アート イラスト

すげー!立体的コップのリアルイラストが作られていく様子!

絵を三次元的に描くことに憧れを持っていたのですが、それを更にリアルさを増すと、まるでそこに有るかのように見えてしまうのですね。 アーティストであるPortraitmaler Pabstさんによって描かれていく立体的なコップ。かなりリアルに描かれており、本当にそこに有るかのように見えます。Portraitmaler Pabstさんがそれらを描いていく過程をご覧になれます。

アート

ある角度から見ると作品が見えるようになるMichael Murphyのアート

Michael Murphyさんのアート作品。とある角度になって初めてその姿を現すアートとなっています。空間につるされた大小様々な黒いたま、とある一定の角度で、人の「目」が現れる空間を大きく使ったアートです。 Michael MurphyさんがYouTubeで公開されているいくつかのアート作品をご紹介します。その中には、バンクーバーで行われたTED開場に建設された物もあります。

アート

ファンによって作られたMGSの3Dポリゴン!

ファンの力ってすごいなーって思います! 3Dモデルを公開できるWEBサービスSketchfabにメタルギアソリッドの3Dモデルが投稿されていた! その3D内には、デフォルメされたメタルギアソリッドのキャラクターたちが存在していて、キャラクターごとにしっかりと特徴を生かされています。 今回ファンによって公開された3Dモデルは、PlayStationで販売された「METAL GEAR SOLID」の3Dモデルで、メタルギア「REX」やゲームの舞台となっている「シャドー・モセス島」がしっかりと再現されております ...

アート 映画

大学生リア充風になったディズニーやドリームワークスのキャラクター達

Tumblr内でいろいろと投稿しているPunziellaで、まるで大学生リア充になったディズニー&ドリームワークスキャラクター達の様子が公開されています。 主に、ディズニーはPixar系の映画『塔の上のラプンツェル』や『アナと雪の女王』等の主要キャラクター、たとえば「ラプンツェル」や「メリダ」や「アナ雪姉妹」などが、リア充っぷりを公開されています。 もともとリア充な気もしますが、現実世界にいたら、キットこんな雰囲気だったのでしょうね。

アニメ アート 映画

有名俳優達をコミック風にデザインするアーティスト、トニースタークやドクターストレンジ等

フェイスデザイナーXi Dingさんによる、有名俳優のキャラクターをコミック風に変えちゃうアートをご紹介。「アイアンマン」のトニースタークや、ドクターストレンジなど、主にMarvel(マーベル)系のキャラクターを良い感じにトゥーンしてくれる。 とにかくできあがったモノが良い感じ!! どこかディズニーっぽいのも良い感じ。 もちろん、マーベル以外の作品もあるんだけど、それらすべて、特徴をよく捉えている。

ガジェット レビュー

H9 Ultra HD 4K Action Cameraのレビュー、映像有りっす。

投稿日:10月30日 更新日:

アクションカメラレビュー。

製品名「H9 Ultra HD 4K Action Camera」のレビューをします。4k撮影(25fps)可能で、170度の広角撮影なアクションカメラです。パーツももっさりあって、microSDさえ手に入れたらすぐにでも撮影できるアクションカメラだ。

説明書もついているけど、全部英語。でも、コレ系のアクションカメラによくあるヤツで、設定からマルチラングウェッジ行ける。つまり、簡単に使える製品です。

今回はGearBestの提供でのレビューです。製品の映像もとったのであわせてご紹介します。

アクションカメラH9

H9 Ultra HD 4K Action Camera | Gearbest
H9 Ultra HD 4K Action Camera | Gearbest

Buy H9 Ultra HD 4K Action Camera, sale ends soon. Be inspired: enjoy affordable quality shopping at ...

続きを見る

こちらがその製品。いわゆる中華アクションカメラで、4Kで撮影できるたいぷのやつ。GearBestで44.76ドルだった。4Kとしてでは割と安いほう。

スペック敵には以下の通り

動画

  • 4K25FPS
  • 2.7k30FPS
  • 1080P60/30FPS(H.264)
  • 720P120/60FPS

映像としてはこれだけ撮影できる。今回動画として残したのは4Kと1080(60FPS)のものです。これだけ比較すればいいなと思いました。

また、静止画は4608×2592の12MPを撮影可能。16MPじゃないのかとか思いましたが、その当たりはいいか。静止画とらないしね。

あと、防水用のケースとか色々な付属品がはいっている。

あとは2インチの画面だったり、WiFiを利用してのスマホアプリからの操作ができる感じです。

アクションカメラフォトレビュー

H9ultrahd4kactioncamera IMG 0535

箱はこんな感じ。フル英語。4Kの文字がきらりと光る。

H9ultrahd4kactioncamera IMG 0542 2

付属品たっぷり。

個人的には、こういった製品を持っているので、特にこの付属品については気にしません。

H9ultrahd4kactioncamera IMG 0543

そして本体はコレ。デフォルトで防水ケースに入っている。

H9ultrahd4kactioncamera IMG 0544

そして、本体を取り出すとこんな感じだ。

ちなみにSDカードは64GBまで対応している。

映像はこちら


こちらが開封の議&4Kと1080Pの撮影様子。

開封の儀をすっとばし、映像だけ見てみると、割と綺麗だ。4Kだとすこしカクついている。じつは、microSDの速度に依存するようで、その早さがないとちょっと問題があるみたいだ。

ちなみに、使用したmicroSDカードはこちらのものです。製品にある「400x」というのは転送速度が最大で「60MB/s」(UHS-I U1 Class 10)というやつです。つまり、コレより早い「600x」や「633x」にすればこの各付く問題は万事解決するかも(トランセンドの場合)

つまり、コレを入れたら良いのか。値段は2〜3倍する。高いよおおおおおお。でもトランセンドさんの、買っちゃおうかな…。

1080Pで良い感じ

4kに対応していて、割と綺麗な映像がとれる。でも、現在のmicroSDだと1080Pの60FPSがいいなと思う。というか、コレで良いかなと。

今回試したのは、H9 Ultra HD 4K Action Cameraというやつ。4Kより1080Pが使いやすそうだなとコレ系のカメラで思っちゃうのは毎回なので特に気になりません。

ちゃんと撮影するためにスタビライザー欲しいなー。マジでそう思う。








-ガジェット, レビュー
-, , , , , , ,

Copyright© キセノンテンター , 2019 All Rights Reserved.