アート

2Dで動くOverwatchのキャラクター達:Kyle Bunk

アメリカのFiraxis Games社で働く3DアニメーターKyle Bunkさんの2Dアート作品を紹介します。ピクセルで描かれたキャラクター達が結構動いてくれます。 Kyle Bunkさんが描く2Dアニメーションは、ブリザード・エンターテイメントの世界的に人気のアクションFPSゲーム「Overwatch(オーバーウォッチ)」の各キャラクター達です。いろいろなキャラクターがまるで格ゲーのように動いてくれます。 元々3Dのゲームだけあって、2Dになるとなんだか不思議な見え方もしちゃいます。古き良きゲームにに ...

アート

フルーツを素敵に擬人化したイラストアート:Marija Tiurina

これは素敵な擬人化だ! ロンドンを拠点に活動するアーティストMarija Tiurinaさんのイラストアートをこの記事では紹介します。どうやらMarija Tiurinaさんの住んでいる町には、特別な青果店が存在するらしく、日本ではあんまり見ないような果物や野菜が取り扱われているようです。 そんな色々な野菜や果物をいい感じに「擬人化」したイラストアートをさんは描いています。「え?この果物ってなんて言うの?」と、思っちゃいそうなものばかりですが、彼女が水彩画を使って表現するキャラクターはどれも素敵なものばか ...

アート イラスト

侍になったドラゴンボールキャラクター:Guillem Daudén

スペインバルセロナで活動するコンセプトアーティストGuillem Daudénさんによるイラストアートを紹介します。Guillem Daudénさんは「もしも侍になったら?」を思わせるように、鳥山明さんのドラゴンボールを「侍風イラスト」に描いてくれます。ちなみにそのときの名義は「kenji_893」です。 侍風になった孫悟空やベジータ、トランクスなど、「え、めっちゃサムライに合うじゃん」と思わせてくれるようなイラストなど。ドラゴンボールキャラクターがサムライになったらこうなるぞというイラストを紹介します。 ...

アート イラスト

ディズニーキャラクターがリアルの世界にいたらこんな感じ、ヴィラン編

これはなかなかカッコいいじゃないか・・・。 以前にも当ブログで紹介した、メルボルンで活動するグラフィックアートストJirka Väätäinenさんイラストを再び紹介したいです。ディズニーキャラクターを美男美女化するあのアーティストさんです。 前回の記事では、主にJirka さんによってリアル化された、ディズニーの主人降格のキャラクターを紹介しました。そのシリーズは「#RealLifeDisneyCharacters」や「#RealLifeDisneyGirls」なんかでタグ付けされています。 その記事の ...

アート 写真

実践してみたくなる、プロによるスウィートな赤ちゃんの撮影アイディア:JustGaba Photography

赤ちゃんってそのままの姿でもめちゃくちゃ可愛いけど、どうせだったらすっごい良い感じに撮りたいですよね?そんなとき、プロの現場ではどういった撮影アイディアで新生児達を撮影しているかご紹介します。 今回紹介するのは、JustGaba PhotographyのGaba Svarbuさんが実際に撮影している赤ちゃん達の写真です。 構図としては、赤ちゃんを写真の中心に配置し、周りを花などの植物で素敵に飾るスウィートな写真アイディアです。 赤ちゃんの写真ってどうやって撮ったら良いか悩んでいる人とかにお勧めしたいです。 ...

おもしろグッズ

スイスイ泳げる水中用ジェトパックCUDAは今後のアクティビティの標準になる?

投稿日:

「空を飛びたい」という理由でアイアンマンのようなジェットパックを発明してしまった人も居るが、「海を自由に泳ぎたい」という理由で水中用アイテムを作った人もいる。この場合はアクアマンかな?



デザイナーArchie O'Breienの水中用ジェットパックCUDAは、水の中で使えるタイプのジェットパックだ。リュックのようにCUDA本体を背中に背負い、水中で後方にかけてジェット噴射が起きる。

ソレを推進力にして水の中を進めるジェットパックなのだ。水中アクティビティグッズにどうよ?

そんなCUDAの外見や実際に装着された様子が公開されていたので見て欲しい。

水中アクティビティに欲しいCUDA


デザイナーArchie O'BreienによるCUDAのテストムービー。実際にCUDAを背負い、プールの中であるがテストしている様子だ。(筋肉すごくない?)

ジェット噴射は結構な速度があるらしく、70mph(時速で言うと123km/h…まじで?)と「身体が持たないんじゃないの?」ぐらいの速度が出るみたい。

プールというスペースが限られた場所でのテスト映像ではあるが、海のような隔たりの無い場所でコイツを使えることが出来たら、ソレはさぞ楽しいことだろうな。

※安全面は正直分からない

ちなみに、映像を見ても分かるように、前進するのみでカーブなどは自身の身体でコントロールが必要だ。

CUDAn良いところは、従来の「推進力のある水中アクティビティグッズ」から見ると割と軽量だと言うことだ。実際に現在販売されているそういったグッズは、大体が重量級で、かさばるという点。

このCUDAは見て分かるようにリュックサックぐらいの大きさ。それでいて推進力がある。

更に言えば、交換式のバッテリーでの駆動なので、バッテリーが有る限りいくらでも使えるという点だろう。(連続使用時間については明記されていない)



Archie O'Breienいわく、まだまだ調節は必要だと言うことだが、2019年には売られるとのこと。CUDAがもし売られたら、これが水中アクティビティグッズの標準になるのでは無いだろうかと思っている。

リゾート系の皆さん、お早めにご検討を!!

CUDAの写真

Archie obrien 004

Archie obrien 001

O Brien Archie 006

Archie obrien 002
Archie obrien 003

素人的な懸念を述べさせてもらうと、どうやらスクリューで水を取り込みソレを吐き出すシステムを利用しているとみる…となると『海にある「海藻」や「ゴミ」がそこに入っちゃったらどうしちゃうんだろうなー。』なんて事は思った。

まぁ、まだ調整するらしいから、ソレの対策も取るだろう。

とにもかくにも、まるでスパイグッズのような水中のアイテムCUDA。コレがあればスイスイ泳げて楽しそうだな!!








-おもしろグッズ
-

Copyright© キセノンテンター , 2019 All Rights Reserved.