影にメッセージが現れるワイヤーアート by Fred Eerdekens

影にメッセージが現れるワイヤーアート by Fred Eerdekens

一見するとぐちゃぐちゃに折り曲げられた金属のワイヤーのオブジェ。ところが、ワイヤーに光を投射し、壁に映し出されたワイヤーの影を見ると、とあるメッセージがあらわれるアート作品。この作品の製作者であるFred Eerdekensさんは、影を使ってメッセージを伝えるアート作品を作っているのです。

その一つ一のメッセージ自体も作品になっています。

影で現れるメッセージ

fred-eerdekens-03-tt-width-620-height-412-crop-1-bgcolor-000000-except_gif-1

“Nothing has changed but everythng different” ,”plus que parfait”, “dark”などいくつかのメッセージが込められた作品。ワイヤーという味気ない物から影を生み出し、そのメッセージを楽しめる作品なのです。

fred-eerdekens-05-tt-width-620-height-347-crop-1-bgcolor-000000-except_gif-1

fred-eerdekens-06-tt-width-620-height-325-crop-1-bgcolor-000000-except_gif-1

fred-eerdekens-01-tt-width-620-height-411-crop-1-bgcolor-000000-except_gif-1

fred-eerdekens-02-tt-width-620-height-412-crop-1-bgcolor-000000-except_gif-1

 

fred-eerdekens-04-tt-width-620-height-412-crop-1-bgcolor-000000-except_gif-1

Fred Eerdekensの作品

Fred Eerdekensさんの作品を見ていくと、これ以外にもいくつかのオブジェ作品を製作しているみたいです。その中にはこのワイヤーオブジェのようなメッセージの有る物もありました。

HPにそれらのアートが紹介されています。是非ご覧下さい。

ところで、ワイヤーアートといえば、アクセサリーなどで使われる物だと思っていましたが、このようなアート割く遺品として立派に機能できちゃうのですね。

この記事に関連する記事一覧

この記事のタグ

キセノンテンターの最新情報をゲット

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です