アート

こんな折り鶴は見たことない!折り鶴をカスタマイズする人Cristian Marianciuc

折り鶴って見たことあります?ほら、あの折り紙で作られた鶴のことです。幼少の頃に折り紙で作ったりしたことありませんか?おばーちゃんに折り方を教わったりさ。 今回ご紹介するのは、オリジナルの折り鶴を公開し続けるCristian Marianciucさんの作品です。折り鶴なんだけど、なんかものすごくカスタマイズされている折り鶴なのです。 ちょっとだけデザインされた物や、外見が全く違う物まで…、Cristian Marianciucさんによる折り鶴のカスタマイズがすごいことになっています。

アート イラスト

可愛すぎる!漫画調に描かれたディズニープリンセス達

なんてこった、何でこんなにカワイイ生き物になっちゃったんだろうか!? これは、パキスタンのアーティスト、マリヤム(Maryam)さんに描かれたディズニープリンセス達のイラストです。ディズニーのタッチとは全く異なる、漫画っぽい、それでいてカワイイイラストになっちゃいましたー! こんなん、恋しないほうがおかしいよ!かわいいよ! そんなディズニープリンセス達をご紹介!

LEGO アート

LEGOビルダーにより盆栽の作り方が公開されている

写真家でありLEGOビルダーのクリス·マクベイ(Chris McVeigh)さんが販売しているLEGOキット。その中にLEGOの盆栽が合ったのでご紹介したいと思います。 クリス·マクベイさんはFacebookやTumblr(タンブラー)でLEGOの作品をいくつか公開しており、キット販売されている物は無料で組み立て方法を公開しています。

アート

大理石が使われたとても贅沢なアナログ迷路:A MAZE

独創的な創作物を生み出すアーティストMarco Iannicelliによる贅沢な迷路をご紹介したい。 「A MAZE」と名付けられたそれは、大理石をベースに使われ、終わることの無い迷路を作り上げた。ジョイスティックを操作し、溝の掘られた円形の大理石を操作する。溝の中には鉄の玉が入っていて、大理石の溝の中をかけめるぐのだ。 タイトルは「迷路」だが、終わりはなく、自分で目標を設定しないと正直意味の無い迷路なのかも知れない。 それでも「大理石」という素材を使うことで、このアートに神秘性が増し、そのゴールをめぐれ ...

アート

細部まで作り込まれたミニチュアアート:kiyomi

とても小さい世界だけど、かなりステキだな。 ハンドメイド家具を趣味で作っているkiyomi(petipetit)さん。ハンドメイドでとても細かなミニチュアなアンティーク家具、ミニチュアなスイーツなどを作っている二児の主婦だそうだ。そんなkiyomiさんのInstaramに素晴らしい作品がたくさん公開されていたのでご紹介させていただきたい。 アンティーク好きな人、ミニチュア好きな人、どちらにも刺さるアート作品です。

ガジェット レビュー

BenQのプロジェクターHT3050とJVCのプロジェクターを比較してみた

投稿日:

BenQアンバサダープログラムのモニターで、BenQが出しているプロジェクターHT3050をモニターさせていただくことになりました。とは言っても、プロジェクターの知識はあまりなく、そもそもシアター設備を所持していません。

そこで、普段お世話になっている三重県伊勢市のオーディオ店、サウンドエースさんに協力してもらい、ホームシアター設備をお借りしてHT3050を視聴させていただきました!!

ちなみに、サウンドエースさんには、ホームシアターコーナーにJVCの70万円ほどするプロジェクター(4K対応)があるので、そいつとBenQのHT3050(最大WUXGA)を勝手に比較させていただきます。JVCのはサウンドエースさんのところで何度も拝見しているからね。

BenQのHT3050のモニター!!

こちらが今回モニターさせていただいた製品。とりあえず、モニターの結果「いいじゃん」って思っちゃいましたよ。お値段はAmazon価格で11万円ちょっとします。プロジェクターとしてはわりと下段ぐらいな値段。結構この値段で見れちゃうんだなー。

今回は、サウンドエースさんでの視聴です。ホームシアタースペースで見れるのはマジで嬉しい。

ちなみにHT3050は映画館とかで使われているDLP方式だそうだ。

一方、こちらは定価70万のプロジェクター。スペックとかいろいろと差があります。こっちは4Kも対応しちゃっているすごいやつ。でも、まぁ、これと比較って言うのもあれなので4kじゃないものをで見た感じの比較をします。

その前にHT3050のフォトレビュー。

BenQ HT3050を見て行こう!

Benqht3050 IMG 2856

とりあえず、箱。ここにだいたい書かれている。簡単に台形補整。縦横でプラスマイナス30°の補正、だから正面から映さなくてもいってことだ。レンズシフトでの画面の上下も行える。プロジェクターの傾きによる画面のゆがみを簡単に補正することができるから色々と設置できる。床に置くのは無理だろうけど、ある程度の高さがあればスクリーンに映せそう。

入力は割と多い

Benqht3050 IMG 2825

入力系統はこんな感じになっている。

HDMI端子(v1.4a)x2
コンポーネント端子(RCA)x1
ビデオコンポジット端子x1
ミニD-sub15ピンx1
オーディオRCA端子(L/R)x1
オーディオミニジャックx1

今回はHDMIを使います。

何気にスピーカーもある

Benqht3050 IMG 2848
出力に、オーディオミニジャックx1 と他にスピーカー10Wが二つある。つまり、このプロジェクター単品でオーディオも割とちゃんとされている。ただ、真ん中に置かず、サイドからの投影の場合はやっぱりオーディオをちゃんとやるべきかなと。

120インチのスクリーン

Benqht3050 IMG 2839

サウンドエースさんの環境はこんな感じ。120インチ、楽しもうぜ。

HT3050を3mちょっとの場所に設置しての投影。めっちゃ大画面です。

オン!!!!!!!!!!

Benqht3050 IMG 2846

そして、スイッチオン。

DTS 2016 Demo Disc (Vol. 20)

Benqht3050 IMG 2842 2

今回は、DTS 2016 Demo Disc (Vol. 20)という物を視聴させていただいた。それをJVCのプロジェクターと交互に映す感じ。それからのBenQ HT3050 の評価ということになる。

ちなみに、DTS のデモシリーズはマジで素晴らしい映像をたくさん入れてあるヤツ。これ、いいな。貸して欲しいな。あとでサウンドエースさんに聞いてみよう。

BenQ HT3050は十分見れる

今回、JVCの70万のプロジェクターと比較したけど、割とBenQ HT3050も見れる。全然見れる。問題なく見れる。綺麗だ。

色彩の表現、コントラストのはっきりとした強さ、黒色の沈み込み…問題ないです。

コレ系ってい、激しい映像とか「どうなの?」って思ってたんだけどヌルヌルといい感じ。これはDLPのおかげなのだろうか。黒色もちゃんと「黒」を表現していて悪くない。

でも比較しちゃダメだった

やっぱJVCの70万円ほうが綺麗。これはどうしようもないことだ。だって、価格やスペック、全く違う。比べることが間違っていた。

それでも、HT3050もいいのだよ

比較、もししなかったらHT3050はすげえぞって思う。ちゃんと綺麗だし、ちゃんと見れる。ちゃんと使える。

もしボクがこの製品のオーナーなら、重さもそんなにないから、プロジェクター自身を「設置する」っていうより、「ちょっと映画見ようぜ」でテーブルの上に置く…な生活に向いている。それがBenQのHT3050なのだろうなーって思った。

「ちょっとプロジェクターで映画見てみない?」なんて誘い文句を言ってみたいものだ。

 

ぶっちゃけ、お値段的にTV買えちゃうけど、映せる壁があったら120インチの超大画面で見れちゃうんだぜ!?よくね?それよくね?めっちゃ憧れるじゃん!その生活めっちゃ憧れるジャンか!!

うわー、モニターじゃなかったらなー!めっちゃ欲しいわ!!!!!!!!!!

くっそう、モニターなので返さないといけない。バイバイ、BenQ HT3050…。

サウンドエースさんについて

お店:サウンドエース
住所:〒516-0016 三重県伊勢市神田久志本町1522−4
電話:0596-25-0526
営業:水曜日定休 10:00から19:30

HP:サウンドエース
FB:サウンドエース(Facebook)

今回お世話になったサウンドエースさんはこちらです!








-ガジェット, レビュー
-, , ,

Copyright© キセノンテンター , 2019 All Rights Reserved.