アート イラスト

もしも色々なディズニー作品をティム・バートンが手がけていたら

映画『ナイトメアー・ビフォア・クリスマス』、『コープスブライド』、『フランケンウィニー』の制作でおなじみティム・バートン(Tim Burton)さんが、もしも他のディズニー作品を手が手たらどうなっているのか? そんな「もしも」をイラストで表現したアートイラストをご紹介。 これはロサンゼルスで働くロシアンアーティストAndrew Tarusovさんによる作品で、色々なディズニーキャラクターがどこか「幸薄い」雰囲気を醸し出しています。そして何とも言えないあの大きな目が印象的です。

アート

鉛筆の芯で作られた列車がめちゃくちゃ細かい

これまでもいくつもの鉛筆彫刻アートをご紹介してきましたが、このようなアプローチは驚きます。とても細かい世界なのですが、これほどまで素晴らしいのはすごい。 鉛筆彫刻アーティストCindyChinnさんが作った作品は、鉛筆の中を通っている列車…言葉通りの作品です。鉛筆の中にある芯を列車のように見立て、周りは列車が通るトンネルをイメージして作られている作品です。 線路になっている枕木やレールまで、鉛筆彫刻アートで再現しているすごい作品です。 前の記事鉛筆彫刻アートが繊細な世界:Jasenko Đorđević[ ...

アート

水を表現したハイパーリアリズム:Aqua by Reisha Perlmutter

ハイパーリアリズムという、絵をより現実っぽく見せるジャンルのアートがある。今回はそんな「ハイパーリアリズムアート」を書いている人を紹介したい。 「写真じゃ無いの?」と突っ込みたくなるレベルで「水」の表現が素晴らしいアメリカ人アーティストReisha Perlmutteさん。彼女の描く「Aqua」シリーズは、とにかく水の表現がかなりリアルなのだ。特に水の中で漂う、浮遊感のある女性を描いているのがスゴイ。 絵で水を表現出来るってのもスゴいけど、その描かれたハイパーリアリズム自体がとにかくステキ。水の動き、水に ...

アート イラスト

刀ファッションがクールなジャパニーズテイストのイラスト:199hates

90年台アニメが好きな人はビビビときちゃうかもしれないイラストアート作品をご紹介します。 Instagramで活動する@199hatesことMau Lencinasさんによるイラストをご紹介。「刀」や「鬼の面」「まねきねこ」といったなんだかジャパニーズテイストなグッズとファッションがめっちゃかっこいいキャラクターのイラスト。どことなく90年台のテイストで表されためちゃくちゃ惹かれるイラストなんです。 なかでも「悪魔ハンター199」なんていうビジュアルがめっちゃかっこいいテシリーズもあってまじで必見!これを ...

アート イラスト

ディズニーキャラクターがリアルの世界にいたらこんな感じ、ヴィラン編

これはなかなかカッコいいじゃないか・・・。 以前にも当ブログで紹介した、メルボルンで活動するグラフィックアートストJirka Väätäinenさんイラストを再び紹介したいです。ディズニーキャラクターを美男美女化するあのアーティストさんです。 前回の記事では、主にJirka さんによってリアル化された、ディズニーの主人降格のキャラクターを紹介しました。そのシリーズは「#RealLifeDisneyCharacters」や「#RealLifeDisneyGirls」なんかでタグ付けされています。 その記事の ...

MacBook

MagSafeコネクタを改造してMacBookのバッテリーの劣化を防ぐ方法

投稿日:10月26日 更新日:

MacBookのバッテリーは、MagSafeコネクタによりバッテリー給電を行います。MacBookのバッテリーを劣化させずに長持ちさせようと思うと、バッテリー使用量を40%~80%の間で抑えておけば良いそうです。

しかし、普通にMacBookを常時利用していけば、もちろんバッテリーは使用るので、バッテリー使用量は絶えず変動していきます。

これはバッテリーを「使う」という事なので、バッテリーを長持ちさせるどころか使うたびに劣化していくわけです。バッテリーの放電、充電の繰り返しでバッテリーはダメージを負っていく。

じゃあ、「ACアダプターからバッテリーに電気を流さずにMacBookを動かしたい」そう思いませんか?その方法が実はあるのです。

バッテリーを充電させず、MacBookのみを動かす方法。その方法をご紹介します。ちょっとした加工をすればできちゃうのです。この方法は、バッテリー電力は供給されず、ACアダプターから直接電気を得ます。

つまりは、最終的にMacBookのバッテリーを長持ちさせるということです。

※推薦しているわけではありません。

MagSafeコネクタ改造

MagSafeコネクタをよく見る

MagSafeコネクタ

MagSafeコネクタをよく見ると、5つの端子があります。実は、この真中の端子が「バッテリーを充電する」端子でして、これを絶縁してあげればバッテリーへ充電されずMacBookに給電される状態になります。

改造の準備

準備物

準備物として、「セロテープ」「紙」「カッター」が必要です。セロテープで絶縁してあげるということです。ただし、ひとつの端子だけ絶縁させるだけで、他の端子を絶縁させてはいけません。なのでそれを行うためのカッターです。

MagSafeを絶縁させる

セロテープを両面で止める

セロテープを粘着面同士で貼り付けます。つまりツルツルの面が外側にするようにします。

真ん中の端子を絶縁

この赤い四角ぐらいの大きさでセロテープをカッターで切ります。これを貼り付けるといけないので、紙でカバーを作ってあげます。

紙のカバー

紙のカバー

1cmぐらいの帯を作り、MagSafeコネクタを包みます。この時、MacBookとMagSafeの間に先ほど作ったセロテープをはさみ固定してあります。MagSafeとセロテープの間にこの髪を入れる感じです。

入れたあと、更に上からセロテープを張って止めます。

作成イメージはこんなかんじです

こんなかんじの3重構造です。

こうなりました

バッテリーは「充電」されていない

これで「バッテリーは充電できません」と表示されます。これにより「バッテリーの充電は行われず、MacBookには給電される」状態になりました。

ちょっとした工夫で、バッテリーを劣化させずにMacBookを維持することが出来るということでしたー。推薦はしていませんが、バッテリー劣化を恐れる人はこう言った方法があるのを覚えておいても良いかも知れません。

MagSafe[Wikipedia]








-MacBook
-, , ,

Copyright© キセノンテンター , 2019 All Rights Reserved.