アート

ある角度から見ると作品が見えるようになるMichael Murphyのアート

Michael Murphyさんのアート作品。とある角度になって初めてその姿を現すアートとなっています。空間につるされた大小様々な黒いたま、とある一定の角度で、人の「目」が現れる空間を大きく使ったアートです。 Michael MurphyさんがYouTubeで公開されているいくつかのアート作品をご紹介します。その中には、バンクーバーで行われたTED開場に建設された物もあります。

アート 写真

「101匹わんちゃん」の公園シーンを再現した幸せなカップル

ディズニー映画「101匹わんちゃん」の最初のシーンを覚えているだろうか?作曲家であるロジャーが、ダルメシアンの愛犬ポンゴを連れ、公園を散歩しているシーンです。同じくダルメシアン(パーディタ)を飼っているファッションデザイナーのアニータが、ポンゴのちょっとした計画でロジャーと出会うとても素敵なシーン。 そんなディズニー映画「101匹わんちゃん」を再現してしまったカップルが居るのです。 さすがに、ダルメシアンと言うわけではありませんが、両者犬を連れ、ずぶ濡れになるシーンが何だかとってもほっこり出来ちゃう写真で ...

アート

こんなにたくさんいるの?世界にいるアルビノな動物達

こちらの亀さん。一匹だけ白いカメさんがいますよね?これは「アルビノ」な亀なのです。 アルビノとは アルビノ(albino)は、動物学においては、メラニンの生合成に係わる遺伝情報の欠損により 先天的にメラニンが欠乏する遺伝子疾患がある個体である。 この遺伝子疾患に起因する症状は先天性白皮症(せんてんせいはくひしょう)、先天性色素欠乏症、白子症などの呼称がある。また、この症状を伴う個体のことを白化個体、白子(しらこ・しろこ)などとも呼ぶ。さらに、アルビノの個体を生じることは白化(はくか・はっか)、あるいは白化 ...

アート 映画

大学生リア充風になったディズニーやドリームワークスのキャラクター達

Tumblr内でいろいろと投稿しているPunziellaで、まるで大学生リア充になったディズニー&ドリームワークスキャラクター達の様子が公開されています。 主に、ディズニーはPixar系の映画『塔の上のラプンツェル』や『アナと雪の女王』等の主要キャラクター、たとえば「ラプンツェル」や「メリダ」や「アナ雪姉妹」などが、リア充っぷりを公開されています。 もともとリア充な気もしますが、現実世界にいたら、キットこんな雰囲気だったのでしょうね。

おもしろグッズ アート

もしもあの企業がスニーカーを出したら?有りそうで無かったデザインコンバース

「あの企業がスニーカーをデザインしたらどんなものだろうか?」と、ちょっとした疑問に答えてくれたのが、イタリア人デザイナーAndrea Salaminoさんです。 コンバースのスニーカーを期に、色々なブランド、例えば、Google, Facebook, Virgin, マクドナルド等の有名ブランドをスニーカーにデザインしたものです。 上記はGoogleのスニーカーのようですね!こんな感じでスニーカーがデザインされます!

ゲーム

キーホルダーサイズのマルチゲームコンソール:FunKey

投稿日:

ものすごい情熱が注がれていそうだ。

ちょっと変わった自作ハードウェアがわんさかある「Hackaday.io」にあったプロジェクトト「FunKey」を紹介したいと思います。かなり小さいゲーム機(エミュレーター)を作っちゃおうといういくつかのプロジェクトの一つです。

まるでキーホルダーのように見える本体なのですが、実際にはARMのCPU「Cortex-A7」が搭載されています。このCPUといえば、ニンテンドークラシックミニ ファミリーコンピュータ にも同系統なものが入っていたことでも界隈で話題になりました。

「FunKey」は、スーパーファミコンを始め、いくつかのゲームコンソールをエミュレートできる、キーホルダーサイズのスーパーゲーム機と言ったところですね。

過去に、「Keymu」や「Funkey Zero」と言った小型のゲームコンソールプロジェクトもありましたが、「FunKey」はそうったプロジェクトの欠点をなくすべく作られたプロジェクトなのです。

キーホルダーサイズのマルチゲームコンソール

こちらは、「FunKey」がどういったプロジェクトなのか分かる映像です。映像の中では、スーパーファミコンの「ドンキーコング」を動かしているシーンやゲームボーイアドバンスの「マリオカートアドバンス」を動かしているシーンを見受けられます。

「FunKey」は携帯電話のように折り畳めるようになっていて、折りたたんだ状態だとサイズが「42.5 x 44.5 x 13.8 mm」とかなりコンパクトになります。また、この「閉じる動作」は折りたたみ携帯電話のような「折りたたみ感」を大切にした作りになっているようです。

こんな1.52インチの画面と小さいながらもしっかりとゲームが出来ているようです。この画面でプレイするのは難しいかもしれませんけど、きっと「慣れ」的なものでプレイできてしまうのです。

実はPSも動くみたい

「FunKey」の仕様ページを見てみると、どうやらPlayStation(初代)も動作するよう設計されているようです。PSのゲームを持ち運べる…ってかなりすごくないですかね?そんなことが「FunKey」では可能なんです。

ただ、やはり「ROM」関連はいろいろとアウトなところがあるのでそれをどうするか…ですね。

こんなに小さいのにいろいろ詰まった「FunKey」、ちょっと欲しいなと思います。

詳しい仕様などは下記サイトよりご覧ください。

FunKey project - All your games on your keychain ! | Hackaday.io
FunKey project - All your games on your keychain ! | Hackaday.io

Fun-on-a-Keychain is back, packing all your games and multiple emulators in a cute and extremely tin ...

続きを見る








-ゲーム
-, ,

Copyright© キセノンテンター , 2019 All Rights Reserved.