おもしろグッズ

究極にオシャレな輝くティッシュボックス:MIRRO LED+

投稿日:

ティッシュボックスにこだわってみたい。

そう言う人にうってつけなオシャレなティッシュボックスをご紹介します。

デコレーションや機能、デザインに特化したインテリアを作り上げる「mordeco」。

「more than décor」のコンセプトを持つことだけあり、実用的でスタイリッシュなアイテムを作り上げるのです。

そんな「mordeco」が作り上げた「ティッシュ箱ケース」である「MIRRO LED+」。めっちゃピカピカボディでさらに光ります。

まじで光るティッシュ箱なんです。

ピカピカで光るティッシュボックス MIRRO LED+

6r V8dKKYNz86ejYNjoksUGppnNVtZx9s9hT Ulj6aPkePC8y9oz51m HAdZaJamQzZbw=s2048

やばくないすか?この外見。ピカピカ…。

ティッシュボックスって…こんなカッコよかったっけ?

「mordeco」の「MIRRO LED+」は、こんな感じで金ぴかなティッシュボックス。素材で言うとまるっきり金属がメインで使われているわけでは無いみたいです。素材としてはABS、そしてナノ金属メッキが使われている。つまり、金属メッキ。

+LED 1400x800

「MIRRO LED+」は、金色と銀色のボディがあります。どれも鏡面並みにピッカピカに輝いている。

それぞれネーミングに「LED」と、ついているように、金ぴかボディ以外にも…なんと光ってしまう。

ティッシュの取り出し口がなんと光ってしまうのだ。

タッチによってティッシュの口がLED発光する。

もしかしてもしかすると、めちゃくちゃカッコイイティッシュボックスなんじゃ無いの…?

いいね!

MIRRO LED+ の詳細

いちおうこのMIRRO LED+の詳細について描いておく。

MIRRO LED+の詳細

  • 主要材料:ABSおよびナノ金属メッキ
  • メタル:ミラー化されたナノメタル
  • USB入力:5V 0.5A
  • LED:4000k LED
  • サイズ:21 x 16.7 x 16 cm

詳細から察するに、MIRRO LED+ の給電はUSBで行うみたいだ。さすがにケーブル部分はしょうがなく残るってわけですね。

ちゃんとしたナノ金属メッキを使っているようで、MIRRO LED+の金色と銀色では値段が違っている。

銀色のMIRRO LED+は119ドル、金色が139ドルだそうです。さらに二つセットのMIRRO LED+は249ドルでちょっとして安くゲットできるようです。

さらにさらにいうと、「LEDいらねーや」って人のためにピカピカだけど光らないバージョンもあってそちらはさらにリーズナブルにゲットできるようです。

ご興味ある人は下記サイトからご覧下さい!

MIRRO LED+のショップ

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

xenontenter

ブログ「喫茶店の部屋」の中の人です。ハイパー難病人ながらよろず屋なフリーランスをやっています。ライティング、エディター、コーダー、写真、色々やってますー。

人気の記事

1

なんてこった、何でこんなにカワイイ生き物になっちゃったんだろうか!? これは、パキスタンのアーティスト、マリヤム(Maryam)さんに描かれたディズニープリンセス達のイラストです。ディズニーのタッチと ...

2

クラウドファンディングKickstarterに出ていたLumapodって三脚を紹介します。 こいつの特徴としては、非常にコンパクトで軽量な本体なのですが、大きいサイズの「Lumapod Go120」が ...

3

タブレットやiPhoneでキーボードを使いたい時、Bluetoothキーボードが割といい感じだ。今回は、iCleverというモバイル製品のプロダクトをたくさん出している会社の「iClever IC-B ...

4

外でキーボードを使うんだったら小さい方が良いんだなって最近気づいた。これまで、「打ち込みやすさ」ばかり求めていて、ガジェットのミニマムかを考えてなかったけど、薄型、小さい、コンパクトっていいね。外で使 ...

5

もしチュン・リーが実際に居たら、きっとこれぐらいの脚を持っているのだろう・・・。 フィットネスで鍛えまくったNatascha Encinosaさんそのドレス姿が、ゲーム『ストリートファイター』のキャラ ...

-おもしろグッズ
-, ,

Copyright© キセノンテンター , 2018 All Rights Reserved.