白化(はくか・はっか)、あるいは白化 ...

アート 映画

大学生リア充風になったディズニーやドリームワークスのキャラクター達

Tumblr内でいろいろと投稿しているPunziellaで、まるで大学生リア充になったディズニー&ドリームワークスキャラクター達の様子が公開されています。 主に、ディズニーはPixar系の映画『塔の上のラプンツェル』や『アナと雪の女王』等の主要キャラクター、たとえば「ラプンツェル」や「メリダ」や「アナ雪姉妹」などが、リア充っぷりを公開されています。 もともとリア充な気もしますが、現実世界にいたら、キットこんな雰囲気だったのでしょうね。

おもしろグッズ アート

もしもあの企業がスニーカーを出したら?有りそうで無かったデザインコンバース

「あの企業がスニーカーをデザインしたらどんなものだろうか?」と、ちょっとした疑問に答えてくれたのが、イタリア人デザイナーAndrea Salaminoさんです。 コンバースのスニーカーを期に、色々なブランド、例えば、Google, Facebook, Virgin, マクドナルド等の有名ブランドをスニーカーにデザインしたものです。 上記はGoogleのスニーカーのようですね!こんな感じでスニーカーがデザインされます!

クラウドファンディング

ミニマムで軽量、そのうえ数秒で組み立てられる三脚:Lumapod

投稿日:

クラウドファンディングKickstarterに出ていたLumapodって三脚を紹介します。

こいつの特徴としては、非常にコンパクトで軽量な本体なのですが、大きいサイズの「Lumapod Go120」が大体120cmぐらい、小さいサイズの「Lumapod Go85」が85cmぐらいまで伸ばすことが出来ちゃう。

さらには、「Lumapod Go120」は690gで「Lumapod Go85」は400gと軽量なため、自撮り棒的な使い方も出来てしまうとか。

そんな小さくて軽いのに、しっかりカメラを保持してくれるLumapodには、形状に秘密があった。

すでにクラウドファンディング的には目標金額を達成しており、あとは終了するのを待つのみになったアイテム。 注目株ってヤツですよ。

ミニマム、軽量、しっかり保持な三脚Lumapod


Lumapodは、三脚にケブラーのロープがついている特徴が有ります。ヨットの帆のように、ピンと貼ることで、小さい形状ながら安定させてくれるという仕組みになっている。既存の三脚のように、大きく脚をひろがずとも、安定させてくれるにはそう言う秘密があったのです。

二つの大きさが存在

4a8dd53832d2a1f9e5284aaff3a07851 original 1000x963

先にも書いたように、「Lumapod Go85」と「Lumapod Go120」のバージョンが存在。それぞれ重さは400gと690g、高さが最大で85cmと120cm、耐荷重が1kgと2kg程度となっている。

1kgっていうと、だいたいミラーレスのレンズキットがそれぐらいの重さだろう。2kgとなれば、一眼レフにちょっとしたレンズを載せられる(望遠レンズクラスになると2kgを超える)

そうかんがえると、一般的なライトなカメラユーザーならば問題なくカバーしてくれる領域だ。

316d44167e31c6a847449f650a8473cd original 1000x563

さらには、重さの関係で、こんな感じにスマートフォンを先端に取り付け、自撮り棒的な扱いをしてしまっても問題ないだろう。

集合写真は三脚的な使い方、そして移動中は自撮り棒的な使い方。そういったことをLumapodひとつでこなせると言うことだ。

邪魔にならない大きさが良いね

Lumapodはかなりコンパクトに出来るので、鞄の中にすっと入れてしまうのもアリ。場所を取らないってのはステキだ。

ライトユーザーにどうだろうか

「俺は一眼レフ使うもんね!」的ながちな人にはこの三脚は合わないだろうが、ちょっとした旅行で使いたいなーというライトユーザーにとってはLumapodがあれば十分なんだろうなと思われる。

先にも言ったように、Lumapodのクラウドファンディングはもうあとは時間が経過スルを野末だけだ。興味ある人は是非、サイトに訪れてみよう。








-クラウドファンディング
-,

Copyright© キセノンテンター , 2019 All Rights Reserved.