アート

2Dで動くOverwatchのキャラクター達:Kyle Bunk

アメリカのFiraxis Games社で働く3DアニメーターKyle Bunkさんの2Dアート作品を紹介します。ピクセルで描かれたキャラクター達が結構動いてくれます。 Kyle Bunkさんが描く2Dアニメーションは、ブリザード・エンターテイメントの世界的に人気のアクションFPSゲーム「Overwatch(オーバーウォッチ)」の各キャラクター達です。いろいろなキャラクターがまるで格ゲーのように動いてくれます。 元々3Dのゲームだけあって、2Dになるとなんだか不思議な見え方もしちゃいます。古き良きゲームにに ...

アート

フルーツを素敵に擬人化したイラストアート:Marija Tiurina

これは素敵な擬人化だ! ロンドンを拠点に活動するアーティストMarija Tiurinaさんのイラストアートをこの記事では紹介します。どうやらMarija Tiurinaさんの住んでいる町には、特別な青果店が存在するらしく、日本ではあんまり見ないような果物や野菜が取り扱われているようです。 そんな色々な野菜や果物をいい感じに「擬人化」したイラストアートをさんは描いています。「え?この果物ってなんて言うの?」と、思っちゃいそうなものばかりですが、彼女が水彩画を使って表現するキャラクターはどれも素敵なものばか ...

アート イラスト

侍になったドラゴンボールキャラクター:Guillem Daudén

スペインバルセロナで活動するコンセプトアーティストGuillem Daudénさんによるイラストアートを紹介します。Guillem Daudénさんは「もしも侍になったら?」を思わせるように、鳥山明さんのドラゴンボールを「侍風イラスト」に描いてくれます。ちなみにそのときの名義は「kenji_893」です。 侍風になった孫悟空やベジータ、トランクスなど、「え、めっちゃサムライに合うじゃん」と思わせてくれるようなイラストなど。ドラゴンボールキャラクターがサムライになったらこうなるぞというイラストを紹介します。 ...

アート イラスト

ディズニーキャラクターがリアルの世界にいたらこんな感じ、ヴィラン編

これはなかなかカッコいいじゃないか・・・。 以前にも当ブログで紹介した、メルボルンで活動するグラフィックアートストJirka Väätäinenさんイラストを再び紹介したいです。ディズニーキャラクターを美男美女化するあのアーティストさんです。 前回の記事では、主にJirka さんによってリアル化された、ディズニーの主人降格のキャラクターを紹介しました。そのシリーズは「#RealLifeDisneyCharacters」や「#RealLifeDisneyGirls」なんかでタグ付けされています。 その記事の ...

アート 写真

実践してみたくなる、プロによるスウィートな赤ちゃんの撮影アイディア:JustGaba Photography

赤ちゃんってそのままの姿でもめちゃくちゃ可愛いけど、どうせだったらすっごい良い感じに撮りたいですよね?そんなとき、プロの現場ではどういった撮影アイディアで新生児達を撮影しているかご紹介します。 今回紹介するのは、JustGaba PhotographyのGaba Svarbuさんが実際に撮影している赤ちゃん達の写真です。 構図としては、赤ちゃんを写真の中心に配置し、周りを花などの植物で素敵に飾るスウィートな写真アイディアです。 赤ちゃんの写真ってどうやって撮ったら良いか悩んでいる人とかにお勧めしたいです。 ...

クラウドファンディング ゲーム

エアフローの問題を解決したコンパクトなNintendo Switch用多機能ドック:Jumpgate

投稿日:

「公式から出せ」と言わんばかりのNintendo Switch用アイテムをご紹介。

クラウドファンディングKickstarterに出ている「Jumpgate」は、コンパクトながらNintendo Switchに、そしてType-C対応端末に嬉しい仕様の多機能ドックだ。

Nintendo Switch純正ドックでは、ユーザーによっては度々排熱の問題が話題に上がっている。純正まま保護フィルムなどを貼ると排熱が上手くいかず、Nintendo Switch本体の変形が見られるほど高熱になってしまうという問題だ。(各ユーザーによって被害があったり無かったり)

そんなNintendo Switchの純正ドックでおこっていた排熱問題を解決するに加え、今回紹介する「Jumpgate」は、Type-C対応端末には嬉しいUSBハブやドッキングステーションの機能を持ってくれるデバイスなのだ。

Nintendo Switch対応、多機能ドック「Jumpgate」


こちらが今回紹介する「Jumpgate」のコンセプト映像。

開始数分で、カラーバリエーションがいくつかあるのが分かる。日本のファミコンや海外製ファミコンを模したカラーなどだ。ソレは置いておいて、軽く「Jumpgate」の機能をまとめたい。

0af0c0ae2d150ebd521baa083965b568 original

多機能ドック「Jumpgate」は、基本的にNintendo Switchやその他デバイスで使うモノと思って良いと思う。Nintendo Switch専用のドックのように、Nintendo Switchを装着して、TVに出力するのはもちろんできる。USB-Type-C対応のスマホやラップトップに装着して、マルチメディアリーダーやUSBハブ、HDMI出力としても使える。


Nintendo Switchの全面、背面を覆っておらず、なおかつ空気の吸引口を塞がないようにエアフローを設けてあるので排熱問題は解決されていると思われる。

さらに、差し込み端子の角度がある程度動くようになっているので、カバー付きのNintendo Switchでもドックとしてはめ込むことが出来るようだ。

Nintendo Switchを持っている人なら分かるとおり、ドックはコントローラーのラバーカバーなどを取り付けたままだとドックに装着できず、メチャクチャ不便だなと感じるときがある。

「Jumpgate」はソレを解決した。

更に言えば、本体が小型なため、持ち運びようとして販売されているNintendo Switch用のソフトケースにも対応できる厚さなのだ。もちろん、純正のNintendo Switchでは、そんなことはできない。

ラップトップの多機能ドックとして

「Jumpgate」の最も注目すべきはコチラの点だろう。

なんと、ドックから取り外して、更にコンパクトな多機能ドックとして機能する。先に言った、USBやカードリーダー、HDMI出力の機能そのまま、小型になってしまうのだ。

ソレをそのままNintendo Switchに装着しても良いし、ラップトップのに取り付け、補助アイテムとしても使える。

今ならセットで79ドル

クラウドファンディングKickstarterなら79ドル(オーストラリアドル)でGamer Setの入手が可能。Nintendo Switchを愛するなら是非ゲットすべきだ。

ちなみに定価は、122ドル(オーストラリアドルで)ぐらいらしいので、大体35%OFFとのこと。

目標金額は現時点でクリアしているのであとはゴールをまつのみ。気になった人は是非出資してみよう。








-クラウドファンディング, ゲーム
-,

Copyright© キセノンテンター , 2019 All Rights Reserved.