アート

ある角度から見ると作品が見えるようになるMichael Murphyのアート

Michael Murphyさんのアート作品。とある角度になって初めてその姿を現すアートとなっています。空間につるされた大小様々な黒いたま、とある一定の角度で、人の「目」が現れる空間を大きく使ったアートです。 Michael MurphyさんがYouTubeで公開されているいくつかのアート作品をご紹介します。その中には、バンクーバーで行われたTED開場に建設された物もあります。

アート 写真

「101匹わんちゃん」の公園シーンを再現した幸せなカップル

ディズニー映画「101匹わんちゃん」の最初のシーンを覚えているだろうか?作曲家であるロジャーが、ダルメシアンの愛犬ポンゴを連れ、公園を散歩しているシーンです。同じくダルメシアン(パーディタ)を飼っているファッションデザイナーのアニータが、ポンゴのちょっとした計画でロジャーと出会うとても素敵なシーン。 そんなディズニー映画「101匹わんちゃん」を再現してしまったカップルが居るのです。 さすがに、ダルメシアンと言うわけではありませんが、両者犬を連れ、ずぶ濡れになるシーンが何だかとってもほっこり出来ちゃう写真で ...

アート

こんなにたくさんいるの?世界にいるアルビノな動物達

こちらの亀さん。一匹だけ白いカメさんがいますよね?これは「アルビノ」な亀なのです。 アルビノとは アルビノ(albino)は、動物学においては、メラニンの生合成に係わる遺伝情報の欠損により 先天的にメラニンが欠乏する遺伝子疾患がある個体である。 この遺伝子疾患に起因する症状は先天性白皮症(せんてんせいはくひしょう)、先天性色素欠乏症、白子症などの呼称がある。また、この症状を伴う個体のことを白化個体、白子(しらこ・しろこ)などとも呼ぶ。さらに、アルビノの個体を生じることは白化(はくか・はっか)、あるいは白化 ...

アート 映画

大学生リア充風になったディズニーやドリームワークスのキャラクター達

Tumblr内でいろいろと投稿しているPunziellaで、まるで大学生リア充になったディズニー&ドリームワークスキャラクター達の様子が公開されています。 主に、ディズニーはPixar系の映画『塔の上のラプンツェル』や『アナと雪の女王』等の主要キャラクター、たとえば「ラプンツェル」や「メリダ」や「アナ雪姉妹」などが、リア充っぷりを公開されています。 もともとリア充な気もしますが、現実世界にいたら、キットこんな雰囲気だったのでしょうね。

おもしろグッズ アート

もしもあの企業がスニーカーを出したら?有りそうで無かったデザインコンバース

「あの企業がスニーカーをデザインしたらどんなものだろうか?」と、ちょっとした疑問に答えてくれたのが、イタリア人デザイナーAndrea Salaminoさんです。 コンバースのスニーカーを期に、色々なブランド、例えば、Google, Facebook, Virgin, マクドナルド等の有名ブランドをスニーカーにデザインしたものです。 上記はGoogleのスニーカーのようですね!こんな感じでスニーカーがデザインされます!

アート

風を操る男 Daniel Wurtzelのアートがスゴイ

投稿日:

「風を操る」といえば、『X-MEN』のストームとか『封神演義』の太公望などを思い描きがちです。そんな「特殊能力」はなくとも、装置を使って風を操る男がいるのです。

名前はDaniel Wurtzelさん。「風を操る」とはこういうことを言うんだなと思わせてくれるアートを作る人です。Daniel Wurtzelさんのアート作品をいくつかご紹介します。

Daniel Wurtzel


複数台設置された送風機らしきものから風の道筋を作り、その中を赤いケープが舞踊る。タイトルにもなっている「Magic Carpet」という言葉がよく似合います。

二つの赤い布野が舞うアート。まるでダンスをしているかのように空を舞います。

大きな布が、風の力を借りてウェーブする。幻想的な風景です。

細かい粒子状の物を風で操る。まるで台風を思わせる作品です。

何も粒子や布だけでもなく、こういった「炎」も風で操ることが出来てしまう。まるでボルケーノ!すごい!

風を操るおところの作品

Daniel Wurtzelさんの作品は、なにも「風」だけではありません。もちろん「風」もスゴイ作品なのですが、その他作品も素晴らしい物がありました。

「風」についてはYouTubeやHPで、その他作品はHPでご覧下さい。








-アート
-, , , , ,

Copyright© キセノンテンター , 2019 All Rights Reserved.