LEGOで蘇るギミックだらけのボンドカー、アストンマーティン・DB5

LEGOで蘇るギミックだらけのボンドカー、アストンマーティン・DB5

マジか…LEGO…。

映画007シリーズの3作目『ゴールドフィンガー』、続く4作目『サンダーボール作戦』に出てきたボンドカー、「アストンマーティン・DB5」がLEGOになって蘇る。

外見が似ているだけではなく、いかにも「ボンドカー」らしい様々なギミックが備わっている優れものだ!! LEGO やっぱりスゴいんだぜ…。

海外のLEGOショップで、209.99ドル(およそ2万3千円ただし、公式ショップ価格)と割と高額なLEGOカー。外見と様々なギミックを紹介しちゃうぜ。

LEGO好き、007ファン、どっちにも響きそうなアイテムだ!

LEGOで蘇るアストンマーティン・DB5

10262

見た目…まじでソレっぽい…!!!まじでボンドカーだ…。

こちらが実際に販売されるLEGOのボンドカー「アストンマーティン・DB5」だ。

ピースの数は1,290を超え、16歳以上用のLEGOだ。本体はけっこく大きく10cm×34cm×12cmとなっている。

10262 alt10

10262 alt8

10262 alt7

10262 alt6

10262 alt9

10262 alt11

10262 alt15

色々なギミックが装着されていて、車体の前方が開くガトリング銃や、隠し手榴弾。敵の車のタイヤを破壊するタイヤから出るトゲ、くるくる回るナンバープレート…。

更に言えば、天井が開閉して脱出する用のギミックまである(ちゃんと座席は吹っ飛ぶ)

まじでボンドカーだ…コレ…。

映像で紹介されてました

そして、こちらは、そのボンドカーを紹介した映像。割と細かく紹介されているのでこのボンドカーを気に入ったのなら見てみよう。



販売は2018年の8月から…だ。

この記事に関連する記事一覧

この記事のタグ

キセノンテンターの最新情報をゲット

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です