アート イラスト

すげー!立体的コップのリアルイラストが作られていく様子!

絵を三次元的に描くことに憧れを持っていたのですが、それを更にリアルさを増すと、まるでそこに有るかのように見えてしまうのですね。 アーティストであるPortraitmaler Pabstさんによって描かれていく立体的なコップ。かなりリアルに描かれており、本当にそこに有るかのように見えます。Portraitmaler Pabstさんがそれらを描いていく過程をご覧になれます。

アート

ある角度から見ると作品が見えるようになるMichael Murphyのアート

Michael Murphyさんのアート作品。とある角度になって初めてその姿を現すアートとなっています。空間につるされた大小様々な黒いたま、とある一定の角度で、人の「目」が現れる空間を大きく使ったアートです。 Michael MurphyさんがYouTubeで公開されているいくつかのアート作品をご紹介します。その中には、バンクーバーで行われたTED開場に建設された物もあります。

アート

ファンによって作られたMGSの3Dポリゴン!

ファンの力ってすごいなーって思います! 3Dモデルを公開できるWEBサービスSketchfabにメタルギアソリッドの3Dモデルが投稿されていた! その3D内には、デフォルメされたメタルギアソリッドのキャラクターたちが存在していて、キャラクターごとにしっかりと特徴を生かされています。 今回ファンによって公開された3Dモデルは、PlayStationで販売された「METAL GEAR SOLID」の3Dモデルで、メタルギア「REX」やゲームの舞台となっている「シャドー・モセス島」がしっかりと再現されております ...

アート 映画

大学生リア充風になったディズニーやドリームワークスのキャラクター達

Tumblr内でいろいろと投稿しているPunziellaで、まるで大学生リア充になったディズニー&ドリームワークスキャラクター達の様子が公開されています。 主に、ディズニーはPixar系の映画『塔の上のラプンツェル』や『アナと雪の女王』等の主要キャラクター、たとえば「ラプンツェル」や「メリダ」や「アナ雪姉妹」などが、リア充っぷりを公開されています。 もともとリア充な気もしますが、現実世界にいたら、キットこんな雰囲気だったのでしょうね。

アニメ アート 映画

有名俳優達をコミック風にデザインするアーティスト、トニースタークやドクターストレンジ等

フェイスデザイナーXi Dingさんによる、有名俳優のキャラクターをコミック風に変えちゃうアートをご紹介。「アイアンマン」のトニースタークや、ドクターストレンジなど、主にMarvel(マーベル)系のキャラクターを良い感じにトゥーンしてくれる。 とにかくできあがったモノが良い感じ!! どこかディズニーっぽいのも良い感じ。 もちろん、マーベル以外の作品もあるんだけど、それらすべて、特徴をよく捉えている。

ゲーム

FF8のダンスシーン、モーションキャプチャーの裏側

投稿日:1月27日 更新日:

FINAL FANTASYシリーズのPlayStationでの2作目にあたる「FINAL FANTASY VIII(ファイナルファンタジーVIII)」(以下FF8、1999年発売)をプレイしたことはありますかね。

魔法を使う際にMPが不要で、代わりに「ドロー」を敵などから行い、魔法をストックすることで利用すること。召喚獣の代わりである「G.F.(Guardian Force)」もそういったドローで入手できる点。

ミニゲームでありながら圧倒的時間消費率の高いカードゲーム「Triple Triad(トリプルトライアド)」にものすごくはまってしまったり…。
※このゲームはスマホゲームとして新たに登場している

ファイナルファンタジーシリーズ(以下、FF)として、これまでにはなかったリアルタッチで描かれているキャラクターや映像が流れている中リアルタイムで動く点など。

当時としては色々と新しい要素のがふんだんに盛り込まれたRPGであったと言えます。

そんなFF8のシーンの中で、「バラムガーデン」内でおこなわれたダンスシーンがあります。主人公「スコール・レオンハート」とヒロインにあたる「リノア・ハーティリー」とのとても印象的なダンスシーンです。

バックにはこれまたシリーズ初のオーケストラ音源「Waltz for the Moon」が使われ、二人が踊りをさらに印象的に見せてくれているすてきなシーンです。

前置きが長くなりましたが、そんな「ダンスシーン」のメイキング映像を見つけたのでご紹介します。

当時としてはおそらくスゴイ技術であったであろう「モーションキャプチャー」を使って行われたメイキング映像です。

FF8のダンスシーンはこうやって作られていた

いったい何に収録されていた映像なのか判りませんが、「Behind the Scenes」として、FF8における様々なモーションキャプチャーやキーイラストなどが紹介されている映像です。

Behind the Scenes Final Fantasy VIII Making of 0 9 screenshot 1500x843

たどたどしく踊るスコールに対して、リードをしてくれるリノア、それがモーションキャプチャーの世界でも観れてしまうのです。

Behind the Scenes Final Fantasy VIII Making of 0 43 screenshot 1500x843

Behind the Scenes Final Fantasy VIII Making of 0 57 screenshot 1500x843

また、ダンスシーンの後には、「超究武神覇拳」(非公式)でお馴染みの格闘家キャラ「ゼル・ディン」や関西弁(トラビア語)口調のヌンチャク使い「セルフィ・ティルミット」(広末涼子さんではない)の登場シーンなども紹介されています。

個人的には「キスティス・トゥリープ」や「イデア」などのお姉さんキャラクターが好きなので、そのシーンが出てないのはちょっと残念です。



やっぱりメイキングは良いな

映画もアニメもゲームも…作品が作られる中には、かならず誰かしらの何かしらの苦労が描かれているモノです。そういったモノが垣間見れるのがこういった「メイキングシーン」であると言えます。

色々な作品できっと何かしらの物語がその中にも含まれているのです。またこうやってメイキング映像を探していきたいなと思います。

また、FF8については、PS VitaやPS3、PCなどに移植されていますので是非ともプレイしてみて欲しいです。

今回紹介したダンスシーンの楽曲「Waltz for the Moon」は、サントラの「FINAL FANTASY VIII Original Soundtrack」にも収録されてますので是非、聞いてみて下さい。

FINAL FANTASY VIII ORIGINAL SOUNDTRACK Soundtrack

FINAL FANTASY VIII ORIGINAL SOUNDTRACK Soundtrack

ゲーム・ミュージック, フェイ・ウォン
3,693円(06/16 13:03時点)
Amazonの情報を掲載しています








-ゲーム
-, , ,

Copyright© キセノンテンター , 2019 All Rights Reserved.