予告編

トム・ハーディーの「ヴェノム」が暴れるオフィシャルトレーラー第二弾公開

投稿日:

2018年10月5日に海外で公開予定(日本では11月2日)の映画『ヴェノム』のオフィシャルトレーラーの第二弾が海外と日本両方同時公開された。

この映画は、『ダークナイト ライジング』のベインや『マッドマックス 怒りのデス・ロード』で主役のマックス・ロカタンスキーを演じたトム・ハーディが主演を演じる。

ヴェノムといえばいわゆる「ヴィラン」(悪役)なのだが、その人気はスーパーヒーロー同様にあるキャラクターだ。単独映画ということでかなりの注目が集まっている映画でもある。

今回のトレーラーは前回のトレーラーよりもかなり「ヴェノム」が観れる、暴れるモノとなっている。是非頂きたい。

映画「ヴェノム」トレーラー第二弾


※なんで日本の映画のオフィシャルってこんなダサいサムネイルなの?

「俺たちはヴェノムだ」

宇宙からやってきた「シンビオート」(寄生生物)を手に入れたリズ・アーメット演じるライフ財団の社長カールトン・ドレイクが何やら人体実験をしている様子が伺える。

そしてそのことから、今回ヴェノムと敵対するのがリズ・アーメットで有ることも分かっっている。

1000venom 1 1000x562

そして、この写真からも分かるように、ヴェノムの敵はライオットだ。身体がぶちまけられ、中身から顔がひょっこり現れている。

今回のオフィシャルトレーラーは、前回のトレーラーと比べて「ヴェノム」の姿が結構あらわになっているのが嬉しいところ。凶暴性、暴力性が出まくっているヴェノムがこんなに観れるなんてうれちぃいぃいいぃぃ。



映画「ヴェノム」の日本での公開は11月2日(金)全国ロードショー。



ライオットが出るんなら…アイツらも出るの?、とアメコミファンお馴染みのヴェノム関連のキャラクターがフツフツ頭をよぎる。そもそもスパイダーマンと闘うのか?そのあたりも気になるところではある…。とにかく、トム・ハーディのヴェノム、楽しみじゃ!

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

xenontenter

ブログ「喫茶店の部屋」の中の人です。ハイパー難病人ながらよろず屋なフリーランスをやっています。ライティング、エディター、コーダー、写真、色々やってますー。

人気の記事

1

なんてこった、何でこんなにカワイイ生き物になっちゃったんだろうか!? これは、パキスタンのアーティスト、マリヤム(Maryam)さんに描かれたディズニープリンセス達のイラストです。ディズニーのタッチと ...

2

クラウドファンディングKickstarterに出ていたLumapodって三脚を紹介します。 こいつの特徴としては、非常にコンパクトで軽量な本体なのですが、大きいサイズの「Lumapod Go120」が ...

3

タブレットやiPhoneでキーボードを使いたい時、Bluetoothキーボードが割といい感じだ。今回は、iCleverというモバイル製品のプロダクトをたくさん出している会社の「iClever IC-B ...

4

外でキーボードを使うんだったら小さい方が良いんだなって最近気づいた。これまで、「打ち込みやすさ」ばかり求めていて、ガジェットのミニマムかを考えてなかったけど、薄型、小さい、コンパクトっていいね。外で使 ...

5

もしチュン・リーが実際に居たら、きっとこれぐらいの脚を持っているのだろう・・・。 フィットネスで鍛えまくったNatascha Encinosaさんそのドレス姿が、ゲーム『ストリートファイター』のキャラ ...

-予告編
-,

Copyright© キセノンテンター , 2018 All Rights Reserved.