エアフローの問題を解決したコンパクトなNintendo Switch用多機能ドック:Jumpgate

エアフローの問題を解決したコンパクトなNintendo Switch用多機能ドック:Jumpgate

「公式から出せ」と言わんばかりのNintendo Switch用アイテムをご紹介。

クラウドファンディングKickstarterに出ている「Jumpgate」は、コンパクトながらNintendo Switchに、そしてType-C対応端末に嬉しい仕様の多機能ドックだ。

Nintendo Switch純正ドックでは、ユーザーによっては度々排熱の問題が話題に上がっている。純正まま保護フィルムなどを貼ると排熱が上手くいかず、Nintendo Switch本体の変形が見られるほど高熱になってしまうという問題だ。(各ユーザーによって被害があったり無かったり)

そんなNintendo Switchの純正ドックでおこっていた排熱問題を解決するに加え、今回紹介する「Jumpgate」は、Type-C対応端末には嬉しいUSBハブやドッキングステーションの機能を持ってくれるデバイスなのだ。

Nintendo Switch対応、多機能ドック「Jumpgate」

こちらが今回紹介する「Jumpgate」のコンセプト映像。

開始数分で、カラーバリエーションがいくつかあるのが分かる。日本のファミコンや海外製ファミコンを模したカラーなどだ。ソレは置いておいて、軽く「Jumpgate」の機能をまとめたい。

0af0c0ae2d150ebd521baa083965b568 original

多機能ドック「Jumpgate」は、基本的にNintendo Switchやその他デバイスで使うモノと思って良いと思う。Nintendo Switch専用のドックのように、Nintendo Switchを装着して、TVに出力するのはもちろんできる。USB-Type-C対応のスマホやラップトップに装着して、マルチメディアリーダーやUSBハブ、HDMI出力としても使える。


Nintendo Switchの全面、背面を覆っておらず、なおかつ空気の吸引口を塞がないようにエアフローを設けてあるので排熱問題は解決されていると思われる。

さらに、差し込み端子の角度がある程度動くようになっているので、カバー付きのNintendo Switchでもドックとしてはめ込むことが出来るようだ。

Nintendo Switchを持っている人なら分かるとおり、ドックはコントローラーのラバーカバーなどを取り付けたままだとドックに装着できず、メチャクチャ不便だなと感じるときがある。

「Jumpgate」はソレを解決した。

更に言えば、本体が小型なため、持ち運びようとして販売されているNintendo Switch用のソフトケースにも対応できる厚さなのだ。もちろん、純正のNintendo Switchでは、そんなことはできない。

ラップトップの多機能ドックとして

「Jumpgate」の最も注目すべきはコチラの点だろう。

なんと、ドックから取り外して、更にコンパクトな多機能ドックとして機能する。先に言った、USBやカードリーダー、HDMI出力の機能そのまま、小型になってしまうのだ。

ソレをそのままNintendo Switchに装着しても良いし、ラップトップのに取り付け、補助アイテムとしても使える。

今ならセットで79ドル

クラウドファンディングKickstarterなら79ドル(オーストラリアドル)でGamer Setの入手が可能。Nintendo Switchを愛するなら是非ゲットすべきだ。

ちなみに定価は、122ドル(オーストラリアドルで)ぐらいらしいので、大体35%OFFとのこと。

目標金額は現時点でクリアしているのであとはゴールをまつのみ。気になった人は是非出資してみよう。

この記事に関連する記事一覧

この記事のタグ

キセノンテンターの最新情報をゲット

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です