アート

イタリアのウフィツィ美術館が彫刻品の3DをWEBで公開し、300体以上が見放題に!

コレはスゴイ、コレはチャンスとして是非とも見当て欲しいな。 イタリア、フィレンツェにあるウフィツィ美術館(Galleria degli Uffizi)とアメリカにあるインディアナ大学(Indiana University)が協力し古代の遺物や彫刻品を3Dで観覧可能になりました。 WEB上でサイト「The Uffizi Digitization Project」が新たに開設され、海外に旅行せずともそういった作品に触れることが出来ちゃうのだ。 このWEBサイトについてはインディアナ大学の副学長Fred H. ...

アート

まるで「水のような炎」を表したアート作品

遥か昔、北京原人のいた頃から使っていたとされる「炎」。今では人間の科学がとても進歩し、「マッチ」や「ライター」、「着火マン」なんかで人間は簡単に火をおこすことが出来ます。 そんな「炎」を「水のような炎」に仕上げたアート作品をご紹介します。 今回ご紹介するアート作品を手がけたのは、ブラジルのリオ・デ・ジャネイロを拠点に活動をする、デザインスタジオPlatinum(プラチナ)によるものです。Platinumでは、主に3Dグラフィック、写真、イラスト等を手がけているデザインスタジオです。 「水のような炎」はとて ...

アート

音の振動をカラフルなビジュアルで見れるアート「Dancing Colors」

「バシャーン」とカラフルなビーズらしき物が宙を舞っている写真。これは、スピーカーの上に薄いプラスチックホイルを敷き、カラフルなクリスタルをちりばめた物です。スピーカーの音を鳴らすとカラフルなクリスタルが宙を舞う。その瞬間を写真に収めたアート作品「Dancing Colors」です。 このとっても美しいアート作品を作ったのは、スイスのアーティストであるファビアン・エーフナー(Fabian Oefner)さんの作品です。音がカラフルで美しい色のビジュアルで見ることが出来る。なんとも素敵なアート作品です。

アート

様々なキャラクターをホットプレートでパンケーキにするアート

ホットプレートで様々なキャラクターをパンケーキアートにしちゃうTigerTomatoをご紹介します。TigerTomatoのYouTubeチャンネルでは、すでにたくさんのキャラクターがパンケーキで再現されています。「ソニック」「スヌーピー」「ドラえもん」「カービィ」など、有名なキャラクター達のパンケーキ! TigerTomatoによりキャラクター達がパンケーキにされていく過程をじっくり見ることが出来るので、パンケーキ制作工程を見ていけば実際にトライできそうな気がします。

アート

筋肉を表現した彫刻、木下雅雄のアートに見入る

その造形に、その奇抜さに、かなりわくわくさせられた彫刻をご紹介。これは、日本人彫刻家、木下雅雄(きのしたまさお)さんによって作られた作品達です。とても筋肉質で、でも、「ありえない」造形の物もあります。 いえ、「あり得ない」とは、僕が「知らない」だけなのかも知れませんが、こう言った生き物がいたらキットこういう構造なのかなと。「ケンタウロス」や「阿修羅(あしゅら)」など、おそらくこの世には存在しない空想物の中身(解剖図)がみれる…。すばらしい。 木下雅雄さんのHPにいくつか作品(解剖図)が公開されており、ご紹 ...

ガジェット レビュー

SatechiのUSB3.0が3ポート入ったType-CマルチUSBハブ

投稿日:

必要十分な機能を得ている。それは良いと思った。

MacBookやiPhoneに似合う、アルミニウムデバイスを提供するSatechiさんのType-CマルチUSBハブをご紹介します。

USB3.0が3ポート、microSDとSDカードスロットを完備。さらには、ギガビットイーサネットやHDMIのポートなども付いているマルチなUSBハブです。

Type-Cなので、新型MacBookからの利用になりますが、Type-Cポートしか無いMacBookの救世主になることは間違いないアイテムです。

MacBookに揃えたいマルチUSBハブ

コチラが今回紹介するType-CのUSBハブです。MacBookやMacBook ProといったType-C搭載端末を拡張してくれるUSBハブって感じですね。

コチラのハブ自体にType-Cポートが搭載されていて、パススルーで充電出来ちゃう。ただ、確認した感じ、デバイス(この場合Mac)の電源が入ってないと給電できてないのかなと思いました。

さて、ネームが「V2」となっているとおり、コチラは改良バージョン。前回のバージョンを知らないのですが、どうもデザインとmicroSDカード周りが改良されたとかです。

仕様としては以下の通りです。

  • 4K HDMI (30Hz)ビデオ出力
  • USB-C パススルー充電 (49Wまで)
  • ギガビットイーサネット:10/100/1000Mbps対応
  • Micro/SD カードリーダー
  • USB 3.0ポートx3

しばらく使ってみた感じ、通常の優先マウスやUSBストレージをつなぐといった軽い使い方なら問題なく利用できる感じです。電力がだんだんと必要になってくるようになると、本体が熱を持ち始めて長期的に使うのはどうかな?と思えました。

見た目はアルミニウム感が結構良さげで、これまでもApple製品に似合う製品を作ってきたことはあるので、もちろんMacBookにも似合います。

こいつがあれば、Type-Cポートしか無いMacBookを確実に拡張できると言えます。というか、拡張します。

USBハブとしてはデザインも合わせてイイカンジに機能してくれましたー。

ここから先は、このUSBハブの写真と、ちょっとした気になった事変をご紹介したいと思います。

写真で見るSatechiのType-Cハブ

Satechitypecusbhub 243A6153

USB3.0のポートは3つ、有線LANのポート、給電用のType-Cのポート、HDMIのポートなどが手前にあります。反対側にはSDとmicroSDの穴が。

Satechitypecusbhub 243A6160

Satechiのロゴ。

Satechitypecusbhub 243A6162

microSDとSDの穴

Satechitypecusbhub 243A6164

裏向けるとちょっとダサいなと思った。

Satechitypecusbhub 243A6166

ケーブルとか繋げるイメージはこんな感じ。合わせてクラムシェルもこんな感じだ。

HDMIでちょっと問題がある?

搭載されているHDMIは4K出力となってるのですが、家にある4Kディスプレイだとたまに安定してないときがあるなと感じました。それ以下のディスプレイだと特に問題なく動いているので、もしかしたら4kの相性などもあるのかも知れません。

試してないけど、有線LANポートにも…

レビューを見ていたら「このデバイスを本体に刺さずに、LANケーブルを差し込むとネットワークが止まる」という恐ろしい文面がありました。有線接続をするときに、コイツ単品で刺すとだめ…なのかな?

ちょっと試してないので(試したくない)わかりませんが、その辺りは気をつけます。

クラムシェルとLAN以外はOKかな

Satechitypecusbhub 243A6159
4Kや5K以上の外部ディスプレイへの出力はちょっと相性とか有りそうです。他の解像度だと特に問題はありませんでした。また、試してないですが有線LANのネットワーク停止問題は一体どうなったんだろう。レビューに書いてあるからちょっと怖いですね。

んで、そういうのを置いといて、USBハブとして、全く普通に機能しますし、SDカードリーダーとしても特に問題は無いなと感じました。

Type-C端末だけのMacBookを拡張してくれるUSBハブ、合った方が良いと思いますよ!!














-ガジェット, レビュー
-, ,

Copyright© キセノンテンター , 2019 All Rights Reserved.