アート イラスト

すげー!立体的コップのリアルイラストが作られていく様子!

絵を三次元的に描くことに憧れを持っていたのですが、それを更にリアルさを増すと、まるでそこに有るかのように見えてしまうのですね。 アーティストであるPortraitmaler Pabstさんによって描かれていく立体的なコップ。かなりリアルに描かれており、本当にそこに有るかのように見えます。Portraitmaler Pabstさんがそれらを描いていく過程をご覧になれます。

アート

ある角度から見ると作品が見えるようになるMichael Murphyのアート

Michael Murphyさんのアート作品。とある角度になって初めてその姿を現すアートとなっています。空間につるされた大小様々な黒いたま、とある一定の角度で、人の「目」が現れる空間を大きく使ったアートです。 Michael MurphyさんがYouTubeで公開されているいくつかのアート作品をご紹介します。その中には、バンクーバーで行われたTED開場に建設された物もあります。

アート

ファンによって作られたMGSの3Dポリゴン!

ファンの力ってすごいなーって思います! 3Dモデルを公開できるWEBサービスSketchfabにメタルギアソリッドの3Dモデルが投稿されていた! その3D内には、デフォルメされたメタルギアソリッドのキャラクターたちが存在していて、キャラクターごとにしっかりと特徴を生かされています。 今回ファンによって公開された3Dモデルは、PlayStationで販売された「METAL GEAR SOLID」の3Dモデルで、メタルギア「REX」やゲームの舞台となっている「シャドー・モセス島」がしっかりと再現されております ...

アート 映画

大学生リア充風になったディズニーやドリームワークスのキャラクター達

Tumblr内でいろいろと投稿しているPunziellaで、まるで大学生リア充になったディズニー&ドリームワークスキャラクター達の様子が公開されています。 主に、ディズニーはPixar系の映画『塔の上のラプンツェル』や『アナと雪の女王』等の主要キャラクター、たとえば「ラプンツェル」や「メリダ」や「アナ雪姉妹」などが、リア充っぷりを公開されています。 もともとリア充な気もしますが、現実世界にいたら、キットこんな雰囲気だったのでしょうね。

アニメ アート 映画

有名俳優達をコミック風にデザインするアーティスト、トニースタークやドクターストレンジ等

フェイスデザイナーXi Dingさんによる、有名俳優のキャラクターをコミック風に変えちゃうアートをご紹介。「アイアンマン」のトニースタークや、ドクターストレンジなど、主にMarvel(マーベル)系のキャラクターを良い感じにトゥーンしてくれる。 とにかくできあがったモノが良い感じ!! どこかディズニーっぽいのも良い感じ。 もちろん、マーベル以外の作品もあるんだけど、それらすべて、特徴をよく捉えている。

クラウドファンディング

Qi搭載、Apple Watchも充電可能なUSBハブ:TROOSS

投稿日:

Apple WatchやAirPodsなどQiワイヤレスチャージのデバイスが増えてくる中、USBハブにQiを搭載したデバイス「TROOSS」が登場しようとしています。

まだクラウドファンディングのIndiegogoには出ていませんが、事前に出ている情報を見る限り、MacBookをはじめラップトップには最高に使えそうなUSBハブであると言えます。

USBハブとしての機能は、いくつかのUSBポートやマルチカードリーダー、HDMIなどを完備しています。さらに言えばPDも・・・。

MacBookや対応する端末を拡張したい人向けのデバイス「TROOSS」を紹介します。

Qi搭載のマルチUSBハブでMacBookを拡張

MacBookなどにQi機能を拡張するUSBハブ

「TROOSS」は、MacBook Proなどのラップトップに取り付けるタイプのUSBハブです。この写真を見てもらえばわかるとおり、「いろいろな拡張」を「TROOSS」は行ってくれます。

「TROOSS」

「TROOSS」には、USB 3.1ポートが二つ、micro SDとSDスロット、Type-Cのポート、最大100WのPD(Power Delivery)を備えたThunderbolt 3、4K@30HzのHDMIポートが備わっています。

ここまでは正直一般的なマルチUSBハブのラインナップなのだが、「TROOSS」の特徴は天板に備えられた「Qi」ワイヤレスチャージの部分です。これのおかげでワイヤレスチャージに対応したApple WatchやiPhoneなどのスマートフォン、AirPodsなんかのデバイスを充電できてしまう。

延長コードもついている

「TROOSS」のType-C

「TROOSS」はMacBookのような二つType-Cが必要となってくるので端末の制限があるように思われます。ところが「TROOSS」は考えてくれています。

「TROOSS」の延長コード

それがこちらのType-Cの延長コード。これのおかげで、iPad Proなどの端末でも利用できるということです。つまりType-Cが搭載された端末なら使えるってことなのかな・・・。

これからのスタンダードになるUSBハブ

「TROOSS」はマルチに対応

ワイヤレスチャージ対応のデバイスが増えてきた中、なかなか便利なマルチUSBハブが出現します。これからも「TROOSS」のような便利に使えるアイテムが増えてくるのでしょうね。

「TROOSS」は現在クラウドファンディングIndiegogoに向けて準備中です。HPのメルマガに登録すると最大50%のディスカウントを受け取れるらしいので欲しいなと思った人は是非ともチェックしよう!!

TROOSS

 








-クラウドファンディング
-, , ,

Copyright© キセノンテンター , 2019 All Rights Reserved.