アニメ アート イラスト

アニメキャラが暴れ、アニメーターのパソコンが破壊されまくるAlan Beckerのスゴイムービー!

アニメアイディアがピカ一なAlan Beckerによるアニメをご紹介します。 彼の作るアニメは、「すごい」「なんじゃこりゃ」を思わせる作品です。 パソコンの中で生きていたアニメキャラ(棒人間)が、フレームの枠を超えて、暴れまわる!それに気づいたアニメーターが、それらを削除しようとするも、仲間を殺されたアニメキャラは怒り、パソコンの中を破壊しまくっちゃう! Alan Beckerさんの4作目の動画なのですが、その脅威のアイディア、生きたアニメにきっと驚くでしょう。それでは13分ちょっとありますが、惹きこまれ ...

アート フィギュア

LEGOで作られた『機械生物』に一目ぼれした!!めっちゃメカめかしい生き物達だ!!!

完全に一目ぼれだ!!LEGOで作られた「機械生物」がかなりメカメカしくて気に入った! アクションフィギュア・ドール用のミニチュア・ルーズパーツを販売しているToyForce (トイフォース)さんのTwitterアカウント@uran120で公開されている"LEGO 機械生物図鑑"がものすごく好みな形状をしている。様々な生き物をLEGOで再現しているシリーズなのだが、その「メカっぽく」表現されているのがめちゃくちゃ「ぐっと」きちゃう。 なにこれ、めっちゃ好きなんだけど、個人(@kissaten)的に気に入っち ...

アニメ アート 映画

有名俳優達をコミック風にデザインするアーティスト、トニースタークやドクターストレンジ等

フェイスデザイナーXi Dingさんによる、有名俳優のキャラクターをコミック風に変えちゃうアートをご紹介。「アイアンマン」のトニースタークや、ドクターストレンジなど、主にMarvel(マーベル)系のキャラクターを良い感じにトゥーンしてくれる。 とにかくできあがったモノが良い感じ!! どこかディズニーっぽいのも良い感じ。 もちろん、マーベル以外の作品もあるんだけど、それらすべて、特徴をよく捉えている。

iPhone アート

様々な映画にみる構図、結構決まっているみたい:Composition Cam

様々な構図がわかるアプリ「Composition Cam」のInstagramアカウントでは、アプリの特性にちなんで、「映画の中にある構図」を色々と知ることができます。様々な映画の中には構図のパターンが有り、どういった映画の構図がアルカをわかりやすく紹介しています。 「あの有名な映画にも構図が使われているなんて」を思わず感心できる映画の構図集です。 「Composition Cam」のアプリ自体は、正直たいしたことないのですが、様々な映画の中の構図に隠された「グリッド」や「サークル」を知っておくだけでも映 ...

アート イラスト

すげー!立体的コップのリアルイラストが作られていく様子!

絵を三次元的に描くことに憧れを持っていたのですが、それを更にリアルさを増すと、まるでそこに有るかのように見えてしまうのですね。 アーティストであるPortraitmaler Pabstさんによって描かれていく立体的なコップ。かなりリアルに描かれており、本当にそこに有るかのように見えます。Portraitmaler Pabstさんがそれらを描いていく過程をご覧になれます。

おもしろ動画

ダムの手すりで自転車に乗るっていうめっちゃ怖い映像:Fabio Wibmer

投稿日:12月25日 更新日:

いやー、コレはかなり怖い!!いくらプロだからってこのチャレンジは本人も怖いだろうなー!!

オーストラリアのMTBプロライダーであるFabio Wibmer(ファビオ・ヴィブマー)さんは、オーストラリアにある Koelnbreinsperreというダムの手すりをMTBで渡る映像をYouTubeで公開した。

地上200m地点ダムの手すり。落ちたら100%だめな高さでのMTBサイクリングチャレンジ。本人の息遣いやたまに傾いちゃう様子とか、見ているこっちはかなり冷や冷やしちゃうタイプの映像です。高所恐怖症の人は観覧に注意したほうが良いぞ!!

命がけのMTBサイクリング


こちらがFabio WibmerさんのYouTubeに投稿された「Bike balancing 200m high up - Fabio Wibmer」です。動画の冒頭で、いきなりダムの手すりの方に。その時点で既に「コワい」と思ったのですが、手すりを進み、手すりの角を曲がると、さらに高い200mものたかさのところ…。

片側はちゃんとした道路、そして方側ははるか下に…。

時折、Fabio Wibmerさんが息を整える様子や、横風のような音も聞こえてくる。さらに、バランスが悪いのかカメラが結構傾く時がある。見ているこっちはもう、その様子を見るのに精いっぱいで息をすることを忘れるほどだ。

結果的にはFabio Wibmerさんは無事に手すりを渡りきり、この命がけのチャレンジを成功させるのだ。まぁ、死んじゃってたら、この映像も存在しなかったでしょうしね。

高所での綱渡り系もそうだけど、どうしてこの人達はこんな怖いことが出来ちゃうんだろうかな。見ている側も結構つらいんだぜ!!


ちなみにこちらの映像「Q&A - Bike Balancing 200m high up」では、Fabio Wibmerが今回のチャレンジについての&A形式で答えるセルフインタビュー的な物が公開されています。彼の考えに興味を持った人は是非ともこのQ&Aについて見てみましょう!

あぁ、それにしてもどうしてこんな危ないことを…。ボクがこの人の兄弟とかだったら絶対にこの行動を止めるんだろうなー。それでも彼は絶対にやりとげるんだろうなー。

Fabio Wibmer[YouTube]














-おもしろ動画
-, , ,

Copyright© キセノンテンター , 2019 All Rights Reserved.