アート

フルーツを素敵に擬人化したイラストアート:Marija Tiurina

これは素敵な擬人化だ! ロンドンを拠点に活動するアーティストMarija Tiurinaさんのイラストアートをこの記事では紹介します。どうやらMarija Tiurinaさんの住んでいる町には、特別な青果店が存在するらしく、日本ではあんまり見ないような果物や野菜が取り扱われているようです。 そんな色々な野菜や果物をいい感じに「擬人化」したイラストアートをさんは描いています。「え?この果物ってなんて言うの?」と、思っちゃいそうなものばかりですが、彼女が水彩画を使って表現するキャラクターはどれも素敵なものばか ...

アート イラスト

侍になったドラゴンボールキャラクター:Guillem Daudén

スペインバルセロナで活動するコンセプトアーティストGuillem Daudénさんによるイラストアートを紹介します。Guillem Daudénさんは「もしも侍になったら?」を思わせるように、鳥山明さんのドラゴンボールを「侍風イラスト」に描いてくれます。ちなみにそのときの名義は「kenji_893」です。 侍風になった孫悟空やベジータ、トランクスなど、「え、めっちゃサムライに合うじゃん」と思わせてくれるようなイラストなど。ドラゴンボールキャラクターがサムライになったらこうなるぞというイラストを紹介します。 ...

アート イラスト

ディズニーキャラクターがリアルの世界にいたらこんな感じ、ヴィラン編

これはなかなかカッコいいじゃないか・・・。 以前にも当ブログで紹介した、メルボルンで活動するグラフィックアートストJirka Väätäinenさんイラストを再び紹介したいです。ディズニーキャラクターを美男美女化するあのアーティストさんです。 前回の記事では、主にJirka さんによってリアル化された、ディズニーの主人降格のキャラクターを紹介しました。そのシリーズは「#RealLifeDisneyCharacters」や「#RealLifeDisneyGirls」なんかでタグ付けされています。 その記事の ...

アート 写真

実践してみたくなる、プロによるスウィートな赤ちゃんの撮影アイディア:JustGaba Photography

赤ちゃんってそのままの姿でもめちゃくちゃ可愛いけど、どうせだったらすっごい良い感じに撮りたいですよね?そんなとき、プロの現場ではどういった撮影アイディアで新生児達を撮影しているかご紹介します。 今回紹介するのは、JustGaba PhotographyのGaba Svarbuさんが実際に撮影している赤ちゃん達の写真です。 構図としては、赤ちゃんを写真の中心に配置し、周りを花などの植物で素敵に飾るスウィートな写真アイディアです。 赤ちゃんの写真ってどうやって撮ったら良いか悩んでいる人とかにお勧めしたいです。 ...

アート

ポップキャラクターと原型を混ぜたイラストアート:Super A

例えばワーナー・ブラザーズの人気キャラクター、トゥイーティ等のポップキャラクターには元となる原型がそれぞれ存在してます。 トゥイーティにおいては「黄色い鳥」が元となっていると言えますね。 上記写真はまさにそんなポップキャラクターと原型を混ぜ混ぜしたイラストアート作品なのです。 こんな感じで、オランダを拠点とするアーティストSuper Aは、ポップキャラクターとその元となっている「原型」を混ぜたイラストアートを描いています。 Super Aのターゲットとなったのは、ディズニーの王様「ミッキーマウス」からはじ ...

ガジェット レビュー

SatechiのUSB3.0が3ポート入ったType-CマルチUSBハブ

投稿日:

必要十分な機能を得ている。それは良いと思った。

MacBookやiPhoneに似合う、アルミニウムデバイスを提供するSatechiさんのType-CマルチUSBハブをご紹介します。

USB3.0が3ポート、microSDとSDカードスロットを完備。さらには、ギガビットイーサネットやHDMIのポートなども付いているマルチなUSBハブです。

Type-Cなので、新型MacBookからの利用になりますが、Type-Cポートしか無いMacBookの救世主になることは間違いないアイテムです。

MacBookに揃えたいマルチUSBハブ

コチラが今回紹介するType-CのUSBハブです。MacBookやMacBook ProといったType-C搭載端末を拡張してくれるUSBハブって感じですね。

コチラのハブ自体にType-Cポートが搭載されていて、パススルーで充電出来ちゃう。ただ、確認した感じ、デバイス(この場合Mac)の電源が入ってないと給電できてないのかなと思いました。

さて、ネームが「V2」となっているとおり、コチラは改良バージョン。前回のバージョンを知らないのですが、どうもデザインとmicroSDカード周りが改良されたとかです。

仕様としては以下の通りです。

  • 4K HDMI (30Hz)ビデオ出力
  • USB-C パススルー充電 (49Wまで)
  • ギガビットイーサネット:10/100/1000Mbps対応
  • Micro/SD カードリーダー
  • USB 3.0ポートx3

しばらく使ってみた感じ、通常の優先マウスやUSBストレージをつなぐといった軽い使い方なら問題なく利用できる感じです。電力がだんだんと必要になってくるようになると、本体が熱を持ち始めて長期的に使うのはどうかな?と思えました。

見た目はアルミニウム感が結構良さげで、これまでもApple製品に似合う製品を作ってきたことはあるので、もちろんMacBookにも似合います。

こいつがあれば、Type-Cポートしか無いMacBookを確実に拡張できると言えます。というか、拡張します。

USBハブとしてはデザインも合わせてイイカンジに機能してくれましたー。

ここから先は、このUSBハブの写真と、ちょっとした気になった事変をご紹介したいと思います。

写真で見るSatechiのType-Cハブ

Satechitypecusbhub 243A6153

USB3.0のポートは3つ、有線LANのポート、給電用のType-Cのポート、HDMIのポートなどが手前にあります。反対側にはSDとmicroSDの穴が。

Satechitypecusbhub 243A6160

Satechiのロゴ。

Satechitypecusbhub 243A6162

microSDとSDの穴

Satechitypecusbhub 243A6164

裏向けるとちょっとダサいなと思った。

Satechitypecusbhub 243A6166

ケーブルとか繋げるイメージはこんな感じ。合わせてクラムシェルもこんな感じだ。

HDMIでちょっと問題がある?

搭載されているHDMIは4K出力となってるのですが、家にある4Kディスプレイだとたまに安定してないときがあるなと感じました。それ以下のディスプレイだと特に問題なく動いているので、もしかしたら4kの相性などもあるのかも知れません。

試してないけど、有線LANポートにも…

レビューを見ていたら「このデバイスを本体に刺さずに、LANケーブルを差し込むとネットワークが止まる」という恐ろしい文面がありました。有線接続をするときに、コイツ単品で刺すとだめ…なのかな?

ちょっと試してないので(試したくない)わかりませんが、その辺りは気をつけます。

クラムシェルとLAN以外はOKかな

Satechitypecusbhub 243A6159
4Kや5K以上の外部ディスプレイへの出力はちょっと相性とか有りそうです。他の解像度だと特に問題はありませんでした。また、試してないですが有線LANのネットワーク停止問題は一体どうなったんだろう。レビューに書いてあるからちょっと怖いですね。

んで、そういうのを置いといて、USBハブとして、全く普通に機能しますし、SDカードリーダーとしても特に問題は無いなと感じました。

Type-C端末だけのMacBookを拡張してくれるUSBハブ、合った方が良いと思いますよ!!








-ガジェット, レビュー
-, ,

Copyright© キセノンテンター , 2019 All Rights Reserved.