アート

流木からドラゴンなどを作るJames Doran-Webbの流木アート

フィリピン島の海岸にはいくつかの流木が流れ着くことがあるそうです。アーティストのJames Doran-Webbさんは、その流木を組み合わせて、ものすごいレベルの様々な流木アート作品を作り上げている人です。 James Doran-Webbさんが作った流木の彫刻は、それはそれはまるで「生きている」かのような出来栄えで、そのすごさに目を奪われてしまうのではないでしょうか。とても良くできた造形物だと思います。 James Doran-Webbさんが製作したいくつかの流木アートが公開されていましたのでご紹介しま ...

アート 写真

ライトペインティングのプロによる美しい光の花:Hannu Huhtamo

『ライトニングペイント』と言うアートのジャンルをご存知だろうか?カメラの長時間露光機能を使って、そのシャッターを切っている間に色々な光を与えて、「光で色々と描く」ことでアートとする物だ。 カメラの設定を長時間露光で撮影するだけなので、割と誰でも簡単にチャレンジできるジャンルだったりする。 そんな『ライトニングペイント』のプロであるフィンランドのアーティストHannu Huhtamoさんが行うアートがかなりスゴイ。1枚の写真の中に、この世の物とは思えないほど美しい光で作られた花が登場している。 しかも、どう ...

アート 音楽

「雪だるまつくろ〜♪」映画『アナと雪の女王』の歌パートを実写で再現した素敵なやつ

2013年のディズニー映画(日本では2014年)『アナと雪の女王』に出てくる歌パートを実写で行ってみた素敵な動画をご紹介します。 かわいらしい「アナ」の歌う「雪だるまつくろう」(原題:Do You Want to Build a Snowman?)や、ハンスと共に歌う「とびら開けて」(原題:Love is an open door)などが実写になってとっても素晴らしくなっています。 『アナと雪の女王』ファンに是非ともご覧になって欲しいです。

アート イラスト

「父が7年かけた迷路」がすごすぎる!そしてその続編も…。

2013年ごろ、Twitterユーザーの@Kya7yさんによって投稿されたとある「迷路」。なんでも彼女の父 (野村一雄)さんによって「7年間かけて」作られたA1サイズの用紙びっしりの迷路があるという。 このすごく細かい迷路は瞬く間にTwitterの間で広がり、国内外の様々な差違とで取り上げられた事とでも有名です。また、「Spoon&Tamago」でこの迷路が販売されてい事も知っているでしょう。 さて、この話に続きが有るのをご存知だろうか?2014年ごろ、再び彼女の父が迷路を造っていることを…。

アート

影にメッセージが現れるワイヤーアート by Fred Eerdekens

一見するとぐちゃぐちゃに折り曲げられた金属のワイヤーのオブジェ。ところが、ワイヤーに光を投射し、壁に映し出されたワイヤーの影を見ると、とあるメッセージがあらわれるアート作品。この作品の製作者であるFred Eerdekensさんは、影を使ってメッセージを伝えるアート作品を作っているのです。 その一つ一のメッセージ自体も作品になっています。

MacBook

MagSafeコネクタを改造してMacBookのバッテリーの劣化を防ぐ方法

投稿日:10月26日 更新日:

MacBookのバッテリーは、MagSafeコネクタによりバッテリー給電を行います。MacBookのバッテリーを劣化させずに長持ちさせようと思うと、バッテリー使用量を40%~80%の間で抑えておけば良いそうです。

しかし、普通にMacBookを常時利用していけば、もちろんバッテリーは使用るので、バッテリー使用量は絶えず変動していきます。

これはバッテリーを「使う」という事なので、バッテリーを長持ちさせるどころか使うたびに劣化していくわけです。バッテリーの放電、充電の繰り返しでバッテリーはダメージを負っていく。

じゃあ、「ACアダプターからバッテリーに電気を流さずにMacBookを動かしたい」そう思いませんか?その方法が実はあるのです。

バッテリーを充電させず、MacBookのみを動かす方法。その方法をご紹介します。ちょっとした加工をすればできちゃうのです。この方法は、バッテリー電力は供給されず、ACアダプターから直接電気を得ます。

つまりは、最終的にMacBookのバッテリーを長持ちさせるということです。

※推薦しているわけではありません。

MagSafeコネクタ改造

MagSafeコネクタをよく見る

MagSafeコネクタ

MagSafeコネクタをよく見ると、5つの端子があります。実は、この真中の端子が「バッテリーを充電する」端子でして、これを絶縁してあげればバッテリーへ充電されずMacBookに給電される状態になります。

改造の準備

準備物

準備物として、「セロテープ」「紙」「カッター」が必要です。セロテープで絶縁してあげるということです。ただし、ひとつの端子だけ絶縁させるだけで、他の端子を絶縁させてはいけません。なのでそれを行うためのカッターです。

MagSafeを絶縁させる

セロテープを両面で止める

セロテープを粘着面同士で貼り付けます。つまりツルツルの面が外側にするようにします。

真ん中の端子を絶縁

この赤い四角ぐらいの大きさでセロテープをカッターで切ります。これを貼り付けるといけないので、紙でカバーを作ってあげます。

紙のカバー

紙のカバー

1cmぐらいの帯を作り、MagSafeコネクタを包みます。この時、MacBookとMagSafeの間に先ほど作ったセロテープをはさみ固定してあります。MagSafeとセロテープの間にこの髪を入れる感じです。

入れたあと、更に上からセロテープを張って止めます。

作成イメージはこんなかんじです

こんなかんじの3重構造です。

こうなりました

バッテリーは「充電」されていない

これで「バッテリーは充電できません」と表示されます。これにより「バッテリーの充電は行われず、MacBookには給電される」状態になりました。

ちょっとした工夫で、バッテリーを劣化させずにMacBookを維持することが出来るということでしたー。推薦はしていませんが、バッテリー劣化を恐れる人はこう言った方法があるのを覚えておいても良いかも知れません。

MagSafe[Wikipedia]








-MacBook
-, , ,

Copyright© キセノンテンター , 2019 All Rights Reserved.