アート イラスト

すげー!立体的コップのリアルイラストが作られていく様子!

絵を三次元的に描くことに憧れを持っていたのですが、それを更にリアルさを増すと、まるでそこに有るかのように見えてしまうのですね。 アーティストであるPortraitmaler Pabstさんによって描かれていく立体的なコップ。かなりリアルに描かれており、本当にそこに有るかのように見えます。Portraitmaler Pabstさんがそれらを描いていく過程をご覧になれます。

アート

ある角度から見ると作品が見えるようになるMichael Murphyのアート

Michael Murphyさんのアート作品。とある角度になって初めてその姿を現すアートとなっています。空間につるされた大小様々な黒いたま、とある一定の角度で、人の「目」が現れる空間を大きく使ったアートです。 Michael MurphyさんがYouTubeで公開されているいくつかのアート作品をご紹介します。その中には、バンクーバーで行われたTED開場に建設された物もあります。

アート

ファンによって作られたMGSの3Dポリゴン!

ファンの力ってすごいなーって思います! 3Dモデルを公開できるWEBサービスSketchfabにメタルギアソリッドの3Dモデルが投稿されていた! その3D内には、デフォルメされたメタルギアソリッドのキャラクターたちが存在していて、キャラクターごとにしっかりと特徴を生かされています。 今回ファンによって公開された3Dモデルは、PlayStationで販売された「METAL GEAR SOLID」の3Dモデルで、メタルギア「REX」やゲームの舞台となっている「シャドー・モセス島」がしっかりと再現されております ...

アート 映画

大学生リア充風になったディズニーやドリームワークスのキャラクター達

Tumblr内でいろいろと投稿しているPunziellaで、まるで大学生リア充になったディズニー&ドリームワークスキャラクター達の様子が公開されています。 主に、ディズニーはPixar系の映画『塔の上のラプンツェル』や『アナと雪の女王』等の主要キャラクター、たとえば「ラプンツェル」や「メリダ」や「アナ雪姉妹」などが、リア充っぷりを公開されています。 もともとリア充な気もしますが、現実世界にいたら、キットこんな雰囲気だったのでしょうね。

アニメ アート 映画

有名俳優達をコミック風にデザインするアーティスト、トニースタークやドクターストレンジ等

フェイスデザイナーXi Dingさんによる、有名俳優のキャラクターをコミック風に変えちゃうアートをご紹介。「アイアンマン」のトニースタークや、ドクターストレンジなど、主にMarvel(マーベル)系のキャラクターを良い感じにトゥーンしてくれる。 とにかくできあがったモノが良い感じ!! どこかディズニーっぽいのも良い感じ。 もちろん、マーベル以外の作品もあるんだけど、それらすべて、特徴をよく捉えている。

iPhone ガジェット レビュー

結構薄い折畳みBluetoothキーボードいいじゃないか:iClever IC-BK06

投稿日:

タブレットやiPhoneでキーボードを使いたい時、Bluetoothキーボードが割といい感じだ。今回は、iCleverというモバイル製品のプロダクトをたくさん出している会社の「iClever IC-BK06」を紹介したい。

折畳みできるタイプのBluetoothキーボードで、別れている左右のキーが「166度の角度」で開いていて、それが割と「打ちやすい」と感じさせてくれるのだ。

iPhoneで長期期間使ってみての紹介です。Bluetoothキーボードを接続すると、iOSの設定画面がちょっとだけ変化して、専用のセッティング画面が出てくるんだよね。それによって日本語入力が割と打ちやすくなっちゃうのだ。

iCleverのBluetoothキーボード

Bluetoothキーボードの特徴は、やっぱり「ワイヤレス」だね。使いたい本体から離れて画面だけ見てキーを打ち込む感じ。んで、今回紹介するこいつは、その中でも「折り畳み式」なBluetoothキーボードさ。

折り畳むことによって、キーボードという大きな物をかなり小さく持ち運べることが出来る。なんなら、このキーボードは、ポケットの中に入れて持ち運べちゃうぐらいの大きさだ。折り畳んだ状態の幅は、大体16.5cmぐらいで、厚さは1cmほど。かなり薄くてコンパクト。

だからといって、「打ちづらい」と言うことではなく、パンタグラフ式(ノートPCとかの)でちゃんとキーボードを打っている感じがする。打ち込みは問題ない。

さらに、166度の角度が付いているので、それにより打ちやすいのだ。

iClever IC-BK06のフォトレビュー

Icleverbluetoothkeyboard IMG 0714

本体はこんな感じ。レザー調と書いてあるけど、レザーではない。手触りはさらさら。カバンにあるポケットにもすっと入る感じ。

Icleverbluetoothkeyboard IMG 0718

iPhone 7 Plusと大きさ比較をしてみた。マジでこれぐらいの大きさ。ね、ポケット入るっしょ?

Icleverbluetoothkeyboard IMG 0719

とにかく軽くてコンパクトな印象。

Icleverbluetoothkeyboard IMG 0713

設置するとこんな感じ。最初、この166度の開きに戸惑ったけど、使っていくうちに、かなり使いやすいものだなと代わってきた。

ファンクションキーあるよ

Icleverbluetoothkeyboard IMG 0715

キーの左側。左下に「Fn」(ファンクション)キーが設置されている。それによって色々なことが出来る。iOSに対応しているものとしては音楽アプリの操作などをキーボードから行える。ホームボタンを押したりも出来る。なんかそれだけですげーなと感じた。(無駄にスゴイ)

キーを見てもらうとわかる通り、Android,Win,iOSとある(Q,W,Eキー)Fnキーを押すことで、それらに最適なように切り替えられるのだ。

もちろん、Macでもペアリングさせれば使えるんだけど、Controlキーがないので不便だ。あくまでiPhoneで使った感想。

Shiftを押しながら押す系の記号などのボタンは、配置は英字配列。それを注意しないといけない。普段から永日かって要るのでと国紀にならないけど、JISキーの人は、このキーボードの記号は打ちづらいと感じると思われる。

Icleverbluetoothkeyboard IMG 0716

んでこっちが右側のキー。スペースは左右に配置されている。何気にそれは嬉しい。一つ問題があるとすれば、Deleteキーの位置だろう。右上にある。それだけ。それだけが気になる。左キーボードの一番左上のkジーがEscなんだけど、それ以外の機能が使われており、それが本来、右キーボードの右上に設置されている…とよかったな。

次回作るとしたら、次回ぜひ、右上のDeleteを何とかしてください。

まぁ、慣れたけどね。

iOSでの日本語切り替え

iOSでの日本語切り替えでは、「Ctrl + Space」で切り替えられるのがデフォルト。でも、これってちょっと打ちづらいと僕は感じる。

BluetoothキーボードをiOSに接続すると、「設定」の中身がちょっと変わるんだよね。

Bluetoothkeyboardsetting

どのiOSバージョンから入ったかわからないけど、Bluetoothキーボードを接続すると、「設定」>「一般」>「キーボード」の中に「ハードウェアキーボード」と言う項目が増えている

ここで、文字切り替えを快適にできる設定がある。

「ハードウェアキーボード」の「Caps Lock英字切り替え」をONにすると、BluetoothキーボードのCaps Lockキーを押すだけですぐに文字モードを切り替えられる。コレがめっちゃ便利なのだ!!!

普段Bluetoothキーボードを使っている人は、この設定をONにしたほうが楽になるよ!

外出時のパートナーに

普段タブレットとかスマホで長文を書いちゃう人、このキーボード使ってみない?薄いし、コンパクトだし、なにより「打ちやすい」ってのがいい。これは触ってみないと、「166度」開いているステキさもつたわらないかなー。

Icleverbluetoothkeyboard IMG 0717
iCleverさんがこの記事を見ていたら、是非ともクーポンとか配らせて欲しいよ。連絡待ってますよー!!!!








-iPhone, ガジェット, レビュー
-, , , ,

Copyright© キセノンテンター , 2019 All Rights Reserved.