挽いたコーヒー豆を選別するためのふるい:KRUVE SIFTER

挽いたコーヒー豆を選別するためのふるい:KRUVE SIFTER

コーヒー豆をコーヒーミルで挽いて、コーヒーを楽しんでいる人に朗報かも。エスプレッソなどで細挽き、中挽き、あら挽きなんてあるとおもいますが、アレが仕分けられたらスゴイと思いませんかね?

今回ご紹介する製品は、挽いたコーヒー豆を選別するためのふるい「KRUVE SIFTER」です。細挽き、中挽き、あら挽きなど自ら選んで豆の挽き具合があるならとっても気に入ってくれる製品だと思います。

コーヒー豆をより楽しみたい人、完璧なコーヒーを目指している人に良いかと。

コーヒー豆を選別するためのふるい「KRUVE」

20861682 383145238755422 7122094083978878456 o

コーヒー豆って細挽き、中挽き、あら挽きってあるとおもいますが、これによってコーヒー濃厚さが異なります。コーヒー豆は飲みたいときに飲みたい量だけ引くのが良いらしく、そういうときにちゃんと挽けるコーヒーミルがあればGoodです。でもそういった挽き具合を選ぶのは難しく、思ったような感じにならない。

20901306 384431578626788 554204309045657066 o
今回紹介するKRUVEは、ソレを解決する挽いたコーヒー豆を選別するふるい。3層のパレットがあり、2層のふるいが間に入っています。ふるいはコーヒー豆の挽き具合に応じてその穴を調節出来る。

20863429 383536672049612 6060291680310734693 o

いくつものメッシュ(ふるいのフィルター)があり、これにより、細挽き、中挽き、あら挽きだけでなく、「極細挽き」や、「あら挽き」と「中挽き」の間の「中あら挽き」なんかも調節出来てしまいます。

もちろん、これまで粉の大きさがバラバラに混ざっていた物がサイズ均一で楽しめるって言うおおきなメリットがありますからね!均一にすることで、より「ちゃんとした精度」の挽き豆が出来るって事ですね!!

つまりは、コレまで楽しんだことのない細かいまめなコーヒーを体験できるかも?

KRUVE[Facebook]

精度の高いコーヒーミルを手に入れるより、すでに持っているミルのプロセスにこういったアイテム「KRUVE SIFTER」を入れれば良いのではないでしょうか?

デザインもオシャレでシステムもシンプルでわかりやすいってのがイイッスね!!

この記事に関連する記事一覧

この記事のタグ

キセノンテンターの最新情報をゲット

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です